プロフィール

suzy

Author:suzy
向かい風と坂が嫌いなフツーの中年サイクリスト。ブルべを中心に走っています。モットーは最小限の走行でシュペール・ランドヌール(SR)を達成すること。貧脚にもかかわらず意外としぶとい。AJ群馬スタッフ始めました。

当ブログはリンクフリーです。

BRM結果

     - 2016年度 -
 BRM220群馬300  17:47試

     - 2015年度 -
 BRM221群馬200  10:14
 BRM314埼玉300  16:37
 BRM321群馬300  16:44試
 Randonneurs
  Tokyo Fleche! DNF
 BRM425群馬400  25:03
 BRM516群馬600  DNF
 BRM718宮城600  DNF
 BRM1003青葉600 DNF
 BRM1011群馬200  9:21試

    - 2014年度 -
 BRM308群馬200  10:29
 BRM329群馬400  DNF
 BRM510宇都宮400 24:59
 BRM517宮城300  15:47
 BRM628群馬600  37:32試
 BRM726群馬200  中止
 BRM927宮城200  9:42
 BRM1004群馬200 10:15

     - 2013年度 -
 BRM323埼玉300   15:04
 BRM413埼玉400   21:13
 BRM525群馬200   11:48
 BRM629群馬200   11:52
 BRM713群馬600   39:15
 BRM1005青葉300  19:32

     - 2012年度 -
 BRM904青葉200   12:07
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ペンギンおじさんの自転車でGo!
HOME > ARCHIVE - 2013年05月
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

suew Fast Cruise β
待ちに待ったsuewさんのサドルバッグが到着しました。

suew (2)
suew.jpg

Fast Cruise β というモデルで、最大容量11.5Lと大容量にもかかわらず重量300gと軽量です。小型のαもありますが、大は小を兼ねる(?)、オルトリーブのサドルバッグM,Lを所持している、という理由でβにしました。

このサドルバッグは昨年の12月から販売が始ったようで、私は正月に発注しました。販売開始直後に注文が殺到したことと、製作者のsuewさんの内々の事情から納品が遅れたそうで、5ヶ月後の納品となりました。このように大変な人気商品となっており、これを持ってブルべに出ると今のところ注目の的となるようです。

7月の600kmブルべに間にあってくれればいいな...と思っていたので助かりました。写真の通りものすごく大きく、相当量の荷物が積めそうです(荷物が増えそうなのが怖い...)。

使用インプレは後日upしたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト
BRM525群馬200kmはじめてのブルべ その2
PC2を貯金40分程度を持って出てからは、ある程度のスピードさえ出ていれば間違いなく貯金は増えていくはずなので、家内が走れる無理のないペース24~25km/hで淡々と走ります。この辺りからは追い風基調なので、割合楽に走れました。

埼玉県に入り羽生辺りまで来ると地理的に明るくなるので、気分的に楽になります。利根大堰を通過し少し行くと旧妻沼町に入ります。

160km地点のPC3ミニストップ妻沼弁財店には16:15通過。1時間25分のマージン。予定通り確実に貯金が増えています。ここではTEAM1の重田店長、Nさん、Hさんと再会。こちらが休憩している間に3人は旅立って行きました。

ここからゴールまでは40kmありますが、家内のスタミナを考え20km後(約180km地点)で一旦休憩することに。時間は十分あるので、気楽に行くことにします。再び先程と同じ24~25km/hで巡航します。

以前勤めていた会社のある深谷市を懐かしく思いながら通過し、本庄市の日の出4丁目交差点で右折し、国道17号線に入ります。この辺りが約180km地点なので、最初のセブンイレブンで休憩。

ブルべのコースは国道17号線のような大型車の往来が激しい国道は避けることが多いですが、神流川の橋の関係で群馬県に入るまで国道17号線を通ります。夕方ともあって、クルマが渋滞していて走るのに気を使います。

群馬県に入り、自衛隊入口交差点で国道17号線から分かれます。ここからはラストランとのことでややペースを上げます。残り10km地点でTEAM1のNさんとHさんが休憩していたので、一声かけ通過。

日が傾きかけた頃、無事ゴールに到着しました。到着時間は18:48で、11時間48分で完走認定(家内は11時間49分)です。先に到着していたTEAM1の重田店長とOさんと再会。NさんとHさんも19:00前には到着し、これによりTEAM1全員めでたく完走となりました。

今回は家内と一緒に走るということで、スピードを合わせたりと大変なところもありましたが、のんびり時間に追われず走ったことにより非常に楽に完走ができ、認定時間を気にしないこういう走り方もなかなかいいなと思いました。

この完走によりついにSR取得に王手がかかりました。SR取得を掛けたBRM713群馬600kmに備えしっかり準備していきたいと思います。

次のブルべは「BRM629群馬200km八ッ場(予定)-野反-奥四万 ダム巡り」です。

関連記事
BRM525群馬200kmはじめてのブルべ その1
「BRM525群馬200kmはじめてのブルべ」に参加してきました。

今回は、家内とTEAM1の方々合わせ6人での参加でしたが、それぞれのペースで進むことにしていたので、最後まで一緒に走ったのは家内だけでした。



5時15分に自宅を出発し、6時前に現地入りして準備します。6時から受付で6時半よりブリーフィングです。

BRM525.jpg

6:50より10分置きにウェーブスタートとなります。我々は7時ちょうどのスタートです。

今回は、中盤にのんびり食事をしたりして行くことにしていたので、序盤は少し頑張ります。27~28km/h位で引っ張り前橋から桐生へと向かいます。この辺りは思いっきり地元なので目新しい物はありませんが、地理には困りません。PC1の老越路峠では補給できないので、桐生市内のコンビニで一旦停まり補給します。

梅田からの登りでは家内をサポートし、10:04に55.2km地点のPC1老越路峠に到着。44分のマージン。10時前後着を予定していたのでほぼ予定通りでした。有人チェックを受け峠を下り始めます。

ここから佐野までは下り基調なので30km/h近くで快走します。田沼駅を過ぎたところでグルメスポットがあります。AJ群馬にて用意されたコマ図に

「石川やのしんこまんじゅうは必食」

と書かれており、後から聞いたところによると、AJ群馬スタッフのグルメ担当(?)の方がおススメということで載せたとのことでした。そのようなまんじゅうならば甘党の私にとってはまさに必食です。

BRM525_002.jpg

あんこを上新粉使用の饅頭皮でくるんだもので、こしあんとつぶあんがあり、表面の色の斑点の数で見分けます。1個80円でもちもちしていて美味しかったです。必食とのことでしたが、ほとんどのランドヌールは素通りしていってしまったようです。

佐野を通過し藤岡大橋を渡ると今度はサイクリングロードを通ります。渡良瀬遊水地を横目で見たのち、三国橋を渡り茨城県に入ります。さらに境大橋までサイクリングロードを進んでいきます。境大橋には13時頃到着。

境大橋からPC2まではわずかでかつ、クローズが14:48と時間的余裕があるので、境大橋を渡る反対側の「道の駅さかい」で昼食を摂ります。これは予定通りの寄り道で、14時にここを出れば十分という判断でした。道の駅には13:15頃到着し40分位いました。ここで昼食と黒ごまソフトクリームをいただきました。

BRM525_003.jpg

116.3km地点のPC2ファミリーマート野田関宿台町店には14:08通過。40分のマージン。ランドヌール3名の方がスタートしようとしているところでそれ以外の方は誰もいませんでした。どうやら最後尾になっているようです。いつになくマッタリとしたブルべです。ここではドリンクの補給のみですぐにスタートしました。 ~続く~



関連記事
BRM525群馬200km 完走しました
BRM525群馬200km「はじめてのブルべ」を完走しました。

TEAM1の方々と一緒になったり離れたりといろいろありましたが、家内と始終並走し、11時間48分でゴールしました。

途中、AJ群馬グルメ担当(?)の方おススメの「しんこまんじゅう」を舌鼓したり、「道の駅さかい」でゆっくり食事をしたり、のんびりしたブルべでした。

詳細は後日upしたいと思います。

お世話になったAJ群馬のスタッフの方々に厚く御礼申し上げます。
関連記事
FOCUS Black Forest 29er 5.0
MTBを購入しました。

FOCUSのBlack Forest 29er 5.0です。

BLACKFOREST (2)
BLACKFOREST (3)

ロードバイクにはない大きく太いタイヤ、油圧ディスクブレーキ等に惹かれて買ってしまいました。MTBのエントリーモデルであり、ロードバイクに比べて驚くほど低価格です。

当初、GTのMTBと迷ったのですが、GTはたくさん走っているので、あえてマイナーなFOCUSを選んでみました。FOCUSのMTBに乗っている人は少ないでしょう。29erにしたのは、高速巡航性で有利であるからで、主にトレーニング用として通勤時に、または山サイに使用する予定です。

フレームはアルミ、コンポはシマノALIVIO・ACERAのMIXです。ブレーキはテクトロのハイドロリックディスク、SRサンツァーのサスペンションフォーク、タイヤはシュワルベの29×2.25ブロックタイヤです。

とにかく重いです。カタログでは13.4kgとなっていますが、ペダル込みで測ったら14.35kgありました。

今まで通勤に使用していたMASIですが、通勤路に路面の状態が悪いところが多くそこを走るには可哀そうと思い、現在整備後休車しています。これはツーリング用として温存します。

その点MTBはガタガタ道でも安心して走れ、また安価なので気兼ねなく使用できます。重たいブロックタイヤではスピードは出ませんが、それでも20km/h台後半で巡航できます。タイヤをスリックに変えれば快適になるのではと思います。制動力は現状で文句なしです。

少しずつパーツのグレードアップをしていくのも面白いと思います。

関連記事
再び馬打峠へ
2013年5月5日(日)

今日はTEAM1の走行会に参加してきました。行先は、昨年秋にも行った馬打峠です。その時、昼食を摂った十勝屋さんの蕎麦がおいしかったため、もう一度行こうということになりました。今回はポジション出しの確認とチューブレスタイヤの感触を確認するためFELT Z5で出動です。



今回は、高校生のY君が参加とのことで(いつもはおじさんばかり...)、フレッシュな感じです。

さすがは高校生、心肺能力がまるで違います。梅田湖までの登りは私の後ろをアルミロードでぴったりつけて余裕のゴールです。

その後、老越路峠を経由して飛駒から足利に戻り、メインディッシュの馬打峠です。

赤城ヒルクライムを1時間20分台で走るEさん(私と同い年)を先頭に何とか後ろを付けていきますが、徐々に千切られ、さすがと思っていたところ、横を楽々とY君が抜き去って行きました。親子程の年齢差があるので仕方ありませんがものすごい脚力です。その後Eさんと一緒にそのまま峠を下ったようで、頂上にはもういませんでした。

私は、頂上でツイートしてから出発。昼食をとる十勝屋さんに向かいます。

umauchitouge.jpg

前回と同じく美味しい蕎麦をいただいた後、渡良瀬川SRを通って戻りました。

ポジション出しの結果ですが、まだ十分ではなく70km足らずで坐骨に違和感を覚えたため、サドルの角度等の微調整が必要です。チューブレスタイヤは乗り心地、転がり共に満足できる性能であり、クリンチャーに戻れなくなりそうです。
関連記事

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

カウンター

リンク

最新コメント

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。