プロフィール

suzy

Author:suzy
向かい風と坂が嫌いなフツーの中年サイクリスト。ブルべを中心に走っています。モットーは最小限の走行でシュペール・ランドヌール(SR)を達成すること。貧脚にもかかわらず意外としぶとい。AJ群馬スタッフ始めました。

当ブログはリンクフリーです。

BRM結果

     - 2016年度 -
 BRM220群馬300  17:47試

     - 2015年度 -
 BRM221群馬200  10:14
 BRM314埼玉300  16:37
 BRM321群馬300  16:44試
 Randonneurs
  Tokyo Fleche! DNF
 BRM425群馬400  25:03
 BRM516群馬600  DNF
 BRM718宮城600  DNF
 BRM1003青葉600 DNF
 BRM1011群馬200  9:21試

    - 2014年度 -
 BRM308群馬200  10:29
 BRM329群馬400  DNF
 BRM510宇都宮400 24:59
 BRM517宮城300  15:47
 BRM628群馬600  37:32試
 BRM726群馬200  中止
 BRM927宮城200  9:42
 BRM1004群馬200 10:15

     - 2013年度 -
 BRM323埼玉300   15:04
 BRM413埼玉400   21:13
 BRM525群馬200   11:48
 BRM629群馬200   11:52
 BRM713群馬600   39:15
 BRM1005青葉300  19:32

     - 2012年度 -
 BRM904青葉200   12:07
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ペンギンおじさんの自転車でGo!
HOME > スポンサー広告 > title - BRM713群馬600km安房峠を通ろう その3HOME > BRM > title - BRM713群馬600km安房峠を通ろう その3
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRM713群馬600km安房峠を通ろう その3
1:30過ぎにホテルを出て、自宅に送り返す荷物を近くのコンビニで発送し、通過チェックのポプラ高岡泉ヶ丘店に向かいます。今日は残り約300kmを20時間で走破する予定です。

ポプラ高岡泉ヶ丘店には、先日少しご一緒させていただいた竜胆急行さんと、ご夫妻で様々なブルべを完走されているミクロンさんご夫妻と一緒になりました。いずれも高岡のホテルで仮眠を取った一泊二日作戦組で、ベテランランドヌールの方々と同じ行動を取ったことで安心します。ミクロンさんのご主人は、この時間に出発すれば、女性の脚でもゴールで1時間半位のマージンが持てる、とおっしゃっていました。

この後のスケジュールは、栃尾(安房峠の登り口)までは約100kmで800mの登りなので平均20km/hで5時間、そこから安房峠まで17kmを平均8km/hで2時間ちょい、と読んで安房峠には9時過ぎに到着予定とします。PC4のクローズ時間から逆算して、安房峠到着が10:00を過ぎるとタイムアウトの確立が高くなるので、遅れても9時台に到着しなくてはなりません。



2:00にポプラ高岡泉ヶ丘店を出発し、安房峠に向けて走りだします。栃尾までは緩やかな勾配と思いこんでいましたが、意外とアップダウンがあり思ったほどスピードが出せません。さらに途中で雨が降ってきたので、屋根付きのバス停でレインジャケットを着たりしたので余計に時間がかかってしまします。雨は直ぐに止んでしまったので着なくてもよかったと後悔します。

結局、栃尾の手前の「道の駅 奥飛騨温泉郷上宝」到着が7:10過ぎと10分以上遅れてしまいました。ここに到着する前にのんびり走るベテランランドヌールのウワンさんをパスしましたが、そのスピードでPC4が間に合うのか心配になります。道の駅でボトルを補充し、安房峠に挑みます。

安房峠の登りはやはりきつかったです。特にクマ牧場前の斜度12%の登りは修行の道となりました。但し、スプロケを12-30Tにしたのは正解で、何度か休憩を入れましたが、一応最後まで押さずに登りきりました。途中で強い雨が降ってきたので再びレインジャケットを着込みましたが、今度は大正解でした。

安房峠到着は9:40でやや遅れ気味でしたが、何とか10:00までに到着することができました。

IMG_0213.jpg

安房峠からの下りは寒く、レインジャケットを着ていたから問題ありませんでしたが、そのまま降りたら死んでいたでしょう。ここからは時間が稼げる下りのはずなのに、安房峠の下りは道が悪く、路面もウェットなのでスピードが20km/hも出せません。特にヘアピンカーブの部分の路面が石を切り出して並べたような感じなので、一歩間違えると落車やパンクの危険性があります。

また続く国道158号線はトンネルの連続で、昨日の糸魚川の時とは交通量が桁違いに多く、クルマが猛スピードで抜いていきます。路面も酷く走行ラインを間違えて落車したもんなら確実にクルマに牽き殺されます。あるトンネルでは先程の安房峠の下りのような石の切り出しを並べた状態となっており、生きた心地がしません。そのトンネルの出口で停まっていた参加者がいたので、大丈夫ですか、と聞いたところ、あまりにも道が悪いのでハンドルに付けていたものの位置がずれてしまい直しているとのことでした。この方は先程リム打ちパンクもしたそうで、踏んだり蹴ったり状態です。私はチューブレスタイヤなのでリム打ちには強いですが、それでもパンクしなかったのが奇跡なくらいひどい道でした。

トンネル区間が過ぎ、今度はカンカン照りとなり暑くなってきたのでレインジャケットを脱いでタイムロス。ここからは時計とサイコンの距離メーターとにらめっこしながらPC4に向かいます。

松本を抜け、PC4に近づくとまたしても登りがあります。今回のコースの登りはルートラボで見た時は大したことない登りでもきつい感じがするものが多く、コース設計者の心遣い(?)を感じます。

471.8km地点のPC4セブンイレブン四賀錦部店には13:07に通過。僅か17分のマージン。間に合いました。やはり安房峠10:00がボーダーラインとの予想は当たっていました。久しぶりの補給地点なので、そば、おにぎり等でしっかり補給します。

IMG_0214.jpg

補給をしていると先程のウワンさんがクローズ時間ちょっと前に到着しました。時間はギリギリでも淡々と走り続ける姿を見てやはりベテランさんは違うと思いました。

ここまでくればもう大丈夫と思いましたが、これはとんでもない間違いであるということはこの後すぐに知ることになります。  ~続く~
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Twitter

カウンター

リンク

最新コメント

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。