プロフィール

suzy

Author:suzy
向かい風と坂が嫌いなフツーの中年サイクリスト。ブルべを中心に走っています。モットーは最小限の走行でシュペール・ランドヌール(SR)を達成すること。貧脚にもかかわらず意外としぶとい。AJ群馬スタッフ始めました。

当ブログはリンクフリーです。

BRM結果

     - 2016年度 -
 BRM220群馬300  17:47試

     - 2015年度 -
 BRM221群馬200  10:14
 BRM314埼玉300  16:37
 BRM321群馬300  16:44試
 Randonneurs
  Tokyo Fleche! DNF
 BRM425群馬400  25:03
 BRM516群馬600  DNF
 BRM718宮城600  DNF
 BRM1003青葉600 DNF
 BRM1011群馬200  9:21試

    - 2014年度 -
 BRM308群馬200  10:29
 BRM329群馬400  DNF
 BRM510宇都宮400 24:59
 BRM517宮城300  15:47
 BRM628群馬600  37:32試
 BRM726群馬200  中止
 BRM927宮城200  9:42
 BRM1004群馬200 10:15

     - 2013年度 -
 BRM323埼玉300   15:04
 BRM413埼玉400   21:13
 BRM525群馬200   11:48
 BRM629群馬200   11:52
 BRM713群馬600   39:15
 BRM1005青葉300  19:32

     - 2012年度 -
 BRM904青葉200   12:07
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ペンギンおじさんの自転車でGo!
HOME > スポンサー広告 > title - BRM713群馬600km安房峠を通ろう その4HOME > BRM > title - BRM713群馬600km安房峠を通ろう その4
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRM713群馬600km安房峠を通ろう その4
PC4では、何人かのランドヌールと一緒になりましたが、その中に4人組の方々がおられ、その方たちに

「気をつけて」

と言われながら先に出発します。皆さんいかにも走り慣れているといった感じでした。



最初は下り基調なので快走しますが、その後、上田に出るまでに峠を一つ越えることになります。この峠はまず筑北村との境にあるトンネルまでひたすら登ります。その後下りとなるかと思いきや、さらに登り、青木村との境のトンネルを抜けてはじめて下りとなります。斜度は8%位のところもあり、酷使してきた脚に追い打ちを掛けます。

途中で疲れたのでのんびり景色を楽しみながら走っていると、先程の4人組の方々が追いついて、あっという間に先に行かれてしまいました。

P1010189.jpg

青木村から上田市街に向かっている時に軽い眠気が来たので、ブラックガムで凌ぎます。ブルべをやっている上での私の強みは、割と寝なくても大丈夫(夜釣りで鍛えたもの)ということと、どんなに疲れていても食べられるということです。この後ゴールまで眠いと思ったことはありませんでした。

上田市街から千曲川沿いに走り、その後再び登り基調となります。途中に海野宿という伝統的建物がのこる風情のあるところを通過しますが、道が石畳のようななっているため走りにくかったです。こういうところはポタリングで来るのにいいところなので、そのうちまた来ようと思います。

小諸を通過する頃、疲労感により失速します。普通に漕いでいると18km/h位しか出ておらず、PC5のクローズ時間が迫っていることに気付きます。疲れた脚に鞭を打ってペースアップします。通常ならば、走っていれば貯金はどんどん増えると思っているので、次のPCでもタイムアウトとのせめぎ合いとなるとは思ってもみませんでした。

535.3km地点のPC5セブンイレブン小諸耳取店には17:11に通過。僅か25分のマージン。貯金がほとんど増えていません。道がアップダウンの連続なのでペースが上がっていないようです。コース設計の際、わざとこういう道を選んでいるのではと勘繰りたくなるほど厳しい道が続きます。ここでもウワンさんはギリギリに到着。本当にすごい人です。ここでもしっかり補給します。

IMG_0215.jpg

ここからは碓氷峠の下りを含め下り基調であり、残り67kmなので、所要時間3時間半を見込み、家内に迎えに来てもらうため、21時頃の到着を伝えます。

最初はしばらく登りが続きうんざりします。ある急な登り坂が見えた時に思わず絶叫してしまい、そばで農作業していたおじさんをびっくりさせてしまいました(ごめんなさい...)。

ルート変更のため国道18号旧道に入り、ここからはほぼ往路と同じ道でゴールに向かいます。夕暮れの軽井沢の人ごみの中を通過し、碓氷峠を下る頃には真っ暗となります。街灯もない碓氷峠の下りは道が悪いとことがあるので慎重に降ります。暗闇の中にそびえ立つめがね橋は不気味だ、と思いながら碓氷峠を降りて、坂本宿を通過し横川まで来ました。

ここから不思議と脚が回るようになり、五料の先の登りを25km/hで通過し、この後ゴールまで27~30km/hで巡航します。ゴールが近いということで脚が回るようになったのでしょうか。

ゴールの城南大橋下には21:15分到着。39時間15分で完走となりました。これでついにSR達成です。

ゴールには家内の他、Cycle Shop ONEの重田店長が来てくれました。

ゴール受付に行くと受付中の方が並んでいる状態で、私の少し前に何人かまとめて戻って来たそうです。39時間台の完走者がこれだけ多いということが、このブルべの過酷さを物語っていると思います。後で知ったことですが、かなりのベテランの方でも時間の読み違いからPC4でタイムアウトとなった方が少なからずいたということでした。この辺がブルべの恐ろしさであり、私については時間の読みがたまたまうまくいったに過ぎません。

ゴールで糸魚川で一緒になった千葉の方と再会、39時間9分完走とのことでしばし談笑。この後、メンテのため重田店長にバイクを預け、家内と一緒に途中で食事をして帰宅しました。食事後クルマに乗った瞬間に猛烈な眠気が襲ってきました。

始めての600kmブルべを完走で終えられたことで、一区切りがつきました。この後の予定は決まっていませんが、 ブルべは続けていきたいと思います。これまで出場したブルべはすべて完走しているので、この不敗神話がいつまで続くか挑戦したいと思います。

AJ群馬のスタッフの方々には、2日間に渡り大変お世話になりありがとうございました。今後もよろしくお願いいたします。

次のブルべの予定は現在のところありません。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Twitter

カウンター

リンク

最新コメント

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。