記事一覧

BRM323埼玉300kmアタック霞ヶ浦北浦涸沼 その3

PC5からいよいよナイトランに入ります。300kmブルべらしくなってきました。

幾分調子が回復してきたのでややペースを上げての走行となります。最初は単独走行をしていましたが、途中でPBPのベストを着た方に追いついたので、後ろにつかせていもらいます。そのうち後続の方も追いつき4人列車でPC6を目指します。経験の豊富な方の後ろで走ると非常に走りやすくとても楽です。

やがてつくば市に入り、PC1があった地点に戻り、同じ道を辿ってゴールへ向かいます。途中、先刻千切られた白のコルナゴの方がゆっくり走っていたので、4人列車は追い抜いて行きました。白のコルナゴの方はその後ろにつかれたようで、ここから5人列車になりました。

PC6のセブンイレブン水海道大生郷店(252km)には19:27通過。4時間21分のマージン。最後の補給として、サンドウィッチとおにぎりを食べ、スタートします。あと50km。何とか完走が見えてきました。

再びPBPベストの方の後ろにつかせていただきましたが、何らかの理由で坂東市の交差点で停まり、先に行くようにとのことなので、2人を先導して最後の力を振り絞って進みます。その辺りは南からの風が強く吹き、20km/h台前半しか出ません。

最終的に、芽吹大橋を越え、サイクリングロードの土手から下りるところまで、2人を先導する形になり大変でした。後ろにつかれるのはプレッシャーを感じて辛いです。

土手を降りた地点でPC6を先発していた白いコルナゴの方が停まっていたのでこちらも便乗して停まり、後ろの2人の方に先に行ってもらいました。白いコルナゴの方は、エネルギー切れとのことで大変そうでした。

この地点で残り30km。時間は20:30くらいでした。頭で計算し、何とか22時までにゴール(15時間切り)できるのではと考え、最後の激走が始ります。30km/h程度のスピードでゴールを目指します。しかし、ここからは野田、越谷といった市街地や大きな道路との交差点での信号の停止時間が長くなるので、思ったほど前に進みません。戸塚環境センター(残り5km)で21:48分となってしまったので15時間切りは断念しました。

結局ゴールには22:04分に到着し、15時間4分で完走となりました。このタイムが速いかどうか分かりませんが、0時までに帰ってくる一応の目標を大幅にクリアしたのでよかったと思います。

今回はフラットコースなので楽かなと思って参加しましたが、フラットコースは気象条件によっては難易度がかなり変わるようで、なめてはいけないと痛感しました。また、後で思い返してみると、PC出発直後は速く走れるが、途中で失速するという傾向があるようで、一定のペースで最後まで走りきるような走りができれば、同じタイムでももっと楽になるのではと思いました。

ゴールした時は次の400km(BRM413埼玉)は無理かな、と思っていましたが、今回の教訓を生かしトライしてみようと思います。3週間しかありませんが、まず膝を治し、その他足りなかったところを対策して臨みたいと思います。

お世話になったオダックス埼玉のスタッフの方々にこの場を借りてお礼を申し上げます。



関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

suzy

Author:suzy
自転車、バイク、アウトドア、などの趣味についてダラダラ綴っていきます。
当ブログはリンクフリーです。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter

カウンター

ブログ内検索