記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

碓氷峠旧道試走

次週に控えたBRM713群馬600kmの下見ということで、軽井沢まで走ってきました。

先週のブルべにおいて、野反湖までの登りで脚を攣るという不慮の事態を経験したので、若干登りに不安が残っていました。今日はそれを払拭するために最初の峠越えである碓氷峠旧道を登ってみて、自分の予想通過時間が妥当なのかどうか確認します。装備は本番に走る時とほぼ同じ状態にしてあります。

碓氷峠旧道は昨年家内と登ったことがありますが、この時はマッタリ走ったのであまり参考になりません。

スタートの高崎城南大橋を9:12に出発。ルート通りに走ります。途中までは先週のBRM629と同じなので問題ありません。

スタートで給水を忘れたので、磯部の手前のセブンイレブンで給水。10分位ロス。

磯部を過ぎると妙義山が視界に入ってきて、登りに入っていきます。

130706.jpg

国道18号線に入り少し行くと横川駅に10:45到着。ほぼ予定通り到着(コンビニロスを入れると10分早着)。

ここから少し行くと旧道とバイパスの分岐があり、旧道の方に入っていきます。坂本宿を通過し碓氷峠に入り、すぐに碓氷湖が見えてきます。

130706 (2)


さらに進むとめがね橋に着きます。ここは観光客がたくさんおり、観光バスも停まっていました。今年はSR600FujiのPCとなっています。

130706 (3)

峠を実際に走った感じは、前回走った時のイメージとあまり変わらず、所々ややきつい(斜度8~9%)がありますが、淡々と登れて走りやすい峠です(平均斜度約4%)。頂上にはほぼ正午に到着。予定より10分早着。ほぼ予定通りに着くことができ、ホッとしました。

130706 (4)

この後は復路のコースの通り、碓氷バイパスを通って峠を降ります。軽井沢は正午過ぎでも気温26度で過ごしやすかったですが、峠を下って横川に近づくにつれて熱風が吹いて来て閉口しました。

この後、暑さに耐えながら安中、前橋を経由して帰宅しました。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

suzy

Author:suzy
自転車、バイク、アウトドア、などの趣味についてダラダラ綴っていきます。
当ブログはリンクフリーです。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Twitter

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。