プロフィール

suzy

Author:suzy
向かい風と坂が嫌いなフツーの中年サイクリスト。ブルべを中心に走っています。モットーは最小限の走行でシュペール・ランドヌール(SR)を達成すること。貧脚にもかかわらず意外としぶとい。AJ群馬スタッフ始めました。

当ブログはリンクフリーです。

BRM結果

     - 2016年度 -
 BRM220群馬300  17:47試

     - 2015年度 -
 BRM221群馬200  10:14
 BRM314埼玉300  16:37
 BRM321群馬300  16:44試
 Randonneurs
  Tokyo Fleche! DNF
 BRM425群馬400  25:03
 BRM516群馬600  DNF
 BRM718宮城600  DNF
 BRM1003青葉600 DNF
 BRM1011群馬200  9:21試

    - 2014年度 -
 BRM308群馬200  10:29
 BRM329群馬400  DNF
 BRM510宇都宮400 24:59
 BRM517宮城300  15:47
 BRM628群馬600  37:32試
 BRM726群馬200  中止
 BRM927宮城200  9:42
 BRM1004群馬200 10:15

     - 2013年度 -
 BRM323埼玉300   15:04
 BRM413埼玉400   21:13
 BRM525群馬200   11:48
 BRM629群馬200   11:52
 BRM713群馬600   39:15
 BRM1005青葉300  19:32

     - 2012年度 -
 BRM904青葉200   12:07
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ペンギンおじさんの自転車でGo!
HOME > ARCHIVE - 2013年04月
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRM629群馬200kmエントリー完了
「BRM629群馬200km八ッ場(予定)-野反-奥四万 ダム巡り」にエントリーしました。

既にエントリー済(出場済)のBRM323埼玉、BRM413埼玉、BRM525群馬はフラットコースや獲得標高の少ないものばかりなので、

「山岳ブルべも走っておかないと・・・」

と思いエントリーしました。同じく山岳部のあるBRM713群馬600kmの予行演習の意味合いもあります。

しかし予想コースをルートラボで引いてみると、何と獲得標高が3,600m超え。「ランドヌール」誌に書かれている「難易度☆☆」をみてエントリーしたので、これにはびっくり・・・。

果たして完走できるのでしょうか???
関連記事
スポンサーサイト
チューブレスタイヤとシートポスト交換
BRM413埼玉400kmを終えて、FELT Z5をできるところまで自分でメンテナンスし、その後Cycle Shop ONEさんに持って行ってシフトワイヤーの交換と、ヘッドコラムのカットをお願いしました。

400km走った結果、ハンドル位置は下げた方がいいということになり、スペーサーをすべて外した状態にしてもらいました。スペーサーを上に積んだままでもいいのですが、GPSを取り付けにくくなることと、メンテナンス等でバイクを逆さにするときSTIのブラケットよりも出っ張るため立てられなくなるので、思い切ってカットしてもらいました。

head_cut.jpg

その際にリアタイヤに小さなサイドカットが発生していることが発覚しました。いつ起きたかは分かりませんが、幸いチューブは破けておらずそのまま乗れてしまったため、全然気づきませんでした(ゴールまで持って助かった...)。

そこで、いつか試そうと思い入手しておいたチューブレスタイヤを履かせてみることにしました。

cuberess.jpg

IRC ROADLITE tubelessの25Cです。チューブレスタイヤはリム打ちパンクが起こらないので空気圧を落とすとこができるため、乗り心地がよく体への負担も少ないと思います。やや重いですが、転がり抵抗は減るとのことなので期待が持てます。装着は大変でしたがコツはつかんだので大丈夫でしょう。途中でパンクした場合を想定してシーラントを注入することも考えましたが、取り敢えずパンクしたらチューブを入れることで対応しようと思います。

400km走行した時の尻痛対策ですが、アリアンテのようなサドルは、ベストなポジションが1点となるので、ポジションがシビアに合わせられないとダメとのことです。FELTに付いてきたオリジナルサドルはカーボン製で軽量ですが、サドルの角度を合わせる機構がノッチ式なので、1ノッチ変更すると大きく変わるためベストのポジションが出せません。

そこでPRO XLTのシートポストに交換しました。アルミ製でやや重くなりますが、カーボン製よりも気を使わなくでもいいことと、サドルの角度が無段階調整できます。

PRO_XLT_seatpost.jpg

おまけに、フロントバッグを使用しないときのためのキューシート(コマ図)ホルダーを自作してみました。

CUEsheet_holder.jpg

ブルべ出場を重ねていくことでいろいろ分かることがあり、少しずつ自分に合ったものにしていくのも楽しいです。

関連記事
BRM413埼玉400kmフラッと九十九里 その3
ファミリーマート東庄河口堰店を後にし、今度は利根川沿いを西に向かって走ります。往路は風が敵になりましたが復路においては積極的には味方になってくれませんでした。

この辺りからまたお尻が痛くなり、サドルの調整をしながら騙し騙し走りますが、だんだん漕ぐのが厳しくなります。スピードも18km/h位まで落ち、大失速が始りました。坐骨の神経に鈍い痛みが走り、サドルに座るの辛い状態に陥ります。

お尻の痛みとPC4での補給が軽かったとこによって体が言うことをきかなくなり、また速く走れなくないことにより体が冷えてきたので、PC以外での休憩は取らない予定でしたが、たまらずPC1だったミニストップ河内町役場前店で停まります。ここでは何人かの方が休憩されており、PC4とPC5の間隔が80kmあるのでノーストップで行くには大変だからでしょう。寒かったのでブルべでは定番のカップラーメンを初めて食べました。

しばしの休憩後リスタートします。状態はあまりよくなりませんが、少しずつでもゴールに近づいていると自分に言い聞かせながら前に進みます。

352.5km地点のPC5セブンイレブン谷和原古川店には2:13に通過。5時間19分のマージン。ここでもサンドイッチとおにぎりでしっかり補給。

しばらく走るとGPSが左折を示しているので、古川交差点と思いきや矢作交差点でした。よく考えると先程停まったセブンイレブンのところが古川交差点であり、PCに入ったことで完全に抜けてしまいました。もはや思考能力さえ低下しています。

矢作交差点を左折して少し行くと芽吹大橋があり、ここでやっとゴールが見えてきました。しかし尻痛は極限に達しており、ダンシングして22km/hまでスピードを上げ、その後立ったまま惰性で17km/hまで下がるまで走るようなことを織り交ぜながら進みます。

周囲が明るくなった頃にゴール地点に到着しました。痛みのおかげで眠気はほとんど起こらなかったことと、膝の痛みが出なかったのがせめてもの救いで、今回も非常に大変なブルべとなりました。やはり、バイクのポジション出しが今一つであったことと、BRM323埼玉300kmで発症した坐骨の痛みが完治していなかったことがすべてであり、さらに対策を練らなくてはなりません。

IMG_0062.jpg


しかし、ここで400kmを完走したことにより、密かに目指しているSR取得に一歩前進しました。実はSR取得は地元のブルべでと決めており、「BRM713群馬600km安房峠を通ろう」で是非とも決めたいと思っています。このBRM713群馬600kmは400kmの認定を受けていることが出場条件となっているため、今回で出場条件を満たしたことになります。但し、今回のようなことではとても完走できる状態ではないので、しっかりと作戦を練って備えたいと思います。

次のブルべは「BRM525群馬200kmはじめてのブルべ」です。
関連記事
BRM413埼玉400kmフラッと九十九里 その2
ファミリーマート東庄河口堰店を出発し、国道356号線にでて石出交差点を右折し踏切を渡ると丘陵地があり、このコースのなかでは割とまとまった登りがあります。登り坂は風の影響がないので、息は上がりますが楽しく登れます。やはり私は向かい風よりは登りの方が好きなような気がしました(程度にもよるが...)。

今度は登った分だけの下りがあり、元の標高に戻ります。この辺りで、緑のクロモリロードの方に追いついたので、後ろに付かせていただきます。このあたりも海に向かって進むため、向かい風の影響をもろに受けます。

旭市街に入り、袋東交差点で国道126号線に出てさらに袋西交差点を左折します。この辺りでお尻の痛みがひどくなってきたので、一旦停止し、サドルの角度を前下がりに設定してみました。この後しばらくは多少楽になりました。

この後、県道122号線に出て、PC3まで南西方角に進みますが、やはり風が斜め前から吹いてきており、なかなか進みません。そうしているうち後方からのトレインに抜かれたので、その後ろについて引っ張ってもらいますが、PC3の手前で千切られてしまいました。

約180kmの地点で、折り返しの先頭走者とすれ違いました。やはりトップの方とは200kmで40kmの差が付けられたことになります(昨年の定峰の時と同じ...)。これ以降、すれ違う方々に手を上げエールを送り合います。

200.1km地点のPC3ファミリーマート一宮海岸店には17:48に通過。3時間32分のマージン。ここでは、有人チェックも行われており、オダックス埼玉のスタッフの方がチェックを行います。ここでは体も結構ダメージを負っており、またお尻もまた痛くなってきたので、電車で帰りたい気持に駆られましたが、ここで400kmを完走しておかないと後々のスケジュールに影響するので、ぐっとこらえます。また、ここでリタイヤを決めないとこれ以後、鉄道でのエスケープは事実上無理となるため、覚悟を決めます。かつ丼弁当とレッドブルで補給。少し休憩を取り、体を復活させます。また、膝を守るために付けていたサポーターが脚の血行を悪くしているようなのでここで脱ぎ、代わりに防寒のためレインジャケットを着込みます。膝は今のところ問題ないようです。

IMG_0058.jpg

ファミリーマート一宮海岸店を18:15に出発。ここからナイトランが始ります。補給と休憩によりいくらか楽になります。今度は追い風傾向となったので27~28km/hで巡航できます。旭市まではトレインになったり、一人旅になったりの繰り返しでしたが、東庄町に入ると3~4人のトレインで進みます。先程来た丘越えに来ると今度は一気にトレインから抜け出します。一人だけ後ろから付いてきた方がおり、その後抜かれましたがその後をつけてPC2と同じファミリーマート東庄河口堰店まで一気に走り抜けます。

270.8km地点のPC4ファミリーマート東庄河口堰店には21:22に通過。4時間42分のマージン。この区間は追い風にも助けられ順調でした。ここでは軽めの補給で出発します。  ~続く~


関連記事
BRM413埼玉400kmフラッと九十九里 その1
先月の300kmに引き続き400kmブルべに出場し、今回もヘロヘロになりながらも21時間13分で完走しました。前回の反省を踏まえ、いろいろ対策を施しましたが、最終的には課題の残るBRMでした。



スタート地点は前回のBRM323の時と同じく神根運動場なので、気分的には楽です。6:30に現地に入り、7:00から受付開始、ブリーフィング、装備品確認後8:00出走です。

気温はこの時期としてはやや低く、夜間の冷え込みを考えると防寒はしっかりした方がいいとの判断でレインジャケット上下を持ちました。私は指付きグローブをクルマに忘れ、取りに戻ったりしたので後方からのスタートとなってしまいました。

IMG_0055.jpg

スタートから芽吹大橋まではBRM323と同じコースなので問題なく進みます。その辺りでチーム亀太郎の御一行様に追いついたので、しばらく引っ張っていただきました。

芽吹大橋を直進し、矢作交差点を右折し、つくばみらい市の古川交差点をさらに右折し、取手方面に南下します。

その後、亀太郎御一行様が約60km地点のセブンイレブンに入っていったので、ここで別れ先に進みます。とにかく今回は膝に爆弾を抱えているので、無理せずに走らなければなりません

79.4km地点のPC1ミニストップ河内町役場前店には11:47通過。1時間29分のマージン。ここまでは至って順調でした。おにぎり、パン、コーラ等で補給し、早々に出発。

PC2までの間は主に利根川に沿った道を銚子方面に向かって進みます。この辺りから海からの向かい風が強く吹き、20km/h位しか出せません。さえぎるものがないためもろに風を受けることになり、改めてフラットコースの難しさを知ることになります。そしてサドルを交換したにもかかわらず、前回と同様100kmを越えたあたりからお尻が痛くなってきて不安になります。やや失速した状態でPC2に向かいます。

129.4km地点のPC2ファミリーマート東庄河口堰店には14:00に通過。2時間36分のマージン。失速した割にはまずまず。ここではウィダーインゼリー等で軽めの補給で出発しました。  ~続く~
関連記事
BRM413埼玉 準備完了
明日のブルべの準備が完了しました。

今回は8時スタートなので、5時前に家を出れば間に合うでしょう。

膝の痛みは何とか引きましたが完全ではなく、坐骨は状態もいまひとつ。依然爆弾を抱えている状態なので、いつでもエスケープできるようにしっかり準備しています。今回のコースは鉄道路線に沿っているところが多いため好都合です。

明日の目標は、とにかくできるだけペースを一定に保つこと。そのためにはオーバーペースを避けることです。性格からか、前走者が見えると追いつこうという衝動に駆られるので、そこはぐっとこらえて行きたいと思います。

明日は、早朝は寒いようなのでウェア類の選択が難しく、万全の状態で現地入りして、その時の状態で決めようと思います。ほぼ夜通しで走るので、防寒は重要です。昼間もあまり気温が上がらないようなので、温度差という点では楽でしょう。天気は持ちそうですが、防寒を兼ねてレインジャケットは持つつもりです。

一番の気がかり事は風です。天気図からはさほど荒れないようですが、こればかりは分かりません。少なくとも敵にならずに済んでもらいたいものですが...
関連記事
ポジション出し再考
前回のBRM323埼玉300kmで発生した膝痛の対策のため、ここ一週間、通勤車MASIでポジション出しの検討を行いました。

主にサドル位置が対象ですが、ロードバイクにおいて一般的に言われているサドルの高さや前後が本当に妥当なのか、例外はないか等やや疑いを持ちながら、通勤路約10kmの間に行ってみました。

まずサドルの高さですが、股下長さに0.87~0.89を掛けた数字をサドル上面(サドル先端から14.5cm位置)からBBまでの長さにするというのが一般的なようです。

私は身長176cm、股下80cmなので、平均的な掛数0.88を掛けると

  80cm × 0.88 = 70.4cm 

となります。

私は実際この数字で合わせていました。しかし、この設定にて前回のBRMでの膝前面の痛みが発生しており、このことについて調べると、膝の前面が痛むのはサドルが低いからである、となっています。

また、この設定では足回りがいささか窮屈な感じがしたので、サドルの高さを少しずつ上げてみることにしました。すると、ペダルを回す感じが楽になっていくのが分かったのでさらに上げ、現在72cmまでになっています。

72cmということは先述の掛数が0.9であり、定説よりも高い数値となっています。サドルが高すぎると今度は膝の裏面が痛くなるようですが、いまだそのような症状は起きたことがないのでこれで走ってみることにします。また、サドル高さについては定説よりもさらに1cm位高くする方も実際いるようで、あながち間違えではないようです。

次にサドル前後ですが、一般にはペダルを3時の位置にしたときにペダル中心と膝の皿が鉛直方向に結ぶようにセッティングするとなっています。私もそのようにしていましたが、どうしても踏む方向に力が入ってしまい、ペダルを回すよりも踏むような感じになっていました。

ブルべのようなロングライドでは、軽いギアでペダルを回すことが基本なため、引き足の使い方がポイントとなります。そこでサドルを1cm程度後ろに下げ、後ろ乗りになるようにしてみました。すると格段に引き足が使いやすくなり、ペダルがスムーズに回せることに気がつきました。このことにより膝への負担が軽減されていることが体感できました。

このように、ロードバイクのセッティングは用途にて変わってくるものであり、ロングランのためのセッティングは一般的に言われているセッティングとは異なるものかもしれません。

MASIで出したセッティングをFELT Z5にフィードバックして、次のBRM413埼玉400kmに臨もうと思います。



関連記事
BRM525群馬200kmエントリー完了
BRM525群馬200kmはじめてのブルべ、にエントリーしました。

今回は家内を含め、TEAM1のメンバー5、6人で出場することになっています。

地元群馬のブルべは初めてで、また今回は仲間と一緒に走れるので非常に楽しみです(いつもは孤軍奮闘している)。

桐生の梅田から老越路峠までが登りで、それ以外はフラットが多いので、ゆっくり走れば問題ないでしょう。

制限時間を目一杯使って楽しみたいと思います。
関連記事

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Twitter

カウンター

リンク

最新コメント

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。