記事一覧

BRM516群馬600㎞のんびり新潟 その1

家内とともにSRをかけた「BRM516群馬600㎞のんびり新潟」に参加してきました。今回も家内を引っ張るため、当日スタッフとしての参加です。

このブルべは昨年の「のんびり新潟」とほぼ同じコースですが、スタート・ゴール地点が高崎城南大橋下からよしおか温泉に変更(「BRM517群馬200㎞初めてのブルべ」と同時開催するため)となったこと、内山峠旧道の通行止めにより新道に変更となったこと、三国峠を越えた後の峠がなくなったことで、獲得標高は3,600mと昨年より700m程少なくなり、600㎞ブルべとしては比較的難易度が低いコースとなっています。



スタートは昨年よりも2時間早い5:00スタートのため3:00に自宅を出発し、3:40によしおか温泉に到着。スタート受付を担当します。けろさんやkoba-Pさんやひさぼさんなど面識のある方がみえました。この日は他に600㎞ブルべが4つの主催者によって行われているため、少なめの30人余りの方がスタートします。

yoshioka.jpg

今回使用するバイクは新投入するFELT F5Xです。今まで持っていたFELT Z5のフレームサイズが大きすぎてポジションが出しづらかったので思い切って買い替えたものです。シクロクロス用ですが、太いタイヤが履けること、ディスクブレーキであること、ジオメトリーがツーリング車に酷似していることが決め手となりました。

今回は参加者が少ないので第2ウェーブまでしかなく、家内とともに前回と同様に第2ウェーブ7:10に最後尾でスタートします。天気は午前中いっぱいは雨とのことなので、レインジャケットを着こんでスタートします。

内山峠の手前までは割といいペースで進みます。今回のブルべで一番気掛かりだったのはPC1のクローズで、基本的に内山峠越えで時間がかかることが予想されたので、序盤は少し頑張ります。内山峠は新道となったので昨年の旧道のような激坂はなく走りやすいですが、危険なトンネルがあるので歩道を押して歩いたりと慎重に走ります。

登りの苦手な家内ですが、思ったより大変ではなかったようです。内山トンネルの入り口で少し休憩。ブリヂストンのネオコットフレームの方(後ほどvegaさんと判明)と一緒になりました。vegaさんは一昨年のダム巡り(BRM629群馬200㎞)で終盤一緒に走った方でした。

内山トンネルを越えるとPC1まで一気に駆け下ります。ほぼ直線の下りなのでかなりのスピードで降りれます。

76.9km地点のPC1セブンイレブン佐久平賀店には9:27に通過。51分のマージン。思ったより早くつきました。雨はまだ上がりませんが、雨脚は弱まってきました。

saku.jpg

ここからはペースをやや落として走ります。PC2までは割とアップダウンがある区間なので、脚を削らないように気を付けます。途中信号待ちの際にkoba-Pさんに追いつかれ、まさかと思いバイクを見るとやはりシングルスピードでした。シングルスピードで内山峠を越えてきた脚力に感心しながらしばらく一緒に走ります。

途中で雨が上がり、日が出てきました。今度は暑くなってきたので、レインジャケットを脱ぎます。千曲市に入り、「上山田庁舎前」交差点を右折すると間もなくPC2に到着します。

127.9km地点のPC2セブンイレブン上山田店には12:24に通過。1時間18分のマージン。ここまでは遅くとも割と順調に来ました。補給を十分摂ってから先へ進みます。 ~続く~
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

suzy

Author:suzy
自転車、バイク、アウトドア、などの趣味についてダラダラ綴っていきます。
当ブログはリンクフリーです。

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

カウンター

ブログ内検索