記事一覧

逆老越路峠試走

2014年9月20日(土)

10月4日(土)に開催されるAJ群馬主催の「BRM1004群馬200km初めてのブルべ秋」のコースにおいて、ハイライトは老越路峠ですが、5月に行われた「初めてのブルべ春」は桐生側から登るので比較的ゆったりなのに対し、逆回りする「初めてのブルべ秋」は急坂がある飛駒側から登ることになるので、難易度が若干上がります。

かくいう私も飛駒側から登ったことはなく、BRM1004群馬にエントリーしている家内も果たして登れるかどうかわからなかったので、試走を兼ねて走ってきました。尤もこのブルべはこの他の難所はないので、ここで押しが入っても時間内完走にはほとんど影響しないと思われます。



朝10時前に出発し、お馴染み渡良瀬川CRを使って足利方面に向かい、適当に道をつないで「道の駅どまんなかたぬま」を目指します。正確な位置がわからなかったのですが、スマホの地図を見ながら適当に走っていたところ、道に迷うことなく11時半頃到着しました。

ここで早めの昼食を摂り、試走に入ります。コース上の試走としては道の駅からすぐのところにある「吉水新田」交差点からスタートします。次の「栃本町」交差点を左折すると、昨年の「BRM525群馬200㎞初めてのブルべ」のときに寄ったしんこまんじゅうの「石川や」があります。今回もお土産に買って行こうとしましたが、あいにく夏期間は作っていないとのことで、やむなくご当地ゆるキャラ「さのまる」の形をした「さのスイーツもなか」を購入。しんこまんじゅうは10月から販売とのことなので、ブルべ当日は購入できます。

田沼市街を通過すると、ひたすら飛駒まで緩い登りを淡々と進みます。ここで無理をすると次の峠越えがきつくなります。

飛駒の逆ト字交差点を左折するといよいよ老越路峠までの登りが始まります。ここからはそれぞれのペースで進むことにしました。足利カントリークラブの前辺りは斜度7~9%程度、道が細くなってからさらに登っていくと斜度12%前後ときつくなってきます。但し、距離にして2km程度なので何とかなる感じでした。家内は私よりもわずか2分半遅れて峠に到着。本人も何とか登れると手応えをつかんだようです。

IMG_0579.jpg

この後、そのまま桐生市街を通過して、15時頃帰宅しました。

私はAJ群馬のスタッフとしてこのブルべ当日に巡回を兼ねて最後尾を走ろうと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

suzy

Author:suzy
自転車、バイク、アウトドア、などの趣味についてダラダラ綴っていきます。
当ブログはリンクフリーです。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Twitter

カウンター

ブログ内検索