プロフィール

suzy

Author:suzy
向かい風と坂が嫌いなフツーの中年サイクリスト。ブルべを中心に走っています。モットーは最小限の走行でシュペール・ランドヌール(SR)を達成すること。貧脚にもかかわらず意外としぶとい。AJ群馬スタッフ始めました。

当ブログはリンクフリーです。

BRM結果

     - 2016年度 -
 BRM220群馬300  17:47試

     - 2015年度 -
 BRM221群馬200  10:14
 BRM314埼玉300  16:37
 BRM321群馬300  16:44試
 Randonneurs
  Tokyo Fleche! DNF
 BRM425群馬400  25:03
 BRM516群馬600  DNF
 BRM718宮城600  DNF
 BRM1003青葉600 DNF
 BRM1011群馬200  9:21試

    - 2014年度 -
 BRM308群馬200  10:29
 BRM329群馬400  DNF
 BRM510宇都宮400 24:59
 BRM517宮城300  15:47
 BRM628群馬600  37:32試
 BRM726群馬200  中止
 BRM927宮城200  9:42
 BRM1004群馬200 10:15

     - 2013年度 -
 BRM323埼玉300   15:04
 BRM413埼玉400   21:13
 BRM525群馬200   11:48
 BRM629群馬200   11:52
 BRM713群馬600   39:15
 BRM1005青葉300  19:32

     - 2012年度 -
 BRM904青葉200   12:07
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ペンギンおじさんの自転車でGo!
HOME > ARCHIVE - 2014年05月
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRM517宮城300km最上川 その2
PC2を出発するとしばらく折り返しとなるので、後続の方とすれ違いますが、その中に妙に着座位置の高い自転車がこちらに向かって走ってくるので、よく見るとオーディナリー(昔の自転車のように前輪が大きく、後輪が小さい自転車。三輪車のようにクランクが前輪のハブの位置についているもの)でした。後で聞いた話だと、これに乗っていた方はロードではいつもトップゴールする実力者とのことで、普通の人にはまねできない芸当です。

狩川まで戻ったのち、来た道と分かれ、再び最上川に沿って走ります。雨は相変わらずで止む気配は全くありません。

砂越の辺りで最上川と分かれ、遊佐に向かって走ります。ここまで調子よく走っていたのですが、120㎞地点に来た時にパンクしていまいました。スポーツバイクに乗るようになって初めてのパンクで、更にタイヤをよく見るとサイドカットも発生していて参りました。サイドカット修理用にタイヤブートを持っていましたが、雨でぬれていると接着力がなく修理が難しかったので、あっさりガムテープで補修しました。どこまで持つかわかりませんが、なるべくタイヤに負担がかからないように走らなくてはなりません。また、雨降る中でのチューブ交換は、手が滑るのでタイヤを嵌めるのに苦労しました。

所要時間30分くらいでリスタートします。ここまで平均速度21~22km/hで来ていたのですが、ここで19km/h台まで落ち、ひそかに狙っていた15時間切りが難しくなり、モチベーションが下がります。

136.4km地点のPC3サンクス遊佐西浜店には12:53に通過。2時間11分のマージン。長くいると寒いので早々に出発します。

この後、国道344号線に入り、このブルべでは比較的難所である青沢越えが始まります。難所と言ってもそんなにきつい登りはなく、補給箇所がなく、路面がやや悪いという以外では特に問題ありません。裏を返せば、雨さえ降らなければ楽しく走れる道です。路面が悪いので、タイヤをいたわりながら進んでいきます。

青沢越えをほぼ一人旅で進み、真室川を通過し金山町に入り、国道13号線に入ると間もなくPC4に到着します。このころどうも軽いハンガーノックを起こしており、出力が落ち、平坦路でも18km/h位しか出せなくなっていました。

199.2km地点のPC4ファミリーマートやまろく金山店には16:32に通過。2時間44分のマージン。ここではしっかり補給を摂り、回復させます。 ~続く~


関連記事
スポンサーサイト
BRM517宮城300km最上川 その1
初の遠征ブルべ、BRM517宮城300km最上川に参加してきました。

5月の新緑の中を流れる最上川を見ながら、楽しく走ろうと思いエントリーしていたのですが、当日は前線の影響で天候が悪く、西からの風が強く吹くとのことでしたので、DNSするかどうか迷ったのですが、ここで300㎞走っておかないとSR取得が難しくなるので強行しました。



6:00スタートなので、前日21:00頃自宅を出発し、1:00頃山形道の古関PAで寝袋車中泊。4:30頃にスタート地点の最上川ふるさと公園に到着しました。

この日の山形県の天候は、山形市付近は曇り時々雨、庄内地方は終日雨予報です。しかし、スタート地点では雨が上がっており、晴れ間も見えたので、天気予報がいい意味で外れるといいなと思っていました。気温は5月にしては低く、10℃位です。今回は最高気温も10℃そこそこにしかならないようなので、冬用のジャージに冬用のロングレーパン、雨用に新調したゴアテックスのレインジャケットを着こんでスタートします。

IMGP0059.jpg

ブリーフィングを終え、スタートは一斉スタートなので、車検を受けた者から順次スタートします。寒河江市街を通過して少し行くと早くも最上川を渡り、PC1に到着します。

32.5km地点のPC1セブンイレブン尾花沢南原店には7:16に通過。1時間23分のマージン。早くも曇り空になってきており、風も強くなってきました。これからPC3の遊佐までは基本向かい風となります。

ここからは大石田駅を越え、アップダウン区間に入り、鄙びた地域に入っていきます。このあたりから雨がぱらついてきます。舟形町に入ると最上川沿いを走ります。あいにく最上川は雨の影響で濁流となっており、イメージしていたものとはかけ離れた風景となっています。

IMGP0066.jpg

戸沢村に入るころには雨が強くなってきたので、「道の駅とざわ」でレインパンツとシューズカバーを装着します。風は強いですが、セミディープホイールのおかげで何とか25km/hを維持できています。

風が強い場所として風車村がある狩川を通過すると、間もなくPC2です。

IMGP0069.jpg

PC2では折り返しとなりますが、PC2につく少し前でトップのライダー(ランドヌール誌でおなじみの五十嵐さんだったと思う)とすれ違ったので、トップとはそんなに離されていないようです。

93.5km地点のPC2ファミリーマート藤島店には10:19に通過。1時間57分のマージン。立ったまま補給をしていると、親切にもお店の方がベンチを出してきてくれました。気温は10℃を割っており、休憩していると体が冷えてくるので、早々にリスタートします。ゴアテックスのレインジャケットの効果は絶大で、走っていても蒸れず非常に快適です。 ~続く~

関連記事
BRM524群馬200㎞ 初めてのブルべ春
「BRM524群馬200㎞初めてのブルべ春」が無事終了しました。

今回は私も「初めての・・・」の通り、新米スタッフとして一日過ごしてきました。7時から受付が始まるので、参加者である家内と一緒に6時半に現地入りし、まず駐車場の誘導係を仰せつかり、7時20分まで駐車場に立ち、ブリーフィング後に、AJ群馬代表のとどにいさんとくわめたさんと3人でPC1の老越路峠に向かいます。

PC1では、通過時間の記録係となり、その合間に参加者の方の写真を撮らせていただきました。カメラを向けると、参加者の方々が実に楽しそうな表情をされているので(本当は大変なのかもしれませんが…)、こういう姿を見るとスタッフとしてうれしいですね。

最後尾の方がPC1を出発するのを待って、PCを撤収し、途中「道の駅どまんなかたぬま」で昼食を摂り、巡回ということでPC2に向かいます。PC2までは向かい風となるのでやや厳しそうです。

PC2以降は特に速い方とは遭遇することはありませんでしたが、多くの参加者の方とお話をすることができ、また、いろいろなバイクのパーツや装備などを拝見させていただくことができて、非常に勉強になります。

この後PC3までコース通りに進み、PC3で少し過ごした後、上武国道でゴールのよしおか温泉まで戻ってきました。PC2以降はほぼ追い風傾向で。、暑かったようでしたが比較的楽に進めたのではないでしょうか。但し、よしおか温泉辺りまで来ると、再び向かい風となっていました。

家内は、TEAM1の方々についてほぼ全区間走ったようで、11時間44分で完走。ややペースが速かったようで(同走するのが私でないので、スピードを合わせてくれない)、大変だったそうです。

家内がよしおか温泉で汗を流し終わった時点でまだ3名の方が走行中とのことでしたが、他のスタッフの方のご厚意に甘え先に帰らせていただきました。

今までは参加者としてのみでブルべに参加していましましたが、スタッフとしてお世話する方に回るのもいろいろ勉強になって有意義だと思いました。

次のブルべはBRM628群馬600㎞ですが、スタッフ認定試走で事前に走ることになったので、当日はスタッフとして過ごします。参加される方はよろしくお願いいたします。


関連記事
BRM524群馬200㎞初めてのブルべ春 スタッフデビュー
2014年5月23日(金)

明日はAJ群馬主催の「BRM524群馬200㎞初めてのブルべ春」が開催されますが、今回からAJ群馬のスタッフに加えていただくことになりました。

明日のブルべは題目通り、初めてブルべに参加する人をターゲットにしたもので、きついコースではありませんが、山あり、川あり、湖あり、平地あり、サイクリングロードあり等といろいろ楽しめるコースとなっています。

明日はスタート地点でのスタッフ業務をしてからPC1の老越路峠に向かい、PCでの有人チェックをし、その後は巡回車で移動し、ゴール地点に向かうことになっています。スタッフとしては見習いなので、いろいろ教えてもらいながらこなしていきたいと思います。

一方、家内はTEAM1の方々と一般参加者として走るので、頑張ってもらいたいです。幸い天候は良く、後半は追い風に乗って楽に走れそうな感じなので、楽しく行ってこれるのではないでしょうか。
関連記事
BRM510宇都宮400㎞銚子 その4
PC5を出発すると、我孫子市に入ります。日が暮れてからはどんどん気温が下がり、ウインドブレーカーを着ても寒くなってきます。288.4km地点の青山台入口交差点から10㎞ほど田んぼの中の一本道を走ります。このブルべは同じような場所を延々と走る箇所が多く、なかなか辛いです。また、この道は車の速度抑制のための路面に凹凸がついている箇所が多数あり、すでに痛くなってきているお尻にダメージを与えます。

野田市に入ってすぐのファミリーマートで休憩。このあたりまで来るとPC以外のコンビニでも休憩している人が多いです。気温はさらに下がり、果たしてこの寒さに耐えられるか心配になります。このころには家内のスピードも20km/h出すのがやっとなので、私にとってはこのスピードでは負荷がかからず余計に寒さを感じている感じです。関宿まで来るともはや寒さでかなりつらくなっていたため、昨年のBRM525群馬でPC2だったファミリーマート野田関宿台町店に寄り、使い捨てのレインコートを購入し、ウインドブレーカーの下に着込みます。これでかなり楽になりました。

境大橋を渡ると「道の駅さかい」があります。ここで仮眠を取っている方が大勢いるのを横目で見ながら通過。再びCRに入ります。再び15㎞ほど暗闇のCRを走り、三国橋を渡って少し行くとPC6に到着します。

343.5km地点のPC6ローソン北川辺向古河店には1:08に通過。1時間59分のマージン。貯金が少し減っています。ペースは18~19km/h位になっており、家内ともども疲労と尻痛で走れなくなっています。ここでも仮眠を取っている方がいますが、この寒い中、よく寝れると感心します。

ここから栃木経由で宇都宮に帰りますが、栃木市あたりでからは眠気が襲ってきて、ブラックガムや、メガシャキで何とかしのぎます。合戦場付近のセブンイレブンで最後の休憩を取り、ひたすらゴールを目指します。鹿沼を通過するころにはだんだん空が白んできました。

森林公園通りに入るとラストランとなります。ここからはこのコース一番の登りであり、最初の登りはEDGE510の読みで斜度9.7%を示していました。ここを何とかよじ登り、5:14にゴール、24時間59分での完走でした。

これで何とか400㎞を完走でき、SR取得に少し前進しました。家内も400㎞を走り切ることができ、いい経験となったと思います。お世話になったAJ宇都宮のスタッフの方々にこの場を借りてお礼を申し上げます。

次のブルべは「BRM517宮城300km最上川」です。
関連記事
BRM510宇都宮400㎞銚子 その3
いよいよ、後半戦です。



銚子まで来たらぬれ煎餅をお土産に買うつもりでいましたが、とりあえずPC3まで来てしまったので、引き返す道でぬれ煎餅屋さんがあるかどうか探すと、下の写真のような看板がありました。

P1010739.jpg

「柏屋」さんは、一本裏の狭い道にあり、普通の家の改造した感じのお店でした。お店は比較的若いご夫妻でやっているようで、10枚入り1,000円のぬれ煎餅を求めると、

「今日は何キロ?」

と聞かれ、

「400km」

と答えると、さほど驚きもせず、

「頑張って」

と言われました。我々のようなランドヌールがちょくちょく来るのでしょうか?。

その後、銚子を後にします。折り返してからわずか4kmのところでミスコース。先が思いやられます。国道356号にでてしばらく行くと、石出交差点にでます。ここからは昨年の九十九里400㎞で通った道で、この後、利根川大橋入口交差点を右折して少し行ったところにPCだったファミリーマート東庄河口堰店があります。この先はCRをしばらく走ることになり、補給ができなくなるので、ここで休憩することにしていました。

やれやれと思いながらファミリーマートに近づくと、AJ宇都宮のスタッフさんが待機しており、シークレットポイントとなっていました。

P1010741.jpg

この後、利根川大橋を渡り、左折すると長いCR区間に入ります。CR区間は40㎞続き、最初は川に沿って眺めのいいとことを走るので楽しかったのですが、同じような風景が続くためだんだん飽きてきます。また、無数の虫が羽化する時間帯だったので、大量の虫が顔面に向かってくるので辛かったです。

P1010751.jpg

CRに入って21㎞ほど進むと、DNFしたBRM329の事故現場からすぐのところを通り、事故のことを思い出します。260km地点で日没を迎え、ライトを灯して先を急ぎます。やっとの思いで長豊橋まできて、CRから解放されます。

269.5km地点のPC5ミニストップ栄町和田店には19:48に通過。2時間23分のマージン。ここではイートインができるので、少し長めに休憩。後半はPC間の距離が長くなるので、しっかり補給します。 ~続く~

関連記事
BRM510宇都宮400㎞銚子 その2
PC2を出発すると、今後は一旦北に向かい、木田余跨線橋東交差点から霞ヶ浦の北側を通る国道354号土浦バイパスに入ります。木田余跨線橋東交差点からPC3まではCUEが一つもなく、約36kmひたすら東に向かって真っ直ぐ走ります。途中、霞ヶ浦大橋で霞ヶ浦を、鹿行大橋で北浦を渡ります。このころには朝の寒さが嘘のように汗ばむ陽気となります。

霞ヶ浦大橋前でいったん休憩します。

P1010671.jpg

ここで後続の方に追いつかれ、この方は「たぶん自分が最後尾だと思う」と言っていました。私たちの後にまだ数人いるはずでしたが、いずれにしても最後尾に限りなく近いところを走っているようです。

鹿行大橋を渡り、さらに進んでいくと、PC3に到着します。

P1010688.jpg

142.7km地点のPC3ココストア大洋大蔵店には11:46に通過。1時間57分のマージン。先行者が次々に旅立っていくのを見ながら補給します。

PC3からは進路を南に変え、鹿島方面に進みます。途中で鹿島サッカースタジアムの横を通過。

P1010696.jpg

このあたりから暑さと寝不足により、眠気が襲ってきました。166.8㎞地点である筒井北交差点の先にあるセブンイレブンに緊急停車。メガシャキで気合を入れます。

この後は、何の変哲もない田舎道をひたすら走り、銚子に向かいます。修行僧のような心境になってきました。そうしているうちに銚子大橋の横に出て、銚子市街に入っていきます。

P1010722.jpg

何とか銚子までたどり着くことができました。この後、銚子市街地を通過し、PC4のある銚子港方面に向かいます。

199.3km地点のPC4ローソン銚子川口町店には15:12に通過。2時間19分のマージン。先行者の姿もほとんどなく、補給と休憩を少し取った後出発します。「海鮮丼」を食べるほどの余裕はなく、あったとしてもドカ食いすると家内が胃にくるのは分かっているので、あくまで補給はこまめに摂らなくてはなりません。  ~続く~

関連記事
BRM510宇都宮400㎞銚子 その1
BRM510宇都宮400㎞銚子に参加してきました。

このブルべはもともと参加予定ではなく、前回DNFしたBRM329群馬400㎞のリベンジという形で急遽エントリーしたものです。今回も家内と一緒に参戦、家内にとっては改めて400㎞完走に挑みます。私にとってもここで400㎞を完走しておかないとSR取得が極めて難しいものとなるので気を抜けません。



このブルべは、副題にもあるように「海鮮丼」を食べに行くことがテーマであるため、銚子に午後の早い段階で到着できるようにスタート時間が4:00といつもより早いのが特徴です。そのため、前日にほとんど寝ることができずにスタート地点に来てしまったため、ところどころ眠気との戦いとなることになります。

スタートはAJ宇都宮おなじみの森林公園です。まだ暗い公園内で準備を始めます。スタート待ちの間にAJ群馬のくわめたさんにご挨拶。くわめたさんはSR取得に必要な300㎞ブルべの予定が立てられないため、この400㎞を300㎞の代わりに走るとのことでした(400㎞はすでに完走済み)。今回から新たにAJ群馬のジャージで参戦しましたが、早朝で寒いためウインドブレーカーを着込んでいるので、お披露目は後ほどということになります。

我々は第4ウェーブ、4:15スタートです。PC2のある牛久まではAJ宇都宮ではおなじみのコースです。スタートするとすぐに空が明るくなってきます。気温は一桁台なのでかなり寒く感じます。最初は25~27km/h位のそこそこのスピードで走りましたが、周りのペースが速すぎるようで、途中、信号待ちで追いつかれた方の話によると、後ろはもう3人位しかいないという衝撃的な事実を知りました。

50.6km地点のPC1セブンイレブン下館玉戸店には6:30に通過。1時間15分のマージン。グロス平均速度22km/hを超えており、そんなに遅くないと思いますが、どんどんパスされていきます。したがって今回は遅くても休憩時間を減らして時間を稼ぐ「うさぎとかめ」の「かめさん作戦」で行きます。

下妻を通過し、筑波学園都市をへてPC2のある牛久へ向かいます。フラットコースとはいえ、丘陵地を切り崩した筑波あたりは適度なアップダウンがあるため飽きません

94.9km地点のPC2ローソン牛久中根店には8:54通過。1時間37分のマージン。PC1以降、ややスピードを抑えて走りましたが、順調に貯金が増えています。PCでの補給は最小限にし(家内が消化不良を起こさないように少しずつこまめに補給をするため)、霞ヶ浦方面に向かい出発します。  ~続く~
関連記事

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter

カウンター

リンク

最新コメント

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。