記事一覧

つくばりんりんロード

2011年9月7日(水)

平日の公休日は今日、明日と12日(月)で終わります。

今日は輪行で茨城県の「つくばりんりんロード」を走ってきました。「つくばりんりんロード」は1987年に廃止になった筑波鉄道(土浦-岩瀬間)の線路跡をサイクリングロードにしたもので、全長約40km、全線ほぼ平坦(岩瀬に向かって若干の勾配)と走りやすそうだったので行ってみました。勾配がほとんどないので、輪行しやすい折りたたみ自転車を持っていきました。

両毛線、水戸線、常磐線と乗り継ぎ9時半頃土浦駅に到着。自転車を組み立てスタートします。

tsuchiura.jpg

常磐線と分かれ、カーブしながら進みます。いかにも線路跡といった感じのカーブで、筑波鉄道を運転しているかのような気分になります。途中駅のいくつかはプラットホームが残り、ベンチがあって休憩ができます。

しばらく行くと国土地理院の精密距離比較基線場があり、写真のようなポストが並んでいます。

post.jpg

少し行くと小田城祉があります。何かの調査を行っているのか、ロープが張り巡らされていました。途中に石塚のようなものがありました。

odajoshi.jpg

常陸北条駅跡から少し横にそれ、北条商店街を走ってみましたが、特にこれというものはありませんでした。

houjoushotengai.jpg


もう少し走ると筑波駅跡です。ここは休憩所となっています。筑波山は目の前です。

tsukuba-ekiato.jpg

次は沿線で一番楽しみにしていた真壁です。古い街並みが残る風情のある町というイメージで来ました。平日の昼間であるためかあまり人通りもなくひっそりとしていました。

makabe.jpg

明治時代の建物である旧真壁郵便局です。現在は観光案内所となっています。真壁に来て気付いたのですが、瓦屋根にブルーシートがかけられている家が目立ち、この辺の地震の被害が大きかったことが分かります。

ここからはラストラン。途中、道が凸凹状になっているところがあり、何故こうなっているのか不明です。

dekoboko.jpg

やがて「つくばりんりんロード」は水戸線に近づいていき、岩瀬駅の構内に入っていきます。駅跡は駐車場と休憩所となっています。駅跡手前を左に折れ水戸線の踏切を渡ってしばらく行くと岩瀬駅に出られます。

iwaseeki.jpg

岩瀬駅到着は13時40分。ここから水戸線、両毛線と乗り継ぎ、16時半には帰宅しました。

今日の走行距離は約48km(北条、真壁での寄り道分を含む)、平均速度14.7km/hでした。道は平坦でしたが、やはり折りたたみ自転車での長距離は大変でした。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

suzy

Author:suzy
自転車、バイク、アウトドア、などの趣味についてダラダラ綴っていきます。
当ブログはリンクフリーです。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter

カウンター

ブログ内検索