プロフィール

suzy

Author:suzy
向かい風と坂が嫌いなフツーの中年サイクリスト。ブルべを中心に走っています。モットーは最小限の走行でシュペール・ランドヌール(SR)を達成すること。貧脚にもかかわらず意外としぶとい。AJ群馬スタッフ始めました。

当ブログはリンクフリーです。

BRM結果

     - 2016年度 -
 BRM220群馬300  17:47試

     - 2015年度 -
 BRM221群馬200  10:14
 BRM314埼玉300  16:37
 BRM321群馬300  16:44試
 Randonneurs
  Tokyo Fleche! DNF
 BRM425群馬400  25:03
 BRM516群馬600  DNF
 BRM718宮城600  DNF
 BRM1003青葉600 DNF
 BRM1011群馬200  9:21試

    - 2014年度 -
 BRM308群馬200  10:29
 BRM329群馬400  DNF
 BRM510宇都宮400 24:59
 BRM517宮城300  15:47
 BRM628群馬600  37:32試
 BRM726群馬200  中止
 BRM927宮城200  9:42
 BRM1004群馬200 10:15

     - 2013年度 -
 BRM323埼玉300   15:04
 BRM413埼玉400   21:13
 BRM525群馬200   11:48
 BRM629群馬200   11:52
 BRM713群馬600   39:15
 BRM1005青葉300  19:32

     - 2012年度 -
 BRM904青葉200   12:07
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ペンギンおじさんの自転車でGo!
HOME > スポンサー広告 > title - FELT Z5 シェイクダウンHOME > 走行記 > title - FELT Z5 シェイクダウン
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FELT Z5 シェイクダウン
2012年9月29日(土)

FELT Z5のシェイクダウンを行いました。

コースは桐生から梅田方面に向かい、梅田大橋を渡り、県境を越え、老越路峠から長石林道に入り、松田から猪子トンネルを抜け、小俣から渡良瀬川サイクリングロードで戻ってくるコースです。老越路峠は今年開催されたブルべ、BRM526群馬200のPC1地点であり、来年に同コースで行われるか分かりませんが、下見がてらに行ってきました。



実は2週間前にもMASIで同コースを走っているので、乗り比べることでFELT Z5の性能を見ようとするものです。

まず走りだしてみて最初の印象は、「乗りやすい」ということです。ヘッドチューブが長くアップライトなポジションが取れるので、これならロングランをしても体が痛く(特に腰)ならないのではないでしょうか。

また、軽量から来る加速性能upは著しいものがあります。あっという間に30km/h超えています。車重はホイールをWH-6700に交換後でほぼ8kgで、MASIより2kg軽いことになります。

登坂能力に関しては、MASIより1枚小さいギアで登れるような感じです。斜度10%超えでも数km程度なら34T-28Tでケイデンス60を何とか保つことができ、10km/h程度で登れます。

FELT Z5 shake down (4)
FELT Z5 shake down (2)
FELT Z5 shake down (5)

全体的にケイデンス80で軽快に走るととても気持ちがよく、ロングランが楽しくなりそうです。
来年度からブルべ用としてメインに使用していく予定です。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Twitter

カウンター

リンク

最新コメント

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。