記事一覧

BRM510宇都宮400㎞銚子 その4

PC5を出発すると、我孫子市に入ります。日が暮れてからはどんどん気温が下がり、ウインドブレーカーを着ても寒くなってきます。288.4km地点の青山台入口交差点から10㎞ほど田んぼの中の一本道を走ります。このブルべは同じような場所を延々と走る箇所が多く、なかなか辛いです。また、この道は車の速度抑制のための路面に凹凸がついている箇所が多数あり、すでに痛くなってきているお尻にダメージを与えます。

野田市に入ってすぐのファミリーマートで休憩。このあたりまで来るとPC以外のコンビニでも休憩している人が多いです。気温はさらに下がり、果たしてこの寒さに耐えられるか心配になります。このころには家内のスピードも20km/h出すのがやっとなので、私にとってはこのスピードでは負荷がかからず余計に寒さを感じている感じです。関宿まで来るともはや寒さでかなりつらくなっていたため、昨年のBRM525群馬でPC2だったファミリーマート野田関宿台町店に寄り、使い捨てのレインコートを購入し、ウインドブレーカーの下に着込みます。これでかなり楽になりました。

境大橋を渡ると「道の駅さかい」があります。ここで仮眠を取っている方が大勢いるのを横目で見ながら通過。再びCRに入ります。再び15㎞ほど暗闇のCRを走り、三国橋を渡って少し行くとPC6に到着します。

343.5km地点のPC6ローソン北川辺向古河店には1:08に通過。1時間59分のマージン。貯金が少し減っています。ペースは18~19km/h位になっており、家内ともども疲労と尻痛で走れなくなっています。ここでも仮眠を取っている方がいますが、この寒い中、よく寝れると感心します。

ここから栃木経由で宇都宮に帰りますが、栃木市あたりでからは眠気が襲ってきて、ブラックガムや、メガシャキで何とかしのぎます。合戦場付近のセブンイレブンで最後の休憩を取り、ひたすらゴールを目指します。鹿沼を通過するころにはだんだん空が白んできました。

森林公園通りに入るとラストランとなります。ここからはこのコース一番の登りであり、最初の登りはEDGE510の読みで斜度9.7%を示していました。ここを何とかよじ登り、5:14にゴール、24時間59分での完走でした。

これで何とか400㎞を完走でき、SR取得に少し前進しました。家内も400㎞を走り切ることができ、いい経験となったと思います。お世話になったAJ宇都宮のスタッフの方々にこの場を借りてお礼を申し上げます。

次のブルべは「BRM517宮城300km最上川」です。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

suzy

Author:suzy
自転車、バイク、アウトドア、などの趣味についてダラダラ綴っていきます。
当ブログはリンクフリーです。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Twitter

カウンター

ブログ内検索