プロフィール

suzy

Author:suzy
向かい風と坂が嫌いなフツーの中年サイクリスト。ブルべを中心に走っています。モットーは最小限の走行でシュペール・ランドヌール(SR)を達成すること。貧脚にもかかわらず意外としぶとい。AJ群馬スタッフ始めました。

当ブログはリンクフリーです。

BRM結果

     - 2016年度 -
 BRM220群馬300  17:47試

     - 2015年度 -
 BRM221群馬200  10:14
 BRM314埼玉300  16:37
 BRM321群馬300  16:44試
 Randonneurs
  Tokyo Fleche! DNF
 BRM425群馬400  25:03
 BRM516群馬600  DNF
 BRM718宮城600  DNF
 BRM1003青葉600 DNF
 BRM1011群馬200  9:21試

    - 2014年度 -
 BRM308群馬200  10:29
 BRM329群馬400  DNF
 BRM510宇都宮400 24:59
 BRM517宮城300  15:47
 BRM628群馬600  37:32試
 BRM726群馬200  中止
 BRM927宮城200  9:42
 BRM1004群馬200 10:15

     - 2013年度 -
 BRM323埼玉300   15:04
 BRM413埼玉400   21:13
 BRM525群馬200   11:48
 BRM629群馬200   11:52
 BRM713群馬600   39:15
 BRM1005青葉300  19:32

     - 2012年度 -
 BRM904青葉200   12:07
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ペンギンおじさんの自転車でGo!
HOME > ARCHIVE - 2014年08月
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一ノ倉沢まで
2014年8月20日(水)

今日は公休日。夕方までは天気が持ちそうなので、前日からどこかに行こうと考えていました。ツイッターでそうつぶやいていると、AJ群馬スタッフの先輩であるくわめたさんも丁度夏休みでどこかに行こうとしていたとのことだったので、一緒に行こうということになりました。行先はくわめたさんにお任せということで押しつけてしまいましたが、暑くなるとのことだったので涼しい谷川岳方面に行くことにしました。



くわめたさんと粕川町のセブンイレブンで集合。くわめたさんはきれいなグリーンメタリックのライジン号、私はORCD01で出動。ともにクロモリフレームに革サドルと嗜好が同じようです。赤城南面道(国道353号)を使って北上します。途中からオダックス埼玉の定番コースと教えてもらった県道255線を通り沼田市に入ります。

その後国道291号で一路谷川岳に向かいます。途中、デイキャンプで来たことがある湯檜曽公園の横を通り、土合方面に登っていきます。谷川岳ロープウエイの土合口駅からは車が入れなくなるため、散策している人をパスしながら自転車で行けるところまで行くことにします。時折、涼しい風が吹いてきて、とても気持ちがいいです。

終点の一ノ倉沢からは通行止めとなるので、ここで折り返すことになります。

IMG_0555.jpg

P1010910.jpg

P1010916.jpg

向こうに見える谷川岳の中腹には雪が残っています。きれいな湯檜曽川の冷たい水で顔を洗ってさっぱりします。涼しくて帰るのが嫌になります。

しばらくのんびりした後、来た道を引き返して、水上で蕎麦の昼食を摂ります。沼田からは国道17号線で素直に下り、暑さにうんざりしながら、何度かコンビニ休憩を挟んで帰宅の途につきました。
関連記事
スポンサーサイト
赤城旧道下見
2014年8月15日(金)

赤城山を南側から登るには、表ルートである県道4号線(前橋赤城線)と、旧道と呼ばれる県道16号線(大胡赤城線)があります。観光路線としての機能を持ち、赤城山ヒルクライム大会のコースとして使用される前者に対し、道幅が狭くカーブが多い後者はクルマもあまり通らない裏ルートとなっています。

AJ群馬が9月14日に開催する「上毛三山」のコースはこの裏ルートを通ることになっています。こちらのコースの方が表ルートより勾配がきつく、果たして登りきることができるのかという疑問がわいたので、行ってみることにしました。



とにかく三夜沢町の交差点に向かいます。補給食を持ってこなかったので途中で仕入れようとしましたが、何も買わずに何となく三夜沢まで来てしまい、コンビニ探しに国道353号線を嶺公園の方まで行く羽目になってしまいました。

「三夜沢町」交差点に戻り、ゆっくり登り始めます。赤城神社のところを右折すると赤城山オートキャンプ場があり、盆休みを利用した家族連れでにぎわっています。ここに自販機があったのでドリンクを確保しておけばよかったのですが、そのまま通過してしまい、またボトルを1つしか持ってこなかったため、後になって大失敗だったと知ることになります。

6~8%の勾配を8km/h位でゆっくり登ります。「上毛三山」はこの後さらに榛名と妙義を登るので、ここで脚を使いきらないようにします。しかしボトルの水が切れかかると肉体的にも精神的にも追いつめられました。

何とか最初の牛石峠までたどり着き、一休み。更に小沼に向かいます。

IMG_0546.jpg

この先の八丁峠までは大したことないと思っていましたが、ボトルの水が切れた状態ではどうにもならないくらいきつかったです。小沼を通過し、赤城山公園ビジターセンターで休憩。やっとのことで飲み物にありつけて生き返ります。

この後は大沼の横を通り、表ルートで下山します。「上毛三山」はこの後榛名に向かいますが、現状ではとても無理との判断しました。、おそらく認定試走はDNSになるかと思います。

IMG_0547.jpg

赤城山総合観光案内所まで少し登って、お約束のソフトクリームをいただきます。

IMG_0550.jpg

この後、小暮まで下っていつもの道を引き返しますが、疲労困憊で食欲もわかず昼食を摂らずに帰宅しました。


関連記事
Panasonic ORCD01
Panasonic ORCD01です。BRM329群馬400㎞中に事故に遭い、廃車となったPanasonic FRCD01(フレーム組)の身代わりに購入したものです。

エンデュランスやブルべ用に開発されたバイクで、ディスクブレーキ搭載が大きな特徴です。

P1010899.jpg

本当は今回もFRCD01のフレームを購入して組もうとしていましたが、ディスクブレーキ用のホイール単体が手に入らなそうだったので、完成車であるORCD01にしました。色に関しては前回はパールホワイトでしたが、今回は何となくS.Mディープブルーにしました。

完成車でしたが、重量が意外と大きかったことと、走りが重い感じがしたので、パーツはかなり変更しています。パーツの変更に関しては、バイクをクラシックレーサーのような感じにしながらも、同時に軽量化を図ることを旨としました。

サドルはセラアナトミカ タイタニコXで、ロングライドの尻痛対策で導入、600kmブルべを快適にこなすことができました。

ハンドル、ステム、シートポストは、軽量でクラシカルなRitcheyのClassicシリーズを採用。オリジナルのパーツに関しては、ハンドルとステムは軽量でしたが、シートポストが重く、パーツ変更により50gの軽量化となりました。

一番重要なパーツ変更はホイールで、オリジナルのシマノの完組ホイール(WH-RX31)がリムフラップ付きで2,040gと重かったので、手組の軽量ホイールに交換しました。ハブはディオーレXT、リムはX-Keymet XR-19W、スポークはホシの#14-#15のダブルバテッドで、クラシカルに仕上げました。重量はリムフラップ付きで1,790gで、250gの軽量化となりました。試走したところ、リムが軽いせいか、漕ぎ出しは明らかに軽く、速度維持も楽になり、乗り心地も向上しました。

P1010900.jpg

P1010902.jpg

他に重量で効くところはスプロケで、CS-4600 12-30Tから CS-5700 11-28Tに変更で70g減。結果、バイクの総重量は10㎏を切るまでになりました(サドルが重いので、なかなか軽くならない)。

今後のブルべはこのバイクをメインに使用していく予定です。

関連記事

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Twitter

カウンター

リンク

最新コメント

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。