記事一覧

BRM323群馬300km かすみがうら300事前認定 その1

BRM323群馬300km かすみがうら300の事前認定に家内と一緒に行ってきました。このコースは私が引いたもので、コース担当者に当たっていたため、事前認定解禁日の3月9日に行くことにしていました。この日は前回のような強い風が吹くこともなくそこそこ走りやすそうですが、朝晩と昼間の温度差があるためウェアは半袖ジャージにジャケットの重ね着としました。

当日はとどにいさんも走るとのことでしたが、例のごとくこちらが走る準備でモタモタしているのを見かねて定時にスタートしていき、二度と会うことはありませんでした。



この日はフロントバッグが装着できるライジン号で出走。キューシートの確認にはフロントバッグのマップケースを使った方がやりやすいとのことによる選択です。

茨城県結城市のPC1までは知っている道なので特に問題なく、1時間半のマージン。まずまずのスタートです。



真壁を通過するとこのブルベでは唯一の峠越えである上曽峠となります。ランドネきたかんでお馴染みの峠ですが、真壁側からはほぼ真っ直ぐ登るので斜度10%を超える登りが続きます。我々は無理をせず斜度の大きいところは押し歩きました。



上曽峠を降りると石岡の街に入ります。この時点までに結構時間がかかりましたが、PC1での補給はそこそこにしてきたので、ここらで昼食にします。コース上にはあまり飲食店はなく、「森樹」さんで一番早くできるという「生姜焼き定食」をいただきました。

この後しばらく走ると目的地である「かすみがうら」湖岸に出ます。石岡に入ったあたりから南西の風が強く吹くようになり走りにくくなります。かすみがうらの湖岸では方角が変わるたびに追い風、横風、向かい風となり、横風の時は霞ヶ浦の湖水の水しぶきを受けながらの走行となります。

折り返しの行方市PC2ではマージン1時間半と全く貯金が増えていません。上曽峠の押しと、石岡でのランチタイムが効いています。ここでは補給もそこそこに再スタートします。 ~続く~
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

suzy

Author:suzy
自転車、バイク、アウトドア、などの趣味についてダラダラ綴っていきます。
当ブログはリンクフリーです。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter

カウンター

ブログ内検索