記事一覧

BRM1003青葉600㎞天城越え その2

PC2を出発する頃、暑さも若干和らいできてホッとします。ここから最初の峠越えである碓氷峠に入っていきます。



登りは基本的に家内とスピードが合わないので、それぞれのペースで登り、頂上で落ち合うことにしていました。しかし今回の私のバイクはハブダイナモ付きホイールを履き、バイクの重量自体11㎏を優に超えていたところに大荷物(家内の荷物を含む)が入って4㎏位のキャラダイスペンドルのサドルバッグを搭載しているせいかいつもより登りがきつく、家内とほぼ同じペースで走ることになってしまいました。

碓氷峠到着は17:00過ぎで、予定時間よりはやや早いものの油断ができない状況になってきました。

IMG_0573.jpg

軽井沢に入ると気温は15℃まで下がり、昼間とは打って変わって寒くなってきます。この後は「追分」交差点を右折し、佐久方面に向かいます。日が暮れ、一層寒くなってきたので途中のセブンイレブン御代田草越店に入り、ウインドブレーカーを着こみます。

佐久市街を越え、国道141号線に入ると再び登り基調になります。ここの登りに意外と時間がかかってしまったので、次のPCから予定時間から遅れ始めることになります。

229.1km地点のPC3セブンイレブン小海豊里店には20:01に通過。1時間19分のマージン。登り区間が多かったので貯金がかなり減ってしまいました。また19:54通過予定だったので、予定時間からも遅れ始めます。

ここからはさらに登り、海ノ口からは本格的な峠越えがあります。ここをゆっくり越え、標高約1350mの野辺山までさらに登ります。野辺山の気温は7℃まで下がり、清里のセブンイレブン山梨清里店でレインジャケットを上に着込んで下りに備えます。

ここからが今回のブルべの大誤算で、次のPC4ま一気に駆け下りようという予定でしたが、暗闇の下りは意外とスピードが出ておらず、また、BRM516群馬600㎞で落車DNFしたことがトラウマとなり家内は下りでスピードが出せず、予定通りに走れなくなってきました。その上、下りということで負荷がかからなくなったせいか、家内ともども眠気を催すようになりました。

韮崎に入ったころ、また家内が後ろから消えたと思ったら、私を見失って何とミスコース。GPSと携帯でやり取りしているうちにどんどん時間が経過します。

298.9km地点のPC4ファミリーマート石和町松本店には0:29に通過。1時間31分のマージン。下り基調なので貯金は増えていますが、通過予定時間の23:15を大幅にオーバーしています。

PC4を折り返すと、仮眠場所として設定されたであろう「石和健康ランド」があり、時間的余裕がないので入るかどうか迷いましたが、眠気が少しでも楽になればということで入ることにしました。風呂につかり少しまどろんで、1:45頃リスタートします。

ここからは時間と眠気との戦いになります。笛吹ラインに入ったころから早速眠くなり、デイリーヤマザキ市川三郷笛吹ライン店で10分ほど仮眠。その後、ローソンL中富飯富店で10分仮眠、身延駅前のバス停のベンチで10分仮眠。

最終的に辺りが明るくなり始めた5:30頃、身延線内船駅の横に差し掛かった地点で眠気の状態と時間的にこれ以上走るのは無理と判断しDNFすることにしました。

敗因はブルべ前夜にほとんど眠れなかったこと、暗闇の下りで意外とスピードが出せなかったことにあり、せめて家内に眠気が起こらず先に行かせることができればまだ可能性はありましたが、家内まで眠気にやられたので万事休すでした。

この後、身延線、東海道線、小田急線と乗り継ぎ、湘南台に戻りました。電車の中で爆睡しました。

私にとっては3年連続のSR、家内にとっては初のSR達成はなりませんでした。このことを踏まえ、来年に再挑戦しようと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

suzy

Author:suzy
自転車、バイク、アウトドア、などの趣味についてダラダラ綴っていきます。
当ブログはリンクフリーです。

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Twitter

カウンター

ブログ内検索