記事一覧

BRM413埼玉400kmフラッと九十九里 その3

ファミリーマート東庄河口堰店を後にし、今度は利根川沿いを西に向かって走ります。往路は風が敵になりましたが復路においては積極的には味方になってくれませんでした。

この辺りからまたお尻が痛くなり、サドルの調整をしながら騙し騙し走りますが、だんだん漕ぐのが厳しくなります。スピードも18km/h位まで落ち、大失速が始りました。坐骨の神経に鈍い痛みが走り、サドルに座るの辛い状態に陥ります。

お尻の痛みとPC4での補給が軽かったとこによって体が言うことをきかなくなり、また速く走れなくないことにより体が冷えてきたので、PC以外での休憩は取らない予定でしたが、たまらずPC1だったミニストップ河内町役場前店で停まります。ここでは何人かの方が休憩されており、PC4とPC5の間隔が80kmあるのでノーストップで行くには大変だからでしょう。寒かったのでブルべでは定番のカップラーメンを初めて食べました。

しばしの休憩後リスタートします。状態はあまりよくなりませんが、少しずつでもゴールに近づいていると自分に言い聞かせながら前に進みます。

352.5km地点のPC5セブンイレブン谷和原古川店には2:13に通過。5時間19分のマージン。ここでもサンドイッチとおにぎりでしっかり補給。

しばらく走るとGPSが左折を示しているので、古川交差点と思いきや矢作交差点でした。よく考えると先程停まったセブンイレブンのところが古川交差点であり、PCに入ったことで完全に抜けてしまいました。もはや思考能力さえ低下しています。

矢作交差点を左折して少し行くと芽吹大橋があり、ここでやっとゴールが見えてきました。しかし尻痛は極限に達しており、ダンシングして22km/hまでスピードを上げ、その後立ったまま惰性で17km/hまで下がるまで走るようなことを織り交ぜながら進みます。

周囲が明るくなった頃にゴール地点に到着しました。痛みのおかげで眠気はほとんど起こらなかったことと、膝の痛みが出なかったのがせめてもの救いで、今回も非常に大変なブルべとなりました。やはり、バイクのポジション出しが今一つであったことと、BRM323埼玉300kmで発症した坐骨の痛みが完治していなかったことがすべてであり、さらに対策を練らなくてはなりません。

IMG_0062.jpg


しかし、ここで400kmを完走したことにより、密かに目指しているSR取得に一歩前進しました。実はSR取得は地元のブルべでと決めており、「BRM713群馬600km安房峠を通ろう」で是非とも決めたいと思っています。このBRM713群馬600kmは400kmの認定を受けていることが出場条件となっているため、今回で出場条件を満たしたことになります。但し、今回のようなことではとても完走できる状態ではないので、しっかりと作戦を練って備えたいと思います。

次のブルべは「BRM525群馬200kmはじめてのブルべ」です。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

suzy

Author:suzy
自転車、バイク、アウトドア、などの趣味についてダラダラ綴っていきます。
当ブログはリンクフリーです。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter

カウンター

ブログ内検索