プロフィール

suzy

Author:suzy
向かい風と坂が嫌いなフツーの中年サイクリスト。ブルべを中心に走っています。モットーは最小限の走行でシュペール・ランドヌール(SR)を達成すること。貧脚にもかかわらず意外としぶとい。AJ群馬スタッフ始めました。

当ブログはリンクフリーです。

BRM結果

     - 2016年度 -
 BRM220群馬300  17:47試

     - 2015年度 -
 BRM221群馬200  10:14
 BRM314埼玉300  16:37
 BRM321群馬300  16:44試
 Randonneurs
  Tokyo Fleche! DNF
 BRM425群馬400  25:03
 BRM516群馬600  DNF
 BRM718宮城600  DNF
 BRM1003青葉600 DNF
 BRM1011群馬200  9:21試

    - 2014年度 -
 BRM308群馬200  10:29
 BRM329群馬400  DNF
 BRM510宇都宮400 24:59
 BRM517宮城300  15:47
 BRM628群馬600  37:32試
 BRM726群馬200  中止
 BRM927宮城200  9:42
 BRM1004群馬200 10:15

     - 2013年度 -
 BRM323埼玉300   15:04
 BRM413埼玉400   21:13
 BRM525群馬200   11:48
 BRM629群馬200   11:52
 BRM713群馬600   39:15
 BRM1005青葉300  19:32

     - 2012年度 -
 BRM904青葉200   12:07
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ペンギンおじさんの自転車でGo!
HOME > スポンサー広告 > title - BRM629群馬200km八ッ場(予定)-野反-奥四万ダム巡り その1HOME > BRM > title - BRM629群馬200km八ッ場(予定)-野反-奥四万ダム巡り その1
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRM629群馬200km八ッ場(予定)-野反-奥四万ダム巡り その1
AJ群馬開催の「BRM629群馬200km八ッ場(予定)-野反-奥四万 ダム巡り」に参加してきました。

獲得標高3,500mとは知らずにエントリーしたので、それと知ってからは果たして完走できるのか自信のないままスタートしました。昨年から始めて過去参加した4回のブルベはすべて完走していましたが、今回は途中DNFを覚悟する場面もあり、非常に大変なブルべとなってしまいました。



スタートは前回のBRM525と同じ高崎の城南大橋下なので、5:00に家を出て、迷うことなく6:00前には到着しました。

今回は第2ウェーブなので7:10スタートとなります。今回は先述のごとくタイムスケジュールを設定しているので、それに従って行くことにしていましたが、それがかえって足かせとなる結果となってしまいました。

スタート後はしばらくほぼ平坦なので、時間を稼ぐため頑張ります。設定時間よりも少しずつ貯金ができつつありましたが、下里見を過ぎたあたりから登りが始まり、何とか時間ロスしないように頑張りすぎたため、旧倉渕村権田の登りで脚が攣りそうになってしまいました。

47.1km地点のPC1セブンイレブン吾妻岩下店には9:14に通過。1時間17分のマージン。設定時間より3分遅れ。タイムテーブルの設定の甘さと早くも脚に来ているということもあって、この後大丈夫か心配になります。ここでは軽い補給でリスタート。

BRM629 (3)

ここからしばらく国道145号線旧道を建設中の八ッ場ダムの橋脚を眺めながら進みます。

IMG_0184.jpg

長野原草津口駅を通過し、新須川橋交差点を右折します。ここからは国道292号線を草津方面に向けて登り始めます。脚が攣りそうなのでやや抑え気味に走りますが、だんだん脚が売り切れ状態になり辛くなってきます。

復路で通過チェックとなる「道の駅 六合」を通過し、国道405号線に入り、白砂大橋を越えたあたりから斜度12%の富士見峠の登りが始まります。

BRM629 (4)

何とか10km/hをキープしていましたが、だんだんと速度が落ち、時速6~8km/h位で必死に走ります。半分くらい登ったところやはり両脚が攣ってしまい、脚を付いてしまいました。ここで頭の中でDNFの文字が過りました。

仕方なくここからしばらくバイクを押して歩きます。しかしこの時、押して歩いても4~5km/hで進むこと、さらに脚が回復することに気づきました。6km/hで辛い思いをしても1時間で1~2kmしか差が出ず、200kmブルべでは1~2kmは誤差範囲でしかありません。後で聞いた話ですが、私よりも先にゴールされた方もここはきつく6km/hしか出せなかったとのことで、やはり厳しいコースであったことがわかります。

そんなわけで、斜度10%を越えるところでは専ら歩き、脚の回復に努めます。すると斜度10%越えを6km/hで漕いで進んだ場合は、その後斜度が緩やかになっても脚が残っていないため速度はほとんど上がりませんが、押して歩いた後は脚が多少楽になるため、斜度が緩やかな場所で乗り出すと15km/h位で走れるので、長い目で見ればかえって有利なのではと思いました。

なんとか富士見峠を越え、野反湖畔に出てからもアップダウンが続き、うんざりしながら堰堤を渡り、折り返し地点の駐車場ゲートに12:30頃到着。押して歩いたにもかかわらず、設定時間より15分位しか遅れていません。

折り返し地点は予想通りシークレットポイントとなっており、AJ群馬代表が待機していました。ブルべカードにチェックのスタンプを押してもらいながら、「PC2のクローズ時間が心配」というと、「全然大丈夫」との回答を頂きややホッとします。

BRM629 (5)

堰堤の手前に展望台兼案内所があり食堂と自販機があるので、折り返し後に自販機でボトルの補充をします。その時、ここで引き返そうとした方がいたので、堰堤の先にシークレットがあることを伝えます。ここまで来てDNFとなったらたまりません。

野反湖畔を折り返すあたりから雨が降ってきました。最初は小降りでしたが、だんだん強くなって本降りになってしまいました。あわててレインジャケットとシューズカバーを装着し、下り斜度がきついのでオーバーランしないように慎重に進みます。交換したばかりのシマノの新型ブレーキシューが大活躍してくれました。

雨は白砂大橋辺りまで来ると小降りになり、通過チェックの「道の駅 六合」まで来ると止んでいました。

109.4km地点の通過チェック「道の駅 六合」には13:50頃通過。設定時間より30分くらい遅れています。先着していた方の話によると雨に降られていないとのことで、通過時間で明暗が分かれるのもブルべの怖さです。

ブルべカードに道の駅のスタンプを押し、PC1でおにぎりを食べた以後補給していないので、一番早くできるというカレーライスを注文、急いで食べてリスタートします。とにかくPC2のクローズまで時間がないので急がなければなりません。 ~続く~


関連記事
スポンサーサイト


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Twitter

カウンター

リンク

最新コメント

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。