プロフィール

suzy

Author:suzy
向かい風と坂が嫌いなフツーの中年サイクリスト。ブルべを中心に走っています。モットーは最小限の走行でシュペール・ランドヌール(SR)を達成すること。貧脚にもかかわらず意外としぶとい。AJ群馬スタッフ始めました。

当ブログはリンクフリーです。

BRM結果

     - 2016年度 -
 BRM220群馬300  17:47試

     - 2015年度 -
 BRM221群馬200  10:14
 BRM314埼玉300  16:37
 BRM321群馬300  16:44試
 Randonneurs
  Tokyo Fleche! DNF
 BRM425群馬400  25:03
 BRM516群馬600  DNF
 BRM718宮城600  DNF
 BRM1003青葉600 DNF
 BRM1011群馬200  9:21試

    - 2014年度 -
 BRM308群馬200  10:29
 BRM329群馬400  DNF
 BRM510宇都宮400 24:59
 BRM517宮城300  15:47
 BRM628群馬600  37:32試
 BRM726群馬200  中止
 BRM927宮城200  9:42
 BRM1004群馬200 10:15

     - 2013年度 -
 BRM323埼玉300   15:04
 BRM413埼玉400   21:13
 BRM525群馬200   11:48
 BRM629群馬200   11:52
 BRM713群馬600   39:15
 BRM1005青葉300  19:32

     - 2012年度 -
 BRM904青葉200   12:07
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ペンギンおじさんの自転車でGo!
HOME > ARCHIVE - 2014年10月
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRM1004群馬200㎞ 初めてのブルべ秋 逆回り その2
PC2を出発すると境大橋で利根川を渡り、そこから利根川CRを北上します。ここからは向かい風と予想していましたが、意外と追い風傾向となっており、32km/h位で巡航します。そのうち先行者が見えたので、減速して一定の間隔を置いて追跡します。

利根川橋からはそのまま渡良瀬川沿いを三国橋まで走ります。三国橋を渡り、渡良瀬川CRに入ると渡良瀬川遊水地を右手に臨みます。途中の「道の駅きたかわべ」に寄っている方がおり、後続の人数を把握するのがだんだん難しくなってきます。

新開橋で渡良瀬川の対岸に渡り、県道9号線を少し行ったところのセブンイレブンで給水のためSTOP。ここでは多くの参加者が休憩しており、普段のブルべではあまり見られないようなゆったりとした雰囲気を感じます。休憩中の何人かの方を置いて出発します。

県道9号線をそのまま北上し、佐野市街を通過して先日下見に来た「吉水新田」交差点を右折します。この間でもコンビニで停まっている方がいて、カウントしながら通り過ぎます。

田沼から県道66号線を飛駒に向かって登っていきます。このあたりは一人旅だったので、自分のペースで走れます。飛駒に到着し、老越路峠への曲がり角の手前で一旦STOP。老越路峠はすべてのキャリアの携帯が通じないため、ここで代表のとどにいさんに電話して、途中DNFされた方の人数を確認します。幸いなことに現時点ではDNFはいない(最終的には1名がDNF)とのことです。

ここから老越路峠の登りが始まります。ついこの間登ったばかりなので状況は分かっており、MTBのワイドレシオギアを活かしてじわじわ登ります。途中で久しぶりに見かけた参加者2名をパスします。

155.2km地点のPC3老越路峠には16:03に通過。2時間37分のマージン。ここでは有人チェックとしてスタッフの走忍さんとecotechさんが待っていました。「DNFは今のところいません。私の後ろは6~7名程だと思います。」と連絡すると、まだ到着していない人は11名いるとのことで、やはり見えないところで停まっている方がいたようです。

もう後続の人数の把握は無理と判断したので、ここからはサクッと走ることにしました。桐生市街までの降りで4人位パスしながらガンガンに走ります。西桐生駅のセブンイレブンで家内が店内に入るところを見かけたので一旦停まり、最後の補給をします。ここからは家内を引っ張りゴールを目指します。家内は11時間切りを目標にしていたので間に合うように引っ張ります。

途中、3名の方が後ろに繋がって、5人でひたすらゴールを目指します。「上泉町」交差点を左折すると赤城からの風が行く手を阻みます。ここにきて初めて向かい風となりました。

ゴールの「道の駅よしおか温泉」には18:35に到着。10時間15分(家内は10時間47分)で完走となりました。この後家内は温泉に行き、私は後続の方のゴールを待ちます。そのうちTEAM1のEさんが温泉から出てきてしばらく談笑。Oさんは先に帰宅したとのことでした。二人とも一緒に完走したとのことでした。

今回初めてMTBで走ってみましたが、スピードさえ乗ってしまえば速度維持が楽なので、今日のようなCRが多いコースでは問題なく走れそうです。但し、漕ぎ出しが重いので、市街地のようなSTOP & GOが続くようなところでは厳しいと思います。

最終走者がゴールした頃、家内が温泉から出てきたので先に帰らせてもらうことにしました。スタッフ巡回といった役目が果たせたかというと甚だ疑問ですが、特に事故もなく終えることができよかったと思います。

今年度のブルべは今回ですべて終了です。
関連記事
スポンサーサイト
BRM1004群馬200㎞ 初めてのブルべ秋 逆回り その1
「BRM1004群馬200km初めてのブルべ秋 逆回り」にスタッフとして参加してきました。今回はスタッフ巡回として最後尾を参加者のサポートや巡視をするために走ることにしていました。



コースはその名の通り「BRM524群馬200㎞初めてのブルべ春」の逆回りで、BRM524はコース前半に緩やかに登る峠越えがあるのに対し、BRM1004はコース後半に急坂を登る峠越えがあるので、難易度が上がります。

今回は家内が一般参加でエントリーしているので、5:30前に出発。6:15によしおか温泉に到着して準備を始めます。その後、スタッフのくわめたさんともろQさんが行っているスタート受付を手伝います。家内は1ウェーブで7:50スタートです。その他、TEAM1のEさんとOさんもエントリーしており、二人とも2ウェーブ(8:00スタート)とのことでエールを送ります。

今回、かの有名な黒澤さんもエントリーしており、単独4ウェーブ(8:20スタート)を自己申請(?)されたので、私も4ウェーブスタートとなってしまいました。

今回は速く走る必要がないため、信頼性を重視しFOCUSの29erMTBを持ってきました。一度MTBでブルべを走ってみたいということもありました。私のほかにもMTBで走る方を何人か見かけました。

代表のとどにいさんとコース担当のくわめたさんによるブリーフィングの後、1ウェーブからスタートしていきます。8:20分になり、黒澤さんと同時にスタートします。黒澤さんは全ての参加者を捕まえるとのことなので、あっという間に消えてしまいました。

スタートからPC1までは基本的に利根川CRを走ります。私もMTBで30m/h以上で巡航し、最後尾の方を追いかけます。福島橋辺りで最後尾の方二人連れが視界に入り、300m位間をあけて後を追跡します。その後、五料橋で対岸に移るのですが、この二人は直進してしまい、大声で呼び止めたのですが、そのまま行ってしまいました。そのうちミスコースに気づいて戻ってくると想定してそのまま行くことにしました。「後方2名」と勘定してリスタートします。前途多難です。

次の坂東大橋で再び対岸に移ります。追い風傾向なので走りやすいですが、参加者の皆さんもハイペースで進んでいるようなのでなかなか追いつきません。利根川CRから県道45号線に入り、少し行くとPC1に到着します。

46.3km地点のPC1ミニストップ妻沼運動公園店には10:03に通過。1時間35分のマージン。ほとんどの方はすでにスタートしており、残っていたAJ群馬ブルべではお馴染みのkojikojiさんの話だと、「今日はみんな速すぎる」とのことでした。軽く補給を摂りながら、全員がスタートするのを確認してリスタートします。

IMG_0589.jpg

妻沼からは県道59号線で羽生を目指します。羽生の辺りからは、通りがかるコンビニ毎に参加者が停まっており、これにすべて対応していると収拾がつかなくなるので、人数をカウントしながら通り過ぎます。後ろから追いついてきた方には理由を言って先に行ってもらうなどしながらPC2に向かいます。なかなか大変です。

94.6km地点のPC2ファミリーマート野田関宿台町店には12:35に通過。2時間5分のマージン。ここでは家内とEさん、Oさんと再会。私が到着したことにより、「もう最後尾が来た」と焦っていました。まだ後ろに何人かいることを告げるとホッとしていました。また、同じくTEAM1のNさんが応援にきてくれました。ここではパスタでしっかり補給。

IMG_0590.jpg

もう少し休むという方一人を置いてリスタートします。この後はまたしばらくCRを通ることになります。 ~続く~

関連記事
BRM927宮城200km会津 その4
PC3を単独で出発します。折り返し区間では後続の方とパラパラすれ違うようになります。この時点では私がどのくらいの位置を走っているのか全く把握していませんでした。

先ほど右折した交差点まで戻り、今度は直進して国道294号線方面を進みます。ここからすぐに勢至堂峠の登りが始まります。こちらは標高670m程で鳳坂峠よりは楽でした。

峠を越えると猪苗代湖畔に向かって下っていきます。今日は風がやや強かったので、猪苗代湖周辺の風向きが非常に気になっていましたが、猪苗代湖東側にある山が風をさえぎってくれたので比較的影響なく走れました。

P1010951.jpg

磐梯山を臨みながら広大な猪苗代湖畔を走ります。珍しく最後まで天気が持ってくれたので、楽しく走ることができました。国道49号を会津若松方面に進み、「志田浜」交差点から県道322号線に入ると、ゴールまでラストランとなります。

ゴールの猪苗代町運動公園には15:42に到着。9時間42分で完走となりました。初の200㎞ブルべでの10時間切りを達成できました。しかも3番手ゴールというおまけまでついてきたので、二重の喜びとなりました。

トップゴールの方は8時間30分での完走で、2名同時のゴールとのことでした。先ほどすれ違った先行者は、時間的にトップゴールの方ではないようで、同日開催されていて、同じコースを通る「BRM927千葉600㎞喜多方」の最後尾の方であったようです。

帰り路では、五百川PAで「喜多方ラーメン」なるものを食べ、そこからはどこも止まらず19:00頃帰宅しました。

次のブルべは「BRM1004群馬200km初めてのブルべ秋 逆回り」で、スタッフ巡回を兼ねて走ります。


関連記事
BRM927宮城200km会津 その3
会津美里町から芦ノ牧温泉までは比較的平坦ですが、東からの向かい風傾向となり走りにくくなります。上三寄の集落の近くまで来ると、県道392号線に右折するルートと国道118号線まで直進するコースとがあり、どちらを通ってもいいとのことでした。国道118号線沿いは飲食店等があり、昼食を楽しむ方には都合がよくなっています。一方県道392号線の方は何もありませんが、道が広く通りやすくなっています。私は止まる予定はないのでもちろん県道392号線を選びました。

いずれにしても、国道118号線に合流し、トンネルをくぐると芦ノ牧温泉街に出ます。

P1010937.jpg

ここからは阿賀川沿いを進み大川ダムを見渡します。

P1010942.jpg

この先で何か大がかりな自転車イベント(走行会?)があり、私の前を長い自転車列ができていて大変でしたが、構わずガンガン抜きながら先に進みます。列の先頭まで行きつく前に、この人たちは湯野上の手前で国道121号線の方へまっすぐ行ってしまったので助かりました。

コースはここで左折し国道118号線をさらに進みます。ここからは羽鳥湖を越え、標高822mの鳳坂峠まで登ります。今回はコースは予習してきたのですが、勾配についてはいい加減に見てきたので、斜度は大したことはないですがとても長く感じました。脚を痛めたこともあってかなり苦しみました。

P1010944.jpg

羽鳥湖を通過してからもかなり長く感じました。速度は7km/h位しか出せず、平均速度も20㎞/h近くまで落ち込みます。「何でこんなに登りが遅いのだろう」、と嘆きながら走っていましたが、後続に追いつかれるようなことはなく、「他の人もみんな同じくらいの速度で走っている。坂が速い人は一部の特別な人。」と考えることにしました。

鳳坂峠を何とかクリアーし、天栄村の集落に向かって駆け下ります。国道294号線との交差点で右折し、PC3に向かいます。ここからPC3までは折り返し区間なので、先行者とすれ違うだろうな、と思っていたところ一人しかすれ違いませんでした。

154.6km地点のPC3セブンイレブン天栄松本店には13:30に通過。2時間54分のマージン。意外にもPCに誰もおらず、思わず店名を確認してしまいました。さすがにここではパンとおにぎりで補給。そのうち後続の方が2名到着しホッとします。今日はあまりほかのライダーを見かけなかったような気がします。

ここからは最後の峠越えである勢至堂峠が待ち構えます。 ~続く~

関連記事
BRM927宮城200km会津 その2
道の駅会津柳津からは峠越えとなります。

県道53号線に入り、鄙びたところを通ります。猪鼻の十字路を越えたあたりから更に斜度が大きくなってきて、山道らしくなってきます。

P1010932.jpg

それでもなお快調に進んでおりましたが、この後にトラブルが襲います。

CUE No.22で右折するところがありますが、ここは目印も乏しく分かりにくい箇所となっています。ここだけは事前にGoogle Mapのストリートビューで予習したこともあり、問題なくクリアした、と思った瞬間でした。

P1010934.jpg

右折すると同時に斜度が急に上がるため、クランクを踏みながらリアのギアをローに入れたところ、チェーンがスプロケの外側に落ち、スポークに挟まって動けなくなりそのまま立ちゴケ状態で落車しました(この後もう一回同様なことが発生。それまでは全く問題なく原因調査中。調整が悪かったか?)。チェーンがスポークに挟まり、外すのに手こずったため、20~30分くらいロス。また、落車した際に大腿部の裏側を痛めてしまい、この後の走行に影響が出ます。

何とか復帰しましたが、しばらくはペースが落ち、赤留峠まで苦しい走行となります。何とかクリアーし、会津美里町まで一気に下ります。

92.2km地点のPC2セブンイレブン会津高田店には10:07に通過。2時間05分のマージン。ここでバイクのチェックを行いますが、特にダメージはなく問題なさそうです。PC2ではスタッフによるチェックがおこなわれていました。

ここからは今回の最高地点である(磐梯高原の方が高かった)鳳坂峠に向かいじわじわ登っていきます。 ~続く~



関連記事

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

カウンター

リンク

最新コメント

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。