プロフィール

suzy

Author:suzy
向かい風と坂が嫌いなフツーの中年サイクリスト。ブルべを中心に走っています。モットーは最小限の走行でシュペール・ランドヌール(SR)を達成すること。貧脚にもかかわらず意外としぶとい。AJ群馬スタッフ始めました。

当ブログはリンクフリーです。

BRM結果

     - 2016年度 -
 BRM220群馬300  17:47試

     - 2015年度 -
 BRM221群馬200  10:14
 BRM314埼玉300  16:37
 BRM321群馬300  16:44試
 Randonneurs
  Tokyo Fleche! DNF
 BRM425群馬400  25:03
 BRM516群馬600  DNF
 BRM718宮城600  DNF
 BRM1003青葉600 DNF
 BRM1011群馬200  9:21試

    - 2014年度 -
 BRM308群馬200  10:29
 BRM329群馬400  DNF
 BRM510宇都宮400 24:59
 BRM517宮城300  15:47
 BRM628群馬600  37:32試
 BRM726群馬200  中止
 BRM927宮城200  9:42
 BRM1004群馬200 10:15

     - 2013年度 -
 BRM323埼玉300   15:04
 BRM413埼玉400   21:13
 BRM525群馬200   11:48
 BRM629群馬200   11:52
 BRM713群馬600   39:15
 BRM1005青葉300  19:32

     - 2012年度 -
 BRM904青葉200   12:07
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ペンギンおじさんの自転車でGo!
HOME > ARCHIVE - 2015年08月
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRM718宮城600㎞フラット栗駒石巻(一部除く) その3
PC3を出発して程なく日没を向かいます。ここからは厳しいアップダウンであることは覚悟してきましたが、雨で視界が悪く、クルマも多めなのでスピードを抑えて走ります。気温は下がってきているようですが、登りでの汗でゴアのレインジャケットでも中が蒸れてきて蒸し暑くなります。

ここからは東日本大震災の際の被災地を通るので、しかと状況を見てこようと思いましたが、真っ暗でなにも見えない状態が続きます。

吉浜の先の登りの区間で雨が一時的に止んだので、蒸れて不快なレインジャケットを一旦脱ぎましたが、すぐにまた降り出したので三陸峠前のローソンL大船渡越喜来店で緊急停車し、休憩を兼ねてレインジャケットを着直します。ここに気仙沼方面から駆けつけたスタッフの方がいて、気仙沼より先は雨が上がっているとの情報を得ました。

この先は「道の駅さんりく」に停まり、汗でベトベトの体を拭いて着替え再スタートするか、碁石海岸の先の「湯屋処まつばら」で風呂に入り仮眠を取ってからスタートするかの選択肢を持っていましたが、「道の駅さんりく」の直前のローソンLに緊急停車したため、「道の駅さんりく」は通過することにしました。

この先は三陸海岸の大ボス、三陸峠越えです。雨が降りスピードも乗らず、5km足らずの距離ですがきつかったです。この辺りから持病の腰痛が襲ってくるようになります。後に気づいたことですが、いつもは腰が張ってくるとダンシングで腰の負担を軽減させたりしますが、今回使用したサドルバッグがサドルとの相性が悪くきちんと固定されないため、ダンシングするとサドルバッグが暴れダンシングができず、これが腰痛の原因だったようです。

三陸峠を越え、大船渡市街を過ぎると今度は通岡峠越えが始まります。この登りで腰痛がひどくなり、今年の冬に腰痛で立つこともままならなく時のことを思い出しさすがにまずいなと思いました。この状態ではおそらくコバルトラインは無理と判断し、立てなくなったら自力で帰ることも難しくなるので、やむなく陸前高田(実際は気仙沼)でDNFすることにしました。

DNF後のプランは、とにかく気仙沼駅まで行って大船渡線の始発に乗ることです。腰痛と格闘しているうちに「湯屋処まつばら」を通りすぎたことに気づかず、そのまま陸前高田まで来てしまったので、気仙沼の「気仙沼ほっこりの湯」で朝まで過ごすことにしました。

気仙沼までだましだまし走り、どこかで食事を摂ろうとしましたが、時間が深夜だったので飲食店などは開いておらず、セブンイレブンで弁当を食べ、「気仙沼ほっこりの湯」に向かいます。しかし、「気仙沼ほっこりの湯」はてっきり24時間営業だと思っていましたが、お風呂は1:00a.mまでとのことだったので入館することができず、コンビニのトイレを借りて体を拭いて着替え、気仙沼駅に行き、駅前で輪行の準備をして始発を待ちました(最終的にコース上でのDNF地点は326.1km地点の「気仙沼ほっこりの湯」)。

その後は、大船渡線の始発に乗り一ノ関へ。ここで同じ列車に乗っていたという同じくDNFした若い参加者と一緒になり、小牛田まで一緒に帰り、その後陸羽東線で池月駅まで戻りました。スタート地点が駅からすぐだったので助かりました。

今回、持病の腰痛という原因とは言え、初めて自己起因のDNFとなってしまい非常に悔いの残るBRMとなってしまいました。またここのところのDNF癖については何とか手を打たなくてはなりません。

危機的になってきたSR取得ですが、秋に開催される600㎞ブルべに家内とともに賭ける予定にしています。


関連記事
スポンサーサイト
BRM718宮城600㎞フラット栗駒石巻(一部除く) その2
PC1を出発したもののFメカの調整がうまく行っていないようなので、すぐに路肩に止めて再度調整します。最近のバイクはワイヤー類の調整がフレーム側でないものが主流になっているようで、未だ慣れません。何とかアウターに変速するようになったので、なるべくフロントは動かさないで走ることにします。



平泉からは釜石に出るまで内陸部を通るため、暑さとの戦いとなります。平泉から水沢あたりまでは割とアップダウンが多く、それに暑さが合わさってきつくなってきます。水沢から先はおおむねフラットですが、昼の時間帯であるため熱中症気味になってしまいました。

160.9km地点のPC2ファミリーマート花巻高松店には13:30に通過。2時間13分のマージン。熱中症気味であるのかあまり食欲がわかず、冷たいとろろそばをすすり、カロリーの高めなプリン等で補給します。最近になってブルべ中に食欲がわかなくなることが起こるようになり、さすがにまずいなと思いました。Fメカの調整で時間がとられたので、他の方たちは先にどんどん旅立っていきます。

ここからは釜石まで国道283号線をJR釜石線に寄り添って走ります。遠野までは登り基調ですが大したことはありません。それよりも暑さの方が厳しいです。7月の低地ブルべは出ない方がいいなと思いながら進みます。

途中で、名所である釜石線の「めがね橋」を通ります。我々にとって「めがね橋」は碓氷峠のものが馴染みですが、こちらも趣が違いますが美しい橋だと思います。

P1020218.jpg

途中で給水のため「道の駅遠野風の丘」で休憩。アイスクリームで体を冷却します。遠野を過ぎて旧道に入り、仙人峠を目指します。仙人峠は思ったほどきつくなく、淡々と登ります。長い仙人トンネルを通過すると急に温度が下がり、寒い位になります。不思議なところです。

仙人峠からの下りは急こう配なので注意しながら降ります。釜石に近づくにつれてまた暑くなってきます。

243.6km地点のPC3ローソン釜石駅前店には17:52に通過。3時間24分のマージン。何とか3時間の貯金ができています。ここでも冷たいものしか食べる気がせず、冷やし中華で補給。

IMG_0528 (2)

補給中に雨が降ってきました。これから三陸海岸沿いのアップダウンが始まるのにまずいことになったと思いながらリスタートします。それでもここではまだ完走は問題ないと思っていました。 ~続く~
関連記事

カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Twitter

カウンター

リンク

最新コメント

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。