プロフィール

suzy

Author:suzy
向かい風と坂が嫌いなフツーの中年サイクリスト。ブルべを中心に走っています。モットーは最小限の走行でシュペール・ランドヌール(SR)を達成すること。貧脚にもかかわらず意外としぶとい。AJ群馬スタッフ始めました。

当ブログはリンクフリーです。

BRM結果

     - 2016年度 -
 BRM220群馬300  17:47試

     - 2015年度 -
 BRM221群馬200  10:14
 BRM314埼玉300  16:37
 BRM321群馬300  16:44試
 Randonneurs
  Tokyo Fleche! DNF
 BRM425群馬400  25:03
 BRM516群馬600  DNF
 BRM718宮城600  DNF
 BRM1003青葉600 DNF
 BRM1011群馬200  9:21試

    - 2014年度 -
 BRM308群馬200  10:29
 BRM329群馬400  DNF
 BRM510宇都宮400 24:59
 BRM517宮城300  15:47
 BRM628群馬600  37:32試
 BRM726群馬200  中止
 BRM927宮城200  9:42
 BRM1004群馬200 10:15

     - 2013年度 -
 BRM323埼玉300   15:04
 BRM413埼玉400   21:13
 BRM525群馬200   11:48
 BRM629群馬200   11:52
 BRM713群馬600   39:15
 BRM1005青葉300  19:32

     - 2012年度 -
 BRM904青葉200   12:07
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ペンギンおじさんの自転車でGo!
HOME > ARCHIVE - 2014年07月
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRM726群馬200㎞群馬の果てを尋ねて…毛無峠編 中止
草津白根山の噴火警戒レベルが2に引き上げられ、6月3日から志賀草津道路の殺生ヶ原-万座三差路間が通行止めになりましたが、6月14日より9時から17時までの間のみ車両が通行できるようになりました。したがって「BRM726群馬200km群馬の果てを尋ねて…毛無峠編」は何とか開催できる見込みでしたが、7月24日より再び全面通行止めになってしまいました。

以下引用文

草津白根山の火山性地震が増加しており、7月24日(木)午前9時から下記のとおり通行規制を行っていますのでご注意ください。
なお、通行規制中、草津温泉・万座温泉へは次のルートでお越しいただけます。また、両温泉への宿泊は、通常どおりご利用いただけます。
• 気象庁により草津白根山の噴火警戒レベルがレベル1(平常)からレベル2(火口周辺規制)に引き上げられ、6月3日(火)午後6時から通行規制が行われています。6月14日(土)午前9時から一部の時間帯(午前9時~午後5時)において車両が通行できるようになりましたが、現在は全面通行止めとなっています。

  ~群馬県HPより

したがって、AJ群馬としては方針通り、このブルべを中止し、参加者全員を「BRM914群馬200㎞上毛三山」に振り替えることになりました。

「中止」なので、私の試走も認定されないということになってしました。残念ですが、毛無峠の絶景を見れた時点で満足したので、まあいいか・・・という感じです。

ちなみに、次の「BRM914群馬200㎞上毛三山」を走るかどうかはまだ決めていません。
関連記事
スポンサーサイト
BRM726群馬200㎞群馬の果てを尋ねて…毛無峠編 完走
職場恒例の夏期間の変則休日のため7月17日木曜日が公休日となったので、「BRM726群馬200㎞群馬の果てを尋ねて…毛無峠編 【山岳】」の認定試走に行ってきました。タイムアウト覚悟で出走しましたが、12時間35分で辛くも完走しました。

このブルべはタイトルの最後に【山岳】がつくように、「100㎞当たり獲得標高2,000m以上のコース」とAJ群馬で定義している厳しい山岳コースとなっています。当コースも獲得標高約4,100mであり、本来登りの苦手な私が走るようなコース設定ではありません。

走ってみた感想は、とにかくきつくてしんどいということに尽きます。須賀尾峠を越えたのち、群馬大津から白根山レストハウス(現在閉鎖中)まで約25kmを延々と登るので、途中で出走したことに何度も後悔しました。しかし、毛無峠の絶景を見て、やはり来てよかったなとつくづく思いました。

kenashitouge.jpg

P1010890.jpg

毛無峠の上では、

「今日はタイムアウトになってもいいかな…」

と思えるくらい充実感がありました。

最終的には折り返し後の下りで時間を稼いで、何とかPC2のクローズに間に合いました。また、PC2からはまたしても恒例の強い雨に降られ閉口しました。

白根山の噴火警戒レベルの上昇によって一時は開催が危ぶまれましたが、今のところは何とか開催できそうなので、厳しいコースですが、是非毛無峠の絶景を参加者の方々に堪能していただきたいと思います。

関連記事
ディスクブレーキ用ホイール
先日の600kmブルべの試走の際に使用したPanasonic ORCD01ですが、何となく走りが重く、登りも普段よりややきつく感じました。その理由を知るべくいろいろ調べてみました。

ブルべの装備を外した状態でのバイクの重量は10.6kgあり、事故で失った先代の同形式のバイク(フレームセットを購入して組んだもの)が9.7kgだったので、あまりにも重く驚いてしまいました。

重くなった一つの理由がサドルで、フィジークのアリアンテ(約250g)とセラアナトミカ(約500g)の差約250g重くなったことになります。それでもまだ650g重いことになります。

その他で先代と違うところは、ホイールとハンドル、ステム、シートポストです。コンポは同じ5700系105なのでほとんど変わらないと思います。強いて言えばスプロケが12-28Tから12-30Tになっているので、わずかに重くなると思います。ハンドル、ステム、シートポストはカタログ上にメーカーの記載がないので、あまりいいものではないようです。

そんな中、走り自体が重く感じることからホイール(WH-RX31)が特に怪しいと思い、タイヤ、スプロケ、ローターを外した状態の重量を測ってみました。すると、リムフラップ付きで前後合計で2,040g(QRなし)ありました。シマノの完組ホイールで一番安いWH-R501よりも重いです。また、スポークの数等から考えるとどうもリムが重いようです。

ホイール重量は走りに大きく影響することは周知の事実で、かつ、特に遠心力のかかる周囲部(リム、タイヤ)は最も重要な部分であります。ここが重いことが走りを重くしているようです。先代のバイクに使用したホイールはディオーレXT(WH-M785-29)であり、これは前後で1,830gなので、約250g重くなっていることになります。

これを何とかするべくいろいろ検討しましたが、現段階では手ごろな完組ホイールは発売されていません。そこで手組みホイールを検討することにしました。

調べると軽量アルミリムと高性能のハブで組めば、そこそこ軽くて性能のいいホイールができそうだということがわかりました。早速部品の手配です。リムはX-Keymet(KINLIN) XR-19Wのシルバー、ハブはディオーレXT(HB-M785およびFH-M785)のシルバーを選び、クラシカルなイメージで組むことにしました。当初、ハブは11速化が可能なようにCX用(HB-CX75およびFH-CX75)にする予定でしたが、28本スポーク用しかないことに気づき(28本スポーク用のリムが入手しにくい)、当面11速化の予定はないのでディオーレXTにしました。スポークはホシの#14/#15のバテッドタイプにして、少しでも軽量にする予定です。これらはCycle Shop ONEに依頼しました。

この仕様でおそらく1,800g前後になるかと思います。やや重いですが、リムが軽量なので、走りはかなり軽くなると思います。

後は、ハンドル、ステム、シートポストを軽量なRitcheyのクラシックシリーズに交換すれば、総重量10㎏程度に収まるようになるのではと思います。


関連記事
BRM628群馬600㎞のんびり新潟 その4


PC6を出発すると、堀之内で一時国道17号線から離れて県道371号線に入り、小出駅の横を通ります。

P1010798.jpg

その後、「五箇」交差点から再び国道17号線に入り、ここから三国峠を越えた先まで約80㎞CUEがありません。日が高くなるにつれて暑さが増し、気温も30℃を越え、きつくなってきます。また眠気を覚えたので、五日町のセブンイレブンに緊急停車。メガシャキとアイスで気合を入れます。

六日町を越え、石打まではカンカン照りでしたが、湯沢に登るころからだんだん曇ってきて、雷が鳴ってきました。昼食のため湯沢のセブンイレブンで停車。牛めしで腹ごしらえします。

この先の「田中」交差店から三国の登りが本格的に始まりますが、このあたりで雨が降ってきました。レインジャケットを着こみ先を急ぎます。三国峠は登って少し下ってまた登るの繰り返しで少し損した気分になりますが、斜度は最大でも6%位なので走りやすいです。この後三国トンネルまでは降ったり止んだりで雨に翻弄されます。雨の三国峠は湯沢までの暑さが嘘のように寒かったです。

P1010803.jpg

三国トンネルの手前では雨が上がっていましたが、超えると土砂降りとなっており、この状態の中で下りに入ります。ここでORCD01のディスクブレーキの真価を発揮されます。リムブレーキならば必死にブレーキレバーを握らなくてはなりませんが、ディスクブレーキは余裕をもって減速でき、非常に助かりました。

「上新田」交差点で17号線と分かれ、高山村の赤根峠の登りに入ります。高山村の2つの峠はルートラボの起伏図を見ると、三国峠の後に付け足したようにありますが、結構勾配がきつく、脚が終わりかけている状況での登りなので、三国峠よりもきつく感じます。赤根トンネルまでとても長く感じました。

558.8km地点のPC7セブンイレブン高山中山店は17:51に通過。2時間25分のマージン。貯金が減っています。登り区間であったので遅いのは分かりますが、ちょっと遅すぎです。新潟では暑くてロックアイスにスポーツドリンクでしたが、ここでは寒くて、ホットコーヒーにカップヌードルで補給しました。

IMG_0517.jpg

この後、最後の峠である中山峠を越えます。ぐんま天文台のあるところで、こちらは赤根峠よりは少し楽でした。峠を下って渋川市に入り、「下川島」交差点で左折すると、後は昨年のBRM629ダム巡りと同じコースをたどります。途中で雨が上がりました。

誰も待っていないゴールの高崎城南大橋下には20:32に到着。37時間32分での完走となりました。これでSR獲得です。何とか完走しましたが、区間ごとのペースのバラつきが非常に大きく、課題の残るものとなりました。サドルに関しては400㎞過ぎで多少お尻に違和感を感じるようになりましたが、総じて600㎞の走行に耐えることができました。

次は「BRM726群馬200㎞群馬の果てを尋ねて…毛無峠編」の認定試走に行く予定ですが、この山岳コースを走り切る自信はなく、走るかどうか思案中です。

関連記事
BRM628群馬600㎞のんびり新潟 その3


PC4を出発し、「木山」交差点を左折すると四ツ郷屋浜に出ます。ここからはしばらく海岸沿いを走ります。群馬県民にとって海はなかなかお目にかかれないので、昼間に走りたかったとも思いましたが、夜の海もなかなかよかったです。

関屋分水路を越え、更に海岸沿いを進むと、総工費1,400億円の「新潟みなとトンネル」に入り、信濃川を越えます。

P1010793.jpg

ここでは自転車は車道を通れないので、歩道を走ります。細い通路のような明るい歩道を通過すると最後に真ん中にスロープがある出口階段があり、自転車を押して上がります。

この後、国道113号線に出て松浜橋で阿賀野川を渡り、PC5に向かいます。このあたりから信号峠に阻まれるようになります。

347.8km地点のPC5セブンイレブン新潟神谷内店は1:53に通過。4時間15分のマージン。ここから折り返しとなります。

国道113号線を引き返し、新潟市街に入ります。信号峠は相変わらずで、なかなかスピードに乗ることができません。

新潟県庁を過ぎた先に24時間営業の「ホンマ健康ランド」があります。当コースの仮眠場所と選定されたところで、ここには2:45頃到着。この時、眠気はあまりなかったのですが、体が休みたいと訴えてきたので、ここで素直に仮眠を取ることにしました。風呂に入り、仮眠所は他の人の鼾で通常なら寝られるような環境ではありませんが、疲れていたのかすぐに寝れました。1時間くらい仮眠を取ったのち5:15に出発しました。

スタートした時はすでに明るくなっており、朝のすがすがしい中をマイペースで走ります。親戚の家の近くを通り、燕市を通過し、長岡市に入ります。日が登ってくるにつれてだんだん暑くなってきました。中之島のセブンイレブンにて冷たい塩ラーメンの朝食を摂ります。

この後、長岡市街を通過し、国道17号線を通って信濃川の東岸を走り、小千谷を通過しPC6 に向かいます。

448.7km地点のPC6セブンイレブン中越川口店は9:53に通過。3時間3分のマージン。当然ながら、仮眠を取った分貯金が減っています。この先、湯沢あたり休憩を取ることにしていたので軽い補給でスタートします。ここからは最後の難所、三国峠越えが待っています。 ~続く~



関連記事
BRM628群馬600㎞のんびり新潟 その2


PC2を出発すると、屋代を通過し、徐々に進行方向を北から北東に変えていきますが、囲まれた山の影響なのか向かい風傾向は変わらず、依然としてスピードが上がりません。

P1010782.jpg

松代、須坂、小布施を通過し、中野市の「草間」交差点のセブンイレブンで休憩します。PC2とPC3の間は135km程あるので、この間は2ストップで行く予定にしていました。

この後、飯山市まで北上します。飯山は来年開業予定の北陸新幹線の駅となるので、その立派な駅舎の姿が見られます。

P1010786.jpg

ここからは山の麓を千曲川に沿って走るので、風の影響が少なくなり走りやすくなります。JR飯山線と並走する細い県道をひたすら走ります。体力的にも精神的にも消耗し、ダラダラのんびり走っていると、予想よりも時間がかかっていることに気づきます。道の駅「信越さかえ」で2回目の休憩を取るつもりでしたが、止まらなくても大丈夫なようなので先に進みます。

新潟県に入り、津南町を越え、十日町市に入ると宮中ダムを見渡せるところを通ります。日がだいぶ傾いてきました。何とか暗くなる前にPC3に着きたいとおもっていましたが、無理そうです。

P1010790.jpg

県道49号線を使って小千谷方面に向かい、完全に暗くなったところで出てくる「雪峠」という小さい峠を超えると間もなくPC3に到着します。

249.4km地点のPC3セブンイレブン小千谷上ノ山店は20:35に通過。3時間1分のマージン。思ったより時間がかかっています。ここまで250㎞ほど走りましたが、お尻が痛くなることは全くなく、セラアナトミカの効果絶大です。但し、すでに革が伸びてきて形が変わってきたので、調整ネジを少し締めました。

ここからは平坦区間に入り走りやすくなります。少しペースに上げ、先を急ぎます。私は新潟市(南区)生まれなので、与板まで来ると知っている道が多くなります。夜の新潟の雰囲気を懐かしく思いながら、ひたすら走ります。

311.5km地点のPC4セブンイレブン新潟松野尾店は23:51に通過。3時間53分のマージン。折り返しのあるPC5までは36kmほどなので、軽く補給を摂ってスタートします。 ~続く~
関連記事
BRM628群馬600㎞のんびり新潟 その1
先にも書いた通り、「BRM628群馬600㎞のんびり新潟」のスタッフ認定試走に行ってきました。仕事の都合で6月20日の金曜日にスタートすることにしました。

初めてのスタッフ認定試走で一人で走ることになりましたが、自分のペースを維持しやすい(ペースを乱されない)という面がある一方、気の緩みでだれた走りになってしまうという面もあり、どちらがいいかは一概に言えないようです。



7時スタートのため、6時前に自宅を出発し、高崎城南大橋に向かいます。今回使用するバイクは新たに投入するPanasonic ORCD01です。サドル以外はディフォルトのままです。サドルは尻痛対策で導入したセラアナトミカです。評判のいいセラアナトミカですが、ぶっつけ本番なのでどうなるかは見当もつきません。

7時になるのを確認してスタートします。まず富岡まで出る間に一つ小さな峠を越えます。いきなりそこそこの登りが出てきたので面喰いました。何とかクリアし富岡市街に向かいますが、今度は朝のラッシュに引っ掛かり、スピードが上がりません。平日スタートの定めなので仕方ありません。

P1010757.jpg

国道254号線に入るとやっとスピードに乗ることができ、距離を稼いでいきます。荒船の湯の先で旧道に入り、きつい登りが始まります。

P1010766.jpg

今回のコースの中では、ここからの内山峠越えが第1関門となります。途中斜度14%くらいの登りをよじ登り、再び本道に合流します。ここからは比較的勾配が穏やかで走りやすかったです。汗をかきながら登り切り、内山トンネルが見えてきました。

P1010771.jpg

ここからは下りとなり、猛スピードで駆け下ります。「北耕地」交差点を右折するとPC1があります。

62.7km地点のPC1セブンイレブン佐久平賀店は10:19に通過。45分のマージン。登り基調の区間だったのでやや時間がかかりました。軽い補給の後、スタートします。

この後、小諸までは平坦区間ですが、細かいアップダウンがあり、意外と走りにくいです。「耳取北」交差点を左折するとここからは昨年の「BRM713安房峠」で通った道を逆走します。小諸からは下り基調となります。しかし、何故か強い向かい風が吹いてきており、意外とスピードが出ません。

千曲川の橋の上で小休止。のどかでいい所なので、風景をバックに記念写真を撮ります。

P1010775.jpg

ここからは千曲川に沿って新潟まで進んでいきます。途中、上田市あたりで雨がぱらついたところがありましたがすぐに止み、天気は今のところ味方になってくれています。

113.7km地点のPC1セブンイレブン上山田店は13:01に通過。1時間27分のマージン。向かい風のためペースがなかなか上がりません。昼食時ということもあり、ここではしっかり補給します。  ~続く~

関連記事

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Twitter

カウンター

リンク

最新コメント

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。