プロフィール

suzy

Author:suzy
向かい風と坂が嫌いなフツーの中年サイクリスト。ブルべを中心に走っています。モットーは最小限の走行でシュペール・ランドヌール(SR)を達成すること。貧脚にもかかわらず意外としぶとい。AJ群馬スタッフ始めました。

当ブログはリンクフリーです。

BRM結果

     - 2016年度 -
 BRM220群馬300  17:47試

     - 2015年度 -
 BRM221群馬200  10:14
 BRM314埼玉300  16:37
 BRM321群馬300  16:44試
 Randonneurs
  Tokyo Fleche! DNF
 BRM425群馬400  25:03
 BRM516群馬600  DNF
 BRM718宮城600  DNF
 BRM1003青葉600 DNF
 BRM1011群馬200  9:21試

    - 2014年度 -
 BRM308群馬200  10:29
 BRM329群馬400  DNF
 BRM510宇都宮400 24:59
 BRM517宮城300  15:47
 BRM628群馬600  37:32試
 BRM726群馬200  中止
 BRM927宮城200  9:42
 BRM1004群馬200 10:15

     - 2013年度 -
 BRM323埼玉300   15:04
 BRM413埼玉400   21:13
 BRM525群馬200   11:48
 BRM629群馬200   11:52
 BRM713群馬600   39:15
 BRM1005青葉300  19:32

     - 2012年度 -
 BRM904青葉200   12:07
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ペンギンおじさんの自転車でGo!
HOME > ARCHIVE - 2015年10月
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRM1011群馬200㎞ぐんま絹遺産の旅
「BRM1011群馬200㎞ぐんま絹遺産の旅」の事前認定に行ってきました。世界遺産に登録された富岡製糸場と絹産業遺産群を巡るコースで、荒船風穴、富岡製糸場、高山社跡、田島弥兵旧宅の4箇所を通り、大泉から絹織物の町桐生を抜けて戻るコースとして設計されましたが、荒船風穴だけは自転車で行くのは難しいということで手前で折り返すことになっています。



「BRM1003青葉600㎞天城越え」をDNFしたことにより、4月のぬれ煎400㎞以後一回も完走していないので、さすがにこれでは終われないということで行ってきました。走れる日がブルべ前日の10月10日(土)しかなかったので、天気予報を気にしながら準備を進めました。

ブルべ前日に走るのは一人だろうと思っていたところ、AJ群馬最速のたっちーさんも急遽走れることになったので一緒に出走することになりました。

今回は初投入のTHOMPSON PILOT-RCで走ります。手に入れてから2ヶ月近くたつのですが、まだほとんど乗っていない状態なので、シェイクダウンということになります。

IMG_0578.jpg

6:40頃よしおか温泉に到着し、準備をして6:50にスタート地点に行くとすでにたっちーさんが待っていました。

7:00にスタート、たっちーさんの後ろをコバンザメのようについて行きます。すぐにちぎられるかと思いきや、スピードを合わせていただいたので、牽かれながらついて行きます。

後ろからたっちーさんがどういう風に走るかを観察します。ここでは省略しますが、「なるほど」と思わせるところがたくさんあり、とても勉強になりました。速い人の後ろを走る機会は少ないので、貴重な経験となりました。

コース自体は吉井から高山社跡までがややアップダウンがあるものの割と平坦で走りやすく、この日の天気は曇りで、そんなに暑くもなく寒くもないという好条件だったので楽しく走ることができました。富岡製糸場では多くの人で賑わっており、まるで歩行者天国のようになっていました。反対に、高山社跡や田島弥平旧宅は人気もなくひっそりとしていました。

たっちーさんの絶妙な牽引のおかげで、途中上里町内の食堂で昼食を摂ったにもかかわらず9時間21分という私にとって最速タイムでゴールすることができました。THOMPSON PILOT-RCは軽くて反応がよく速く走ることができるだけでなく、何故か体にダメージが残りにくい素晴らしいバイクでした。

IMG_0582.jpg

久しぶりの完走に安堵感を覚えながら、よしおか温泉で汗を流してから帰宅の途につきました。

今年度のBRMはこれですべて終了です。

関連記事
スポンサーサイト
BRM1003青葉600㎞天城越え その2
PC2を出発する頃、暑さも若干和らいできてホッとします。ここから最初の峠越えである碓氷峠に入っていきます。



登りは基本的に家内とスピードが合わないので、それぞれのペースで登り、頂上で落ち合うことにしていました。しかし今回の私のバイクはハブダイナモ付きホイールを履き、バイクの重量自体11㎏を優に超えていたところに大荷物(家内の荷物を含む)が入って4㎏位のキャラダイスペンドルのサドルバッグを搭載しているせいかいつもより登りがきつく、家内とほぼ同じペースで走ることになってしまいました。

碓氷峠到着は17:00過ぎで、予定時間よりはやや早いものの油断ができない状況になってきました。

IMG_0573.jpg

軽井沢に入ると気温は15℃まで下がり、昼間とは打って変わって寒くなってきます。この後は「追分」交差点を右折し、佐久方面に向かいます。日が暮れ、一層寒くなってきたので途中のセブンイレブン御代田草越店に入り、ウインドブレーカーを着こみます。

佐久市街を越え、国道141号線に入ると再び登り基調になります。ここの登りに意外と時間がかかってしまったので、次のPCから予定時間から遅れ始めることになります。

229.1km地点のPC3セブンイレブン小海豊里店には20:01に通過。1時間19分のマージン。登り区間が多かったので貯金がかなり減ってしまいました。また19:54通過予定だったので、予定時間からも遅れ始めます。

ここからはさらに登り、海ノ口からは本格的な峠越えがあります。ここをゆっくり越え、標高約1350mの野辺山までさらに登ります。野辺山の気温は7℃まで下がり、清里のセブンイレブン山梨清里店でレインジャケットを上に着込んで下りに備えます。

ここからが今回のブルべの大誤算で、次のPC4ま一気に駆け下りようという予定でしたが、暗闇の下りは意外とスピードが出ておらず、また、BRM516群馬600㎞で落車DNFしたことがトラウマとなり家内は下りでスピードが出せず、予定通りに走れなくなってきました。その上、下りということで負荷がかからなくなったせいか、家内ともども眠気を催すようになりました。

韮崎に入ったころ、また家内が後ろから消えたと思ったら、私を見失って何とミスコース。GPSと携帯でやり取りしているうちにどんどん時間が経過します。

298.9km地点のPC4ファミリーマート石和町松本店には0:29に通過。1時間31分のマージン。下り基調なので貯金は増えていますが、通過予定時間の23:15を大幅にオーバーしています。

PC4を折り返すと、仮眠場所として設定されたであろう「石和健康ランド」があり、時間的余裕がないので入るかどうか迷いましたが、眠気が少しでも楽になればということで入ることにしました。風呂につかり少しまどろんで、1:45頃リスタートします。

ここからは時間と眠気との戦いになります。笛吹ラインに入ったころから早速眠くなり、デイリーヤマザキ市川三郷笛吹ライン店で10分ほど仮眠。その後、ローソンL中富飯富店で10分仮眠、身延駅前のバス停のベンチで10分仮眠。

最終的に辺りが明るくなり始めた5:30頃、身延線内船駅の横に差し掛かった地点で眠気の状態と時間的にこれ以上走るのは無理と判断しDNFすることにしました。

敗因はブルべ前夜にほとんど眠れなかったこと、暗闇の下りで意外とスピードが出せなかったことにあり、せめて家内に眠気が起こらず先に行かせることができればまだ可能性はありましたが、家内まで眠気にやられたので万事休すでした。

この後、身延線、東海道線、小田急線と乗り継ぎ、湘南台に戻りました。電車の中で爆睡しました。

私にとっては3年連続のSR、家内にとっては初のSR達成はなりませんでした。このことを踏まえ、来年に再挑戦しようと思います。

関連記事
BRM1003青葉600㎞天城越え その1
2015年度のSR取得の最後の挑戦であるBRM1003青葉600㎞天城越えに家内とともに参加してきました。



このコースは神奈川県藤沢市湘南台の桐原公園からスタートし、東京都と埼玉県の西部を通過し、群馬県の富岡から更に碓氷旧道を越え軽井沢、佐久、野辺山、韮崎、身延、清水を通り、終盤にあるハイライトの天城越えと伊豆から小田原までのアップダウンが厳しいタイトなコースです。

前日夕方に湘南台のビジネスホテルに入り、準備をして早めに就寝しようとしましたが、あいにくなことに御贔屓のヤクルトスワローズのリーグ優勝の一戦が行われており、優勝後の興奮や翌日の走り方のイメージをしているうちに目がさえてきて眠れなくなってしましました。

ほとんど寝られない状態で4:00になり、食事を摂ってスタート地点の桐原公園に向かいました。同じAJ群馬スタッフであるたっちーさんもエントリーしていたのでご挨拶。スタート地点以外でお目にかかることはない方です。また、藤沢市に住む私の会社の同僚が応援に駆けつけてくれました。

IMG_0572.jpg

ブリーフィング後装備品チェックをして順次スタートとなります。また最後尾近くを走ることとなるであろうということで後ろの方からスタートします。朝の気温が気になりまいたが、意外と高いようで、AJ群馬ジャージにアームウォーマーで来ましたがやや暑く感じたので、アームカバーに取り換えました。

厚木からは相模川に沿って走ります。相模川を上流方向に進み津久井湖の近くまで来ると今度は高尾から八王子を通過してあきる野市に入ります。PC1までは100㎞以上あるので、無理せず53㎞地点のセブンイレブンで休憩を入れます。ここまでは予定時刻より30分くらい早く、順調に来ました。

この先、小作まで来るとしばらく一昨年の秋に走った渡良瀬300と同じコースを辿ります。アップダウンが多い区間ですが、それなりにクリアしていきます。小川町で大型車の多い県道30号線から解放され、しばらく行くとPC1 が近づいてきます。

106.0km地点のPC1セブンイレブン寄居赤浜店には11:20に通過。1時間48分のマージン。この時点では余裕がありました。気温は高くなったため非常に暑く、この後ボトル補充で苦労します。

PC1を出てしばらく行き、国道254号線にでてさらに進むと神流川を渡り群馬県に入ります。この神流川を渡る藤武橋に差し掛かった時、後輪に大きな振動が起こり、チェックすると後輪がスローパンクチャーを起こしていました。チューブのバルブの根元に亀裂が入っており少しずつ抜けていったようです。チューブ交換でタイムロス。この辺りから時間的に追い詰められてくるようになります。

暑さのため、予定外の富岡の手前のセーブオンで小休止。富岡市街からは松井田方面に進みますが、このあたりからは登り基調となり、スピードが下がります。「北山」交差点から「五料」交差点までの区間は勾配のきついところがあるのでより時間がかかります。

163.6km地点のPC2ファミリーマート松井田妙義IC店には15:06に通過。1時間50分のマージン。パンク修理と暑さ、登り基調とでほとんど貯金が増えていません。この後、最初の山越えである碓氷峠越えへと向かいます。 ~続く~
関連記事

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter

カウンター

リンク

最新コメント

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。