記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRM718宮城600㎞フラット栗駒石巻(一部除く) その1

BRM718宮城600㎞フラット栗駒石巻(一部除く)に参加してきました。

台風11号の影響が懸念されましたが、ほとんど影響がなさそうであると判断し、前日7月17日の退社後に出発の準備をして現地に向かいました。東北自動車道の古川IC手前の三本木PAに22:30頃到着し、ここで2:30まで車中泊。スタート地点である「池月地区公民館」には3:40頃到着しました。

まず、4月のFleche!を一緒に走ったkw324さんもエントリーされていたので、ご挨拶。準備を進めて受付します。4:40頃からブリーフィングが始まり、その後車検を受け順次スタートします。

IMG_0525 (2)

このコースは開催前からいろいろ曰くの付いたコースで、「フラット」とは名ばかりの獲得標高が7,000m超えという難易度の高いコースです。スタートからいきなり標高1,000mの栗駒山荘まで登るというハードさです。前日に現地入りしたkw324さんの話だと、昨日小雨が降っていたようで路面はぬれており、栗駒山は雲がかかって見えません。



スタートして池月駅の踏切を渡ると、早速登りが始まります。最初から飛ばすと後がひどいことになるので、最初は抑えて走ります。

P1020205.jpg

最初は斜度も大きくなく、そんなにきついところはありません。花山湖では霧がかかって湖面がなんとか見える程度でした。この後、温湯山荘を過ぎたあたりから斜度が大きくなりきつくなってきます。

P1020209.jpg

湯浜峠を越え、さらに花山峠を越すと秋田県に入ります。

P1020211.jpg

登って少し降りてまた登るの繰り返しを続け、何とか栗駒山荘にたどり着きました。

54.2km地点の通過チェック1の栗駒山荘には8:17通過。ここがPCだった場合の仮想クローズ時間が8:40とのことなので、何とか時間内通過できました。ここではBRM516群馬600kmで一緒だった仙台在住のひさぼさんが応援に来ていました。

IMG_0526 (2)

ここからは一ノ関まで一気に駆け下ります。しかしここで時間を稼ぐつもりでしたが、この辺りからFメカの調子が悪く(アウターに入りにくくなる)なり、不安になります。何とかPC1まではだましだまし走ることにします。

標高が低くなってくると内陸性の気候であるせいか気温が高くなってきます。熱中症には気をつけなくてはなりません。途中、以前に家族で来た厳美渓を横を通りますが、今回はパス。「空飛ぶだんご」に未練を残しながら一ノ関に向かいます。

栗駒山荘から43.8kmを一本道(CUEなし)で走り、やっと現れた大槻交差点を左折し国道4号線に入るとまた登りがあります。このように頻繁にアップダウンが繰り返されるので脚が削られます。登り終わると平泉町に入り、PC1に到着します。

101.7km地点のPC1デイリーヤマザキ平泉店には10:16に通過。1時間32分のマージン。ここでは軽く補給をしたのち、Fメカの調整をしてからのスタートとなります。   ~続く~
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

suzy

Author:suzy
自転車、バイク、アウトドア、などの趣味についてダラダラ綴っていきます。
当ブログはリンクフリーです。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Twitter

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。