記事一覧

BRM629群馬200km八ッ場(予定)-野反-奥四万ダム巡り その2

通過チェック「道の駅 六合」を出発すると、暮坂峠越えが始ります。

暮坂峠の草津側からの登りは比較的楽とのことで、登り始めがややきつい他は斜度3~5%の穏やかな勾配が続きます。脚が終わっていなければ程良い峠越えとなりますが、ほぼ脚が限界にきているのでゆっくり登ります。途中、またパラパラ雨が降ってきましたが、大したことないのでそのまま強行します。

登り始めて7km程で峠に到着します。この辺りに来るとまた日差しが出てきます。本当に山の天気は変わりやすいです。頂上には、ここを旅したと言われる若山牧水の歌碑(牧水詩碑)があり、道の反対側には「牧水茶屋」があります。

BRM629.jpg

ここからは楽しい下りです。道は広くて走りやすいので、40km/h以上で駆け下りて時間を稼ぎます。

T字路まで来ると左折して国道353号線に入り、今度は四万川ダムまでの登りに入ります。脚さえ残っていれば楽しい登りなのに、もう斜度関係なくきつく感じるようになっています。途中でまた雨が降り出し、今度はすぐに本降りになってきたので、再びレインジャケットとシューズカバーを装着します。

これで登りは最後(ということはなく、渋川付近もアップダウンが続く)と言い聞かせながら気合で登っていきます。雨はPC2についた頃には止んでいました。

143.8km地点のPC2「四万川ダム」には16:13に通過。わずか29分のマージン。設定時間より12分遅れ。何とか間に合いました。過去のブルべも厳しいものでしたが、タイムアウトの恐怖と闘ったのは今回が初めてでした。

BRM629 (2)

途中で雨に降られて心の中で文句を行っていましたが、四万川ダムの水量を見るともっと降ったほうがいいと思いました。

AJ群馬のスタッフの方にブルべカードにチェックをもらい、コーラとお煎餅を頂きました。このように降ったり止んだりしている中、クローズ時間まで待機しなければならず、スタッフの方の献身的な働きに頭が下がります。ここまでくればもう大丈夫、と声を掛けていただきました。

ここからは下り基調の55kmなので気は楽です。ここからは四万川ダムで一緒になった方と一緒にゴールの高崎を目指します。この方は、雨の影響なのかGPSのデータを消失させてしまい、キューシートもコマ図もないので一人では帰れないとのこと。従って道案内を引き受けることになりました。

四万川ダムからの帰りは温泉街の小道を通るルートで、途中から登ってきた国道353号線に合流します。第1ウェーブのクローズ時間が過ぎた後にも四万川ダムに向かって登っている方がいて、クローズに間に合うのか心配になります。

ここからは中之条、渋川、吉岡を経由して高崎まで戻ります。途中道が分かりにくいところがありますが、GPSとコマ図を駆使して乗りきります。旧群馬町あたりでまた強い雨に打たれ、今回のブルべは雨に翻弄されました。

ゴールの城南大橋下には19:02到着。11時間52分で完走となりました。

ゴール地点でAJ群馬のスタッフの方と話をさせていただいた際、このブルべはやはりPC2を時間内に通過することがすべてであるとのことでした。

今回の反省点としては、タイムテーブルの設定時間にこだわったため、序盤のオーバーペースにより肝心な野反湖の登りまで脚を残せなかったことでした。これは自分の脚力不足ともいえることで、ペース配分について見直しが必要です。

2週後の600kmは、このようなことでは完走は覚束ないので、作戦をしっかり立て直して臨みたいと思います。

次のブルべは「BRM713群馬600km安房峠を通ろう」です。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

suzy

Author:suzy
自転車、バイク、アウトドア、などの趣味についてダラダラ綴っていきます。
当ブログはリンクフリーです。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter

カウンター

ブログ内検索