プロフィール

suzy

Author:suzy
向かい風と坂が嫌いなフツーの中年サイクリスト。ブルべを中心に走っています。モットーは最小限の走行でシュペール・ランドヌール(SR)を達成すること。貧脚にもかかわらず意外としぶとい。AJ群馬スタッフ始めました。

当ブログはリンクフリーです。

BRM結果

     - 2016年度 -
 BRM220群馬300  17:47試

     - 2015年度 -
 BRM221群馬200  10:14
 BRM314埼玉300  16:37
 BRM321群馬300  16:44試
 Randonneurs
  Tokyo Fleche! DNF
 BRM425群馬400  25:03
 BRM516群馬600  DNF
 BRM718宮城600  DNF
 BRM1003青葉600 DNF
 BRM1011群馬200  9:21試

    - 2014年度 -
 BRM308群馬200  10:29
 BRM329群馬400  DNF
 BRM510宇都宮400 24:59
 BRM517宮城300  15:47
 BRM628群馬600  37:32試
 BRM726群馬200  中止
 BRM927宮城200  9:42
 BRM1004群馬200 10:15

     - 2013年度 -
 BRM323埼玉300   15:04
 BRM413埼玉400   21:13
 BRM525群馬200   11:48
 BRM629群馬200   11:52
 BRM713群馬600   39:15
 BRM1005青葉300  19:32

     - 2012年度 -
 BRM904青葉200   12:07
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ペンギンおじさんの自転車でGo!
HOME > ARCHIVE - 2013年03月
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LAPIERRE SENSIUM 200L CP 2013
家内のロードバイクが納車されました。

sensium.jpg
sensium (2)

ラピエール センシウム 200L CPです。

昨年のサイクルモードで試乗して気に入った2012年モデルの100L CPの後継モデルとして発売されたのもです。予約注文してから約4カ月位待っての納車です。

もちろんフルカーボンで、コンポーネントは主にシマノ105となっています。STI、クランク、ディレーラーは105、ホイールはWH-R500と手堅い仕様。

ブレーキはカタログ上ではBR-R451というティアグラグレードのものとなっていて制動力等で不安がありましたが、実際は105グレードのBR-R561がついており安心しました。

スプロケはCS-4600の12-28Tが付いていましたが、できるだけ軽いギアがあった方がいいとのことで、私のFELT Z5にデフォルトで付属してきた12-30Tに交換しました。34T-30Tなら大抵の坂は越えられるでしょう。

ハンドル、ステム、シートポストはRITCHEY。

ペダルは私が使っていたPD-A600を取り敢えず付けました。

Cycle Shop ONEさんから受け取った帰りに少し乗った印象は、とにかく軽くて速いとのこと。普段乗っているシラスより重量で約3kg軽いので当然といえば当然です。

購入前との印象の違いは意外と色が派手だったことで、カタログで見る限りは白にピンクがアクセントとして入っている印象でしたが、トップチュープ上面やフォークの裏側もピンクであり、ピンクの占める割合が多かったことが派手なイメージとなっているようです(本人としては別に問題ない様子)。

家内はこのバイクでBRM525群馬200kmに出場予定で、近々シェイクダウンを兼ねてロングランに行こう思っています。
関連記事
スポンサーサイト
サドル交換
300kmのブルべを走った時、お尻の痛さ(坐骨が痛い)に悩まされ、その原因をいろいろ考えてみました。最近お尻が痛くなるという症状が全く出なかったため、ハード面での原因がありそうです。昨年200kmを走った時は全然問題なかったので、その違いを挙げてみます。

 2012 BRM904青葉200km
  バイク      MASI Speciale Road 2011
  サドル      MASI オリジナル(VELO製)
  レーサーパンツ  パールイズミ 3D-NEO
  所見       ゴールまで全く問題なし

 2013 BRM323埼玉300km
  バイク      FELT Z5 2012
  サドル      FELT オリジナル(VELO製)
  レーサーパンツ  ル・コック スポルティフ (DESANT PAD)
  所見       100km過ぎで痛くなる

 考えられることは
  1.MASIに比べFELTはハンドル位置が高くアップライトなポジションとなり、必然的にお尻に荷重がかかる。
  2.サドルの形状が合っていない。
  3.レーサーパンツの性能の違い。

1.については、購入した当初、ハンドル位置が高く楽であると思いましたが、実際長距離を走ってみるとちょっと高すぎるような感じがしました。ハンドルセンター部分での地上高はMASIが87cmに対し、FELTは92cmもあります。これについてはヘッドコラムのスペーサーを抜くという手段にて対応できます。下の2枚を抜くと90cmとなります。

130330.jpg

とりあえず、スペーサーは上に積んでおき、次回のBRMを走ってみて問題ないことを確認してからカットしようと思います。

2.については原因のウエイトが高そうなので、いろいろ調べました。MASIのサドルはクッション性はありませんが、後ろ側が上に反った形状をしており、FELTは比較的フラットです。MASIの形状がいいとするならば、その手のサドルを試す必要があります。

いろいろWEBで調べた結果、フィジークのアリアンテというものが価格的にもよさそうなので、早速Cycle Shop ONEさんに取り寄せてもらいました。

本来、サドル重量をできるだけ下げることを考えていましたが、背に腹は代えられません。オリジナルのサドルと重量を比べてみました。

<P1010158.jpg
P1010159.jpg

オリジナルは248g、アリアンテはカタログ上では259gでしたが、実際は252gと4g増。これなら目をつむれる範囲です(本当はセライタリアSLRあたりの軽量サドルにしようと思っていた)。

取り敢えず、装着してみました。

P1010161.jpg

座ってみた感じでは、オリジナルよりはフィットするようです。形状もMASIに近いです。

3.に関しては、双方比べましたが、形状的にそんなに変わらず、肌触りが3D-NEOの方がいいといった位で、股ズレに関しては差があるかもしれませんが、今回のような坐骨の痛みには有意差ないようです。

またFELTで一番長く走ったのは、水沢観音に行った80kmが最長で、それ以外はほとんどMASIの方に乗っていたので、調整も十分ではなく、乗り慣れていないというのもこういう事態を招く原因となったのでしょう。

取り敢えずこれで試走して、次に備えたいと思います。
   
関連記事
BRM323埼玉300kmアタック霞ヶ浦北浦涸沼 その3
PC5からいよいよナイトランに入ります。300kmブルべらしくなってきました。

幾分調子が回復してきたのでややペースを上げての走行となります。最初は単独走行をしていましたが、途中でPBPのベストを着た方に追いついたので、後ろにつかせていもらいます。そのうち後続の方も追いつき4人列車でPC6を目指します。経験の豊富な方の後ろで走ると非常に走りやすくとても楽です。

やがてつくば市に入り、PC1があった地点に戻り、同じ道を辿ってゴールへ向かいます。途中、先刻千切られた白のコルナゴの方がゆっくり走っていたので、4人列車は追い抜いて行きました。白のコルナゴの方はその後ろにつかれたようで、ここから5人列車になりました。

PC6のセブンイレブン水海道大生郷店(252km)には19:27通過。4時間21分のマージン。最後の補給として、サンドウィッチとおにぎりを食べ、スタートします。あと50km。何とか完走が見えてきました。

再びPBPベストの方の後ろにつかせていただきましたが、何らかの理由で坂東市の交差点で停まり、先に行くようにとのことなので、2人を先導して最後の力を振り絞って進みます。その辺りは南からの風が強く吹き、20km/h台前半しか出ません。

最終的に、芽吹大橋を越え、サイクリングロードの土手から下りるところまで、2人を先導する形になり大変でした。後ろにつかれるのはプレッシャーを感じて辛いです。

土手を降りた地点でPC6を先発していた白いコルナゴの方が停まっていたのでこちらも便乗して停まり、後ろの2人の方に先に行ってもらいました。白いコルナゴの方は、エネルギー切れとのことで大変そうでした。

この地点で残り30km。時間は20:30くらいでした。頭で計算し、何とか22時までにゴール(15時間切り)できるのではと考え、最後の激走が始ります。30km/h程度のスピードでゴールを目指します。しかし、ここからは野田、越谷といった市街地や大きな道路との交差点での信号の停止時間が長くなるので、思ったほど前に進みません。戸塚環境センター(残り5km)で21:48分となってしまったので15時間切りは断念しました。

結局ゴールには22:04分に到着し、15時間4分で完走となりました。このタイムが速いかどうか分かりませんが、0時までに帰ってくる一応の目標を大幅にクリアしたのでよかったと思います。

今回はフラットコースなので楽かなと思って参加しましたが、フラットコースは気象条件によっては難易度がかなり変わるようで、なめてはいけないと痛感しました。また、後で思い返してみると、PC出発直後は速く走れるが、途中で失速するという傾向があるようで、一定のペースで最後まで走りきるような走りができれば、同じタイムでももっと楽になるのではと思いました。

ゴールした時は次の400km(BRM413埼玉)は無理かな、と思っていましたが、今回の教訓を生かしトライしてみようと思います。3週間しかありませんが、まず膝を治し、その他足りなかったところを対策して臨みたいと思います。

お世話になったオダックス埼玉のスタッフの方々にこの場を借りてお礼を申し上げます。




関連記事
BRM323埼玉300kmアタック霞ヶ浦北浦涸沼 その2
PC2を単独で出発しましたが、霞ヶ浦大橋で前走者のデ・ローザのバイクの方に追いつき、湖岸から離れるところまで後ろにつかせていただきました。海からの強い横風で走りにくいことと、膝をかばうために20km/h前半のペースで淡々と走ります。この辺りからお尻が痛くなってきたので、時折ダンシングをしながら耐えます。風があまりにも強くつらいので、

「向かい風より峠の方が実は楽じゃないのか?。峠の登りは必ず終わりがあるが、向かい風はいつ終わるか分からないし…」

などと文句を言いつつ走ります。

麻生(行方市)の集落に入ったところで左折するとき、デ・ローザの方がそのまま直進しようとしたので、

「こっちですよ~」

と教え、そこから私が前に出て引っ張ります。

その後、麻生から北浦に向かいますが、この区間はアップダウンが続く区間で、短いながらも7%の勾配があります。この辺りは風の影響が少なかったため、少しペースを上げたところいつの間にか一人旅になっていました。

北浦大橋に近づくと、また風にあおられ失速します。序盤のオーバーペースが祟ったのかだんだん疲労感がでてきてヘロヘロになって走ります。

PC3のセブンイレブン鹿嶋和店(136.4km)には13:35通過。2時間29分のマージン。お昼過ぎということもあって、ここでしっかり補給している方が多いです。こちらも菓子パン、おにぎり、ウィダーインゼリー、コーラ等でしっかり補給。おにぎりはバックポケットに忍ばせておきます。尻痛と膝痛緩和のためサドルの高さを微調整します。よく考えてみると、FELTでロングランをしたのはこれが初めてだったので、ポジション出しが今一つだったようです。

ここからは風の影響が少ないので、若干ペースを上げて走行。鹿島臨海鉄道に沿って大洗付近まで北上します。単独走行で淡々と27~28km/hで走行します。

鉾田市の中根交差点でご夫妻とみられる2両編成の列車に追いつき、しばらく後ろにつかせてもらいます。その後一旦パスしてペースを上げましたが、再び脚が攣ったので減速。再度後ろについて行こうとしましたが、脚が売り切れてしまったため今度は放されていく始末で、PC4まで苦しい走りとなります。ほとんど同じ辺りを走行していた白いコルナゴの方にもここまで抜いたり抜かれたりしましたが、PC4の手前5km辺りでパスされ、あっという間に消えてしまいました。

PC4のファミリーマート水戸下入野店(174.4km)には15:24通過。3時間12分のマージン。バックポケットに入ったままのおにぎりとウィダーインゼリーとデカビタで補給し、早々にリスタート。

PC4を出ると涸沼の北岸に出ます。

hinuma.jpg

涸沼から離れると今度は石岡に向かって20km/h台後半で淡々と走ります。茨城町奥谷辺りから左膝の痛みと尻痛がひどくなり一旦失速します。このあたりもアップダウンがちょくちょくあり、痛みに追い打ちをかけます。

その後、石岡市街でさっきのご夫妻らしき方々に一旦追いつきましたが、再び徐々に離されていきます。ここでやむを得ず消炎剤のお世話になりました。しばらくすると膝の痛みが和らいできたので再びペースアップし、日が傾きかけた頃にPC5に到着。

PC5であるココストア千代田志筑店(214.6km)には17:35通過。3時間45分のマージン。途中で補給食を摂りながら走ってきたので、補給は軽めにリスタート。ここからナイトランとなるのでライトを点灯しました。 ~続く~


関連記事
BRM323埼玉300kmアタック霞ヶ浦北浦涸沼 その1
BRM323埼玉300kmアタック霞ヶ浦北浦涸沼。何とか完走しました。

フラットコースということで、何とかなるかなーって乗りで参加しましたが、辛かったの一言でした。昨年のBRM904青葉200kmの時も大変でしたが、こちらは楽しむ余裕がありました。

始終、風と膝痛と尻痛に悩まされ、楽しむ余裕など一切ありませんでした。



北関東道、東北道を使い浦和ICまで行き、スタート地点の川口市神根公園に5:30頃入りました。6:00から受付が始り、6:30からブリーフィング、その後装備品の確認後7:00スタートとなります。

スタート直後は当然ながら長い列車走行となります。私はオダックス埼玉のジャージを着た方の後につきました。ブルべ初心者として走り方を学ぶのには絶好の機会です。

越谷を過ぎた辺りから、だんだん田園風景となり、江戸川を越えると醤油の町、千葉県野田市です。この辺りから左の膝に違和感を感じるようになり、やや不安になります。

野田スポーツ公園から利根川の土手に上がり、芽吹大橋を目指します。ここまでは30km/h前後のペースで走っていましたが、私にとってはややオーバーペースだったようで、これは後になって響くこととなります。

芽吹大橋を渡ると茨城県に入り、さらに坂東市(旧岩井)の街中を通過し、美妻橋で鬼怒川を越えます。この辺りはまだ風もなく、4~5人の列車で快走します。

PC1のローソンつくば高野店(64.0km)を9:46に通過。1時間30分のマージンです。今回はバックポケットに補給食やスタート前に買ったおにぎりがまだあったので、補給は軽めにし早々にリスタートしました。

ここからは、しばらく一人旅となります。つくば学園都市の中を通過し、つくばりんりんロードに入ります。つくばりんりんロードは2年前に一度走ったことがあります。

この辺りから向かい風が吹いて来て、やや失速します。ここで我慢の走りをすればよかったのですが、まだ余裕があったので少し頑張って走ったため脚が攣ってしまいました。それでも先行者3人をパスし、霞ヶ浦に向かって進んでいきます。

土浦駅を越え、少し行くと霞ヶ浦の湖岸に出ます。

kasumigaura.jpg

ここに来ると、さらに東からの強い風が容赦なく吹いて来てさらに失速します。霞ヶ浦の風景を満喫する余裕などなく、ひたすらPC2に向かって進みます。この辺りから違和感のあった左膝が痛み始めました。PC2の手前で工事区間があり、迂回する箇所がありました。

PC2の歩崎園地(100.7km)には11:31通過。2時間13分のマージン。失速したにもかかわらず貯金が増えています。ここは有人PCで、スタッフの方にブルべカードとPC1のレシートを提出してチェックを受けます。コーラとビスケットの差し入れをいただきました。

これから霞ヶ浦大橋を渡り、さらに霞ヶ浦の東岸を進んでいきます。   ~続く~
関連記事
BRM323埼玉300km準備完了
いよいよ明日は2013年度初ブルべです。

天気もよさそうなので、できる限り軽装備で臨む予定です。予報では気温も7℃から18℃位なので走りやすそうです。

明日の準備がほぼ終わったので、明日の未明に家を出るため早寝します。

先週のBRM316埼玉300kmを走られた方のブログを拝見すると、ほとんどの方が15時間以内で帰ってきているので、今回もそんな感じになるのでしょうか?(ややビビっています)。

「3時(クローズ)までに帰ってくればいいや...」

という気楽な気持ちで走ってきたいと思います。霞ヶ浦、北浦、涸沼の風景を楽しんできます。
関連記事
スプロケ交換
BRM323埼玉、BRM413埼玉にエントリーしましたが、共にフラットコースということで、スプロケを交換しました。

普段は貧脚仕様のCS-5700の11-28Tを使用していましたが、フラットコースではクロスレシオの方が有利なため、同シリーズの12-25Tにしました。激坂や長い峠がない限り25Tで何とかなりますし、11Tなどまずもって使用しないので、その代わりに16Tというおいしいギアが手に入ります。

実は今日、職場からの帰りがけにスプロケ交換について相談しようとCycle Shop Oneさんに寄ったところ、使用見込みのないCS-5700 12-25Tの中古品が丁度あり、重田店長のご厚意により譲っていただきました(感謝感激です ^_^)。

帰宅して早速交換してみました。

fc2blog_20130301203604d54.jpg

スプロケが小さく、いかにも速そうに見えます。常時このスプロケで走れるようになりたいものです。
無理か…(−_−#)。

関連記事
BRM413埼玉エントリー完了
オダックス埼玉さん主催のBRM413埼玉400kmフラッと九十九里にエントリーしました。前回のようなWeb上のトラブルもなく、あっさりエントリーできました。

引き続きフラットコースとなりましたが、まだ300kmも走ったことがないのに400kmなど無謀極まりありません。

果たして完走はおろかスタートに立つことができるのでしょうか?!
関連記事

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Twitter

カウンター

リンク

最新コメント

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。