記事一覧

事故顛末

BRM329群馬400㎞走行中、160㎞地点で事故に巻き込まれDNFしましたが、その事故処理が無事に終了しました。

幸い怪我は軽く、すでに完治しているので問題ありませんでしたが、物損事故の方の処理も割とスムーズに終えることができたのでホッとしています。

まずPanasonic FRCD01の状況ですが、Cycle Shop ONEの重田店長にチェックしたいただいたところ、フォーク、ホイール、STI、ブレーキキャリパー、クランク、サドルは明らかに損傷があり要交換。一見損傷がないように見えるフレームも明らかな歪みが生じており、これもダメとのこと。フォークに車が当たった時の力がヘッドコラムを介してヘッドチューブから歪んだようです。これでは真っ直ぐ走らないとのことでした。

すでに全損に近い状態でしたが、一応修理対応する見積で保険会社とやり取りした結果、全額認めてもらいました。フレームの歪みは保険会社の方が実車を見に来て納得したそうです。

まず事故の過失割合は0:100で、こちらには過失なしでまとめてくれました(尤も、交差点でない場所で横にいた自転車に突っ込んできたので当然といえば当然...)。FRCD01は納車後2ヶ月しかたっていないこともあり、減価償却の話も出ず助かりました。

そんなわけで、FRCD01は廃車となり(保険会社が引き取ると言っていますが...)、いただいた保険金を使って同じバイク(今度は完成車なのでORCD01)を発注しました。6月に予定している600㎞ブルべには間に合うそうなので、安堵しました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

suzy

Author:suzy
自転車、バイク、アウトドア、などの趣味についてダラダラ綴っていきます。
当ブログはリンクフリーです。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Twitter

カウンター

ブログ内検索