記事一覧

BRM628群馬600㎞のんびり新潟 その4



PC6を出発すると、堀之内で一時国道17号線から離れて県道371号線に入り、小出駅の横を通ります。

P1010798.jpg

その後、「五箇」交差点から再び国道17号線に入り、ここから三国峠を越えた先まで約80㎞CUEがありません。日が高くなるにつれて暑さが増し、気温も30℃を越え、きつくなってきます。また眠気を覚えたので、五日町のセブンイレブンに緊急停車。メガシャキとアイスで気合を入れます。

六日町を越え、石打まではカンカン照りでしたが、湯沢に登るころからだんだん曇ってきて、雷が鳴ってきました。昼食のため湯沢のセブンイレブンで停車。牛めしで腹ごしらえします。

この先の「田中」交差店から三国の登りが本格的に始まりますが、このあたりで雨が降ってきました。レインジャケットを着こみ先を急ぎます。三国峠は登って少し下ってまた登るの繰り返しで少し損した気分になりますが、斜度は最大でも6%位なので走りやすいです。この後三国トンネルまでは降ったり止んだりで雨に翻弄されます。雨の三国峠は湯沢までの暑さが嘘のように寒かったです。

P1010803.jpg

三国トンネルの手前では雨が上がっていましたが、超えると土砂降りとなっており、この状態の中で下りに入ります。ここでORCD01のディスクブレーキの真価を発揮されます。リムブレーキならば必死にブレーキレバーを握らなくてはなりませんが、ディスクブレーキは余裕をもって減速でき、非常に助かりました。

「上新田」交差点で17号線と分かれ、高山村の赤根峠の登りに入ります。高山村の2つの峠はルートラボの起伏図を見ると、三国峠の後に付け足したようにありますが、結構勾配がきつく、脚が終わりかけている状況での登りなので、三国峠よりもきつく感じます。赤根トンネルまでとても長く感じました。

558.8km地点のPC7セブンイレブン高山中山店は17:51に通過。2時間25分のマージン。貯金が減っています。登り区間であったので遅いのは分かりますが、ちょっと遅すぎです。新潟では暑くてロックアイスにスポーツドリンクでしたが、ここでは寒くて、ホットコーヒーにカップヌードルで補給しました。

IMG_0517.jpg

この後、最後の峠である中山峠を越えます。ぐんま天文台のあるところで、こちらは赤根峠よりは少し楽でした。峠を下って渋川市に入り、「下川島」交差点で左折すると、後は昨年のBRM629ダム巡りと同じコースをたどります。途中で雨が上がりました。

誰も待っていないゴールの高崎城南大橋下には20:32に到着。37時間32分での完走となりました。これでSR獲得です。何とか完走しましたが、区間ごとのペースのバラつきが非常に大きく、課題の残るものとなりました。サドルに関しては400㎞過ぎで多少お尻に違和感を感じるようになりましたが、総じて600㎞の走行に耐えることができました。

次は「BRM726群馬200㎞群馬の果てを尋ねて…毛無峠編」の認定試走に行く予定ですが、この山岳コースを走り切る自信はなく、走るかどうか思案中です。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

suzy

Author:suzy
自転車、バイク、アウトドア、などの趣味についてダラダラ綴っていきます。
当ブログはリンクフリーです。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Twitter

カウンター

ブログ内検索