プロフィール

suzy

Author:suzy
向かい風と坂が嫌いなフツーの中年サイクリスト。ブルべを中心に走っています。モットーは最小限の走行でシュペール・ランドヌール(SR)を達成すること。貧脚にもかかわらず意外としぶとい。AJ群馬スタッフ始めました。

当ブログはリンクフリーです。

BRM結果

     - 2016年度 -
 BRM220群馬300  17:47試

     - 2015年度 -
 BRM221群馬200  10:14
 BRM314埼玉300  16:37
 BRM321群馬300  16:44試
 Randonneurs
  Tokyo Fleche! DNF
 BRM425群馬400  25:03
 BRM516群馬600  DNF
 BRM718宮城600  DNF
 BRM1003青葉600 DNF
 BRM1011群馬200  9:21試

    - 2014年度 -
 BRM308群馬200  10:29
 BRM329群馬400  DNF
 BRM510宇都宮400 24:59
 BRM517宮城300  15:47
 BRM628群馬600  37:32試
 BRM726群馬200  中止
 BRM927宮城200  9:42
 BRM1004群馬200 10:15

     - 2013年度 -
 BRM323埼玉300   15:04
 BRM413埼玉400   21:13
 BRM525群馬200   11:48
 BRM629群馬200   11:52
 BRM713群馬600   39:15
 BRM1005青葉300  19:32

     - 2012年度 -
 BRM904青葉200   12:07
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ペンギンおじさんの自転車でGo!
HOME > ARCHIVE - 2014年03月
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRM510宇都宮400㎞銚子 エントリー完了
BRM510宇都宮400㎞銚子にエントリーしました。初めてのAJ宇都宮のブルべです。

BRM329群馬400㎞のDNFに伴い、リベンジのためエントリーしました。奇しくも行先は同じ銚子。今回たどり着けなかった銚子へ是非とも行ってきたいと思います。

当初一人で行くつもりでしたが、家内も後刻エントリーし、BRM329と同じく一緒に走ることになりました。コースはフラットとのことなので問題ないと思います。

まず怪我を治し、バイクはどうなるかわからないのでFELT Z5を出動できるように準備します。

但し、次の週にBRM517宮城300㎞最上川が控えており、2週連続は経験がないのでその辺がやや気掛かりです。
関連記事
スポンサーサイト
BRM329群馬400㎞ぬれ煎食べにふら、フラット400 DNF
BRM329群馬400㎞ぬれ煎食べにふら、フラット400に参加してきましたが、結果は痛恨のDNFでした。いつかは経験するであろうDNFをついに体験していましました。



このブルべはスタート地点からケチがついていました。今回は家内と参加したため、クルマに2台のバイクを積んでスタート地点まできました。我が家のクルマは背が低い(ホンダ ストリーム)ので、シートポストを外さないと2台積めません。到着してまず家内のバイクを組み立てようとし、シートスポストを取り付け、トルクレンチで締め付けていたところ、「バチッ」という音がしてスクリューが折れてしまいました。

焦る心を落ち着かせ、折れたスクリューをラジオペンチでだましだまし外して、何とか使えそうなステンレスのネジがあったのでそれで固定しました。冷や汗もので、DNSが頭を過りました。これで何とかスタートできます。そんなことがあって受付がおくれてしまったので、今回は第3ウェーブ7:10発となりました。出走前にBRM308で一緒になったsepaさん、けろさんともご挨拶できました。

IMG_0455.jpg

スタート直後は下り基調で風もないため、頑張らなくても30km/h弱のスピードで走れます。今回のコースは埼玉県加須市まで昨年のBRM525の帰りのコースそのままなので問題なく進めます。途中、国道17号線だけはやはり車が多く走りにくいです。

だんだん体が暖まってきたので、妻沼でウインドブレーカーを脱ぎます。ここまでの平均速度は24㎞/hほどで、予想より早く進めています。

羽生では東武線の踏切で上下方向の列車待ちで5分くらいロスしました(踏切が鳴っても電車がなかなか来ない…)。

P1010580.jpg

加須を過ぎて栗橋で利根川橋を渡り、サイクリングロードに入ります。やや風(横風?)がありますが、気持ちよく走れます。気温も上がってきて汗ばむくらいになってきました。土手に咲く菜の花がきれいです。

P1010589.jpg

サイクリングロードから国道354号線に入り、しばらく行くとPC1があります。

94.3km地点のPC1ココストア猿島沓掛店には12:02に通過。1時間24分のマージン。平均速度20km/h位でこれているので予想より早いです。今回はトータルで17㎞/hくらい行けばいいと思っていたので、今のところ余裕があります。

IMG_0456.jpg

この後はつくばののどかな田園風景を見ながら進みます。三妻駅付近で関東鉄道の踏切を渡りますが、このローカルな雰囲気がとてもいいです。

P1010591.jpg

この後、筑波学園都市を通過し、しばらく行くと霞ヶ浦湖岸に出ます。

P1010594.jpg
P1010602.jpg

茨城県稲敷市西代というところまで来ました。

P1010606.jpg

この先、約160㎞地点に大型店舗が連なっている場所(東という所らしい)があり、右折車で引っかかっているクルマをパスしようとクルマの横まで来たところ、そのクルマがいきなり確認もせずに左折してきたので接触し落車。家内はかろうじて回避。私は左ひざ、左ひじの打撲と擦り傷の怪我を負い、バイクはフロントホイールのクイックが折れて(クイックにライトホルダーがついていて、そこに当たった感じ)走行不能となったのでここで痛恨のDNF。ここまで順調に来ていたので非常に残念でした。

この後、念のため検査を受けるため救急車で遠くの病院まで運ばれ、戻ってきたころには19時位になっていました。帰ろうにもここがコース上のどのあたりかは分かりますが、どこの駅が近いかなどが全然わからず、途方に暮れていたところ、事故にあった場所のお店の方が親切にもレンタカーの営業所(結構遠かった)まで送っていただけるとのことだったので、レンタカーを借りて高崎城南大橋下まで行き、スタッフの方に状況を説明し、我が家のクルマを家内に運転させて午前2時前に帰宅しました。

バイクの方はショップに見せないと状況は分かりませんが、フォークや、STI、ホイール、ブレーキキャリバー等がダメなようで、これから保険会社とのやり取りを思うと憂鬱になります。

家内はここまで調子よくこれていたので、ちょっとかわいそうだったと思いました。


関連記事
BRM329群馬400㎞ 準備完了
今週末のBRM329 群馬400㎞の準備がほぼ完了しました。

天気が心配されましたが、土曜日は晴れるようなのでホッとしています。気温も高めとなるため、半袖ジャージにアームウォーマーを基本にして、夜用にウインドブレーカーがあれば良さそうです。日曜は前線がやってきて雨になるようなので、何とか逃げ切りたいです。

今回は家内と走るので、無理なくゆっくり走る予定です。

バイクはFRCD01とし、400㎞走破後の体のダメージを確認する予定です。装備はGPSとしてGarmin etrex30、サイコンとしてGarmin edge510Jのガーミンコンビに一任します。コマ図は確認用で携帯しますが、ハンドル周りをすっきりさせるため、今回は取り付けません。

家内はもちろんラピエール センシウムで走りますが、ホイールをWH-R501からWH-R6700、タイヤはコンチネンタル グランプリ4000Sとし足回りのグレードアップを図っています。前回の渡良瀬300では苦労しましたが、クランク長も適正化したので今回は大丈夫だと思います。

家内の走力を考えて、24時間前後で帰ってこれれば上出来なのではと思います。
関連記事
BRM308群馬200km秩父-森林公園-足利 その2
PC2からは足利市まで北上します。PC2をほとんど同時にスタートしたBoardmanのバイクの方(後ほどsepaさんと判明)とTrekのバイクの方(後ほどけろさんと判明)とつかず離れずしばらく走ります。それぞれややペースが違いますが、例の信号峠によって追いつき追いつかれします。Borardmanのバイクの方とは、その駆るバイクをどこかのブログで見たような気がしたので、そのことについて信号待ちの際に少しお話しすることができました。

このあたりから風が出てきたようで、時折強い北西からの横風が襲ってきます。PC3の後のことを考えると憂鬱になってきます。利根大堰では道幅が狭い上、車が渋滞しており、横風といった3重苦にさらされます。

国道50号線を越える手前あたりでBoardmanのバイクの方(sepaさん)が先行し、離されていってしましました。Trekのバイクの方(けろさん)とは最終的にPC3までご一緒させていただきました。

149.8km地点のPC3セーブオン足利富田店には15:19に通過。2時間37分のマージン。ここでも中華まんとレッドブルで補給し、早々にリスタート。

PC3からは案の定、強い向かい風区間となります。PC3を出発した時点でグロス平均速度はEDGE510Jの読みで20.5km/hで、この後20km/h以上をキープできれば10時間で完走できますが、この風ではかなり厳しいのではという感じです。ただ、ここから先のコースは全て知っている道なので、GPS、コマ図いらずで走れます。

足利市街までは25km/h弱で走行できましたが、足利市街を過ぎると風を遮るものがなく、17~19km/hと失速します。桐生市あたりが一番大変で、13km/hしか出せない区間もありました。平均速度は20.4、20.3km/hとだんだん下がってきてグロス平均速度20km/hを維持するのが難しくなってきます。

旧新里村(現桐生市)あたりで、PC3で後発となったBoardmanのバイクの方(sepaさん)にあっさりパスされましたが、それまでは完全一人旅でした。

夕暮れを迎えてだんだん寒くなってきて、また直接風を受けていたせいか頭が痛くなってきました。このような状態での単独走行は気力を削がれ辛くなってきます。ただ早くゴールにつきたいという気持ちでかろうじて進みます。

旧大胡町(現前橋市)あたりで、先ほどのちゃりけんさんともう一人の方の2両編成列車に追いつかれました。この時、

「明るいうちにゴールしましょう…」

と声をかけてくださったので、再びスイッチが入り何とか2人についていこうと思いました。普段は自分のペースを守るためあまり積極的に人についていこうとはしないですが、今回は力になり本当に助かりました。

明るいうちには到着できませんでしたが、ゴールの道の駅よしおか温泉には18:29に到着。10時間29分での完走となりました。ゴールではこの強風の中をAJ群馬スタッフの方が受付のために待機しており、その労に本当に頭が下がる思いです。この後、私は低体温症になったようで、体の震えが止まらず大変な思いをしました。こういう時はすぐに体を温めるのはよくないとのことなので、温泉にはいかず、暖かい食べ物と飲み物で体の中からゆっくり温め、帰宅の途につきました。

最後に新投入したPanasonic FRCD01ですが、やや出足等が重たい感じがしますが、乗り心地に関しては申し分なく、翌日に疲れが残りませんでした。ディスクブレーキに関しては、今回のコースでは特にメリットを感じる場所はありませんでした。

次のブルべは「BRM329群馬400kmぬれ煎食べにふら、フラット400」です。

関連記事
BRM308群馬200km秩父-森林公園-足利 その1
BRM208改め308群馬200km秩父-森林公園-足利に参加してきました。

降雪のため2月8日から3月8日に延期されて開催です。私にとっては今年度初ブルべだったので、待ちに待ったという感じでした。

当日の天気ですが、雨の心配はないようですが、午後から北西からの強い風が吹くという予想で、PC3の足利からの行程がかなり厳しそうです。



今回のコースは秩父までに峠越えがあるものの、獲得標高が1,200m程度とマイルドな設定となっているので、かねがね目標としているグロス平均速度20㎞/h(10時間前後)で走ることを命題としますが、風の強さいかんでは難しくなるような感じです。

AJ群馬主催の200㎞ブルべは、今年から「道の駅よしおか温泉」がスタート地点となります。8:00スタートなので7:00までに現地入りできるよう6:00前に家を出発しました。

IMG_0445.jpg

いよいよPanasonic FRCD01の出陣です。

IMG_0446.jpg

スタートは第2ウェーブ8:00発です。スタート直後はやや抑えめに走りますが、周りの方のペースが結構速いので引っ張られるような感じになってしまいました。

藤岡までは下り基調で、風は北西からの横風でした。途中トレインの最後尾を走っていましたが、高崎市「京目町」交差点で私だけが赤信号に引っ掛かり、そこからは信号という信号のほとんどで、私が近づくと赤になる感じになってしまい、予想しなかった信号峠に足をすくわれます。新投入のFRCD01ですが、FELT Z5に比べ出足のもっさり感があり、このようなストップ&ゴーが繰り返される状況ではかなりのストレスになります。

藤岡から秩父までは緩めの峠を含んだアップダウンが続きます。そこそこのペースで走れていたのですが、途中から心拍数が高くなってきてしまい、このままでは後半に失速するような予感がしたのでペースを落とします。降雪のため2月はあまり走り込めなかったことが効いているようです。

59.0km地点のPC1サンクス秩父上野町店には10:58に通過。59分のマージン。今回はPCでの休憩時間を最小限にしようと決めていたので、ボトルを補充し、おにぎりをバックポケットに入れ、パンを咥えて早々にスタートします。秩父は2月の降雪で大変なことになったことを聞いていましたが、ひと月近くたった今でも雪がたくさん残っていました。

ここからは長瀞付近まで北上した後、武蔵丘陵森林公園の近くまで東方向に進みます。この区間は長瀞までの間に緩い峠がある以外はアップダウンが少しある程度で全体的に下り基調であり、風の影響もなく、気温もそこそこ上がってきて走りやすかったです。途中からPC1の手前から一緒になったS-WORKSのバイクの方(後日、ちゃりけんさんと判明)の後ろをつかず離れず自分のペースで走ります。このブルべは信号が思ったより多かったので、ペースが違っても信号で追いついたり離されたりします。

95㎞地点付近で工事区間があり、古い道の横に新しい道路を作っているようですが、ただの未舗装路という感じではなく、自転車の通行が困難なぐらい凸凹でドロドロの道でした。緩いところは手で押して進めますが、ひどいところはシクロクロスのようにバイクを担いで通行しました。

111.4km地点のPC2セブンイレブン東松山東平店には13:25に通過。2時間3分のマージン。グロス平均速度21km/h程度が何とか維持できています。ここでも最小限のストップでリスタートします。  続く


関連記事
BRM517宮城300㎞最上川 エントリー完了
参加予定だったBRM517宮城300㎞最上川のエントリーが前触れなく始まっていたので(3/6~)、早速エントリーしました。

ブルべに参加するようになりいろいろな地方を走ることが楽しみの一つとなっていますが、昨年の600㎞以外は関東地方から出ておらず、地元のAJ群馬以外ではオダックス埼玉、VCR青葉のブルべのみの参加でした。

そんなわけで今年は是非とも遠征ブルべを体験したいと思い、いろいろ検討した結果、東北地方のブルべを走ってみたいということと、適度な距離(300㎞)と難易度ということでBRM517宮城に決めました。

山形県の寒河江がスタート/ゴールで、コースはすべて山形県内となりますが、自転車はもちろん電車や車でもあまり行くことのない地方を走るので非常に楽しみです。

右も左もわからないところを走るので、迷子にならないように事前に十分なコースの予習が必要です。
関連記事
泥除け取り付け その2
一苦労してやっと取り付けたフロントの泥除けに対しリアは簡単に済むかと思っていましたが、やや手こずりました。

シートチューブの裏側の台座は割と高いところにあるため、この下の部分まで泥除けが来るようにすると泥除け自体が長すぎるので、位置を合わせカットします。

まず、シートポスト裏側の固定位置を決め、ドリルで慎重に穴あけします。その後、リアタイヤを外してシートポスト裏側の台座に固定し、ブリッジの台座の位置をマーキングします。その後、一旦泥除けを外して、マーキングしたブリッジ台座の位置をドリルで穴あけします。穴あけが終了したら、2つの台座に泥除けを固定します。

リアタイヤを装着し、その後リアの部分から出したアームをエンド付近のネジ穴に所定の方法で取り付けます。

こう書くと簡単なようですが、この方法でそのまま取り付けると泥除けとタイヤのクリアランスがが一定でなく、後ろの方はクリアランスが大きく何とも不恰好となってしまいました。

クリアランスを一定にするため試行錯誤をした結果、泥除けをだましだまし手で曲げ、カーブのRをやや緩やかになるようにしたところ、ほぼ一定のクリアランスにすることができました。

P1010564.jpg
P1010566.jpg
P1010567.jpg

何とか満足できる仕上がりとなりました。これで雨が降ってもバッチリです。

関連記事
泥除け取り付け その1
ブルべ用に新たに投入しようとしているPanasonic FRCD01ですが、エンデュランスロードモデルということで泥除けが取り付けられるようになっています。カタログには、

 「フレームの上ブリッジとシートチューブ裏側、フロントフォークの内側にハーフドロヨケ用台座が付きます。※ドロヨケオプション設定はありません。」

と記載されています。

ここでいうハーフドロヨケというものがよくわからなかったので、サイクルモードでパナソニックの方に質問したところ、基本的にロードのジオメトリーなので、タイヤ周りのクリアランスが小さくどの泥除けでもつけられるというわけではなく、市販の泥除けで使えそうなものをうまく加工して取り付けるとのことで、特に「これ」といった物はないとの回答でした。

ブルべをやる上で雨天走行は避けられないものであり、そのためにわざわざディスクブレーキ車を手に入れたからにはやはり泥除けは必要でしょう。今までもFELT Z5にはシートステーに取り付けるタイプの泥除け(リアのみ)をつけていましたが。ただロードに泥除けをつけると格好が悪くなるので、できるだけ目立たないもの、取ってつけたようなものは避けたいと思っていました。

実車が来てからいろいろ検討した結果、クラナ シーライト700Cが良さそうであることがわかり、目立たないつや消し黒で一番細い30㎜幅をCycle Shop Oneさんで取り寄せてもらいました。

早速タイヤに被せてみると、リア側はカットと穴あけ位の加工で何とか取り付けられそうでしたが、フロント側はフォークとタイヤのクリアランスが小さいため、フォークに取り付けるL字プレートが大きすぎてサイズが全く合わず、大加工が必要です。したがって、まずフロントから取り付けてみることにしました。

L字のプレートは使えないので外しますが、カシメてあるためドレメルで削りながら、カシメてある部分を破壊して取り外します。ホームセンターでこれに代わる15㎜辺のステンレス製のL字プレートがあったので、これを加工して取り付けることにしました。L字の角度は現物合わせで少し鈍角になるように調整してあります。

P1010554.jpg

少しでもタイヤとのクリアランスを稼ぐために、フォークと重なる部分は写真のように大きく欠き取って上にあげられるようにしています。

P1010559.jpg
P1010558.jpg

なかなかいい感じではないでしょうか。強度的にもしっかり取り付けられており、見た目にもすっきりしていて大満足です。

リア側の取り付けはこれから行うため、次回に書きたいと思います。


関連記事

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Twitter

カウンター

リンク

最新コメント

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。