プロフィール

suzy

Author:suzy
向かい風と坂が嫌いなフツーの中年サイクリスト。ブルべを中心に走っています。モットーは最小限の走行でシュペール・ランドヌール(SR)を達成すること。貧脚にもかかわらず意外としぶとい。AJ群馬スタッフ始めました。

当ブログはリンクフリーです。

BRM結果

     - 2016年度 -
 BRM220群馬300  17:47試

     - 2015年度 -
 BRM221群馬200  10:14
 BRM314埼玉300  16:37
 BRM321群馬300  16:44試
 Randonneurs
  Tokyo Fleche! DNF
 BRM425群馬400  25:03
 BRM516群馬600  DNF
 BRM718宮城600  DNF
 BRM1003青葉600 DNF
 BRM1011群馬200  9:21試

    - 2014年度 -
 BRM308群馬200  10:29
 BRM329群馬400  DNF
 BRM510宇都宮400 24:59
 BRM517宮城300  15:47
 BRM628群馬600  37:32試
 BRM726群馬200  中止
 BRM927宮城200  9:42
 BRM1004群馬200 10:15

     - 2013年度 -
 BRM323埼玉300   15:04
 BRM413埼玉400   21:13
 BRM525群馬200   11:48
 BRM629群馬200   11:52
 BRM713群馬600   39:15
 BRM1005青葉300  19:32

     - 2012年度 -
 BRM904青葉200   12:07
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ペンギンおじさんの自転車でGo!
HOME > ARCHIVE - 2012年09月
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FELT Z5 シェイクダウン
2012年9月29日(土)

FELT Z5のシェイクダウンを行いました。

コースは桐生から梅田方面に向かい、梅田大橋を渡り、県境を越え、老越路峠から長石林道に入り、松田から猪子トンネルを抜け、小俣から渡良瀬川サイクリングロードで戻ってくるコースです。老越路峠は今年開催されたブルべ、BRM526群馬200のPC1地点であり、来年に同コースで行われるか分かりませんが、下見がてらに行ってきました。



実は2週間前にもMASIで同コースを走っているので、乗り比べることでFELT Z5の性能を見ようとするものです。

まず走りだしてみて最初の印象は、「乗りやすい」ということです。ヘッドチューブが長くアップライトなポジションが取れるので、これならロングランをしても体が痛く(特に腰)ならないのではないでしょうか。

また、軽量から来る加速性能upは著しいものがあります。あっという間に30km/h超えています。車重はホイールをWH-6700に交換後でほぼ8kgで、MASIより2kg軽いことになります。

登坂能力に関しては、MASIより1枚小さいギアで登れるような感じです。斜度10%超えでも数km程度なら34T-28Tでケイデンス60を何とか保つことができ、10km/h程度で登れます。

FELT Z5 shake down (4)
FELT Z5 shake down (2)
FELT Z5 shake down (5)

全体的にケイデンス80で軽快に走るととても気持ちがよく、ロングランが楽しくなりそうです。
来年度からブルべ用としてメインに使用していく予定です。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

赤い自転車
赤い自転車が我が家にやってきました。

FELT Z5

FELT Z5 2012年式です。ついにフルカーボンを買ってしまいました。貧脚対策で走ったのはハードウェアのグレードアップでした(情けない…)。

例により、年度替わりによる旧年式車のたたき売りでゲットしました。安かったです。FELTはもともと価格設定が低めですが、さらに安くなり、まさに庶民の味方です。

Zシリーズにしたのは他でもなくブルべ用として購入したからで、ハンドル位置が高めのコンフォート系以外は眼中にありませんでした(レース志向は全くありません)。

本来Z5は105コンポ使用で手ごろなため真っ先に売れ切れるはずなのですが、私に対応するサイズはわずかに残っていました。2012年式のZ5はレッドカラーなので、赤に抵抗がある人が敬遠したものと思われます(紺のZ4、黒のZ6は売り切れ)。かく言う私は赤は好きな色なので問題なし。

ホイールはマビックの鉄下駄、タイヤは何と25Cのスリックタイヤ。使えません。すぐにMASIについているホイール(WH-6700)に交換しました。

実は今週の日曜日に納車されたばかりで、その日は雨だったのでまだ一度も乗っていません。今度の土曜日が楽しみです。

追記) 2015年5月に委託販売で売却しました。


関連記事

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

青い自転車
青い自転車が我が家にやってきました。

正体はライトウェイのツーリングバイクであるソノマ(2012年式)です。

sonoma (2)
sonoma (3)
sonoma.jpg

実は通勤車として使用していたドロップハンドル化したシェファードが変身したものです。

シェファードはやはりクロスバイクなのでトップチューブが長く、ドロップハンドル化した際にハンドルステムを短くしてもややハンドル位置が遠い感じがしていました。そんなわけで何かいいロード用のフレームが手に入らないかと探したところ、ヤフオクにて2012年式ソノマの新車フレームが出品されており、値段も非常に安かったので落札しました。

ソノマはツーリング車なので、ブレーキはカンチ用の台座となっており、太いタイヤも履くことができます。オリジナルのようにスポルティーフ風に仕立てることも考えましたが、やはり、シェファードに付けているパーツを移植してシクロクロス風にした方が安く上がるので、シクロクロスタイプにすることにしました。シェファードはオリジナルに戻し、誰かに譲る予定です。

コンポについては、ドライブ関連はMASI SPECIALE ROADの105化によって外した4500系TIAGRAを使用しました。ブレーキはカンチにすることも考えましたが、制動力を考えBR-R353のミニVブレーキをそのまま移植しました。このミニVブレーキ化で唯一問題となっていたブレーキの開放ができない(タイヤが外せない)問題は、シマノのケーブルアジャスターを挿入することによって解決しています。

ハンドル、サドル、タイヤ、ホイール等はシェファードからの移植です。シートポストは現在シェファードのものをつけていますが、シェファードをオリジナルに戻す際必要となるので、ブラックのシートポストを別途発注しています。

実際の乗り味ですが、同じクロモリに関わらず、MASIのようにギュイーンと加速する感じとは程遠く、鈍く、タイヤの影響もあってスピードは出ません。価格なりです。車重が11kg位あるので、余計重く感じるようです。トレーニング用と割り切って乗っています。いざとなったら25C位のタイヤに入れ替えて走るというのもありかなと思います。



関連記事

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

BRM904青葉200km定峰 その2
PC2であるセブンイレブン秩父宮地店を出発し、大野原の交差点を右折し定峰峠へ向かいます。

定峰峠は3回目なので、勝手知ったると言った感じです。斜度5~6%の登りが7.2km続きます。ここでも無理は禁物で、10km/h前後でゆっくり登ります。乗り方が悪いのか途中で腰が痛くなってきましたが、そこは気合で乗り切り、膝に負担がかからないように注意しながら行きます。

定峰峠には12:00前に到着、茶店でもなかアイスを買いちょっと休憩。

ここからは東秩父村の和紙の里まで14kmを一気に下ります。体力温存のためペダリングせずに惰性だけで降りましたが、これは失敗であることを後で知ることになります。

和紙の里では通過チェック点ということでオープン・クローズはなく、レシートがあれば時間は不問です。通過時間は12時38分。売店ではアイスを買い、自販機でボトルを補充。休憩所の方に行き、手洗い場で頭から水をかぶりました。

ここに到着した際、秩父のセブンイレブンで一緒になった方をちらっと見かけましたが、これ以降はゴールまで完全一人旅でした。

ここからは小川町に入り県道30号線で飯能方面に進みます。この辺では雲が途切れ日差しが出てきたので非常に暑く大変でした。さらにこの区間は7月に走った時も感じましたが、意外とアップダウンが多く、さらに体力を消耗してしまいます。また定峰峠からの下りでペダリングしなかったことで足が動かなくなり、通常なら大したことない坂も15km/hしか出せずに苦労しました。とにかくこの区間が一番辛かったような気がします。

エネルギー切れのような感じになってきたので、たまらず宮沢湖近くのサンクスで休憩。

 ガリガリ君
 ウイダーINゼリー
 ロックアイス・カップ

で補給で少し元気を取り戻します。

飯能あたりまで来ると、今度は雲行きが怪しく、雷の音みたいなのが聞こえてきます。降らなければいいなと思いながらPC3のある青梅までひた走ります。

PC3はセブンイレブン青梅日立前店で、オープン・クローズは10:42~16:40です。ここでの通過時間は15:13で、87分のマージン。ここで買ったものは、

 マッチ(ビタミン飲料) 500ml
 ポカリスエット     500ml
 いろはす        500ml
 おにぎり梅
 森永たっぷりプリンカスタード

清算を済ませ外に出ると雨がポツポツ降ってきて、あっという間に土砂降りになりました。仕方ないので補給を取りながら雨足が弱くなるのを待ちます。15:30頃小降りになったので出発。ちょっと時間ロス。

雨に降られながら立川に向かいます、シューズの中も雨水でグチャグチャになって気持ちが悪くなってきます。

そのうち雨も止み、「さあ、行くぞ」と思っているところでまたもトラブル。拝島付近でGPSのバッテリー切れ。さっき残量を確認した時には半分くらいを指していたので、ゴールまで持つだろうと甘く考えていましたが、ある残量になると一気に無くなるようです。予備の充電用のバッテリーは持っていましたが、携帯電話と同じく、完全にバッテリーが切れると充電しなくなるようです。

おまけにこの直後、道に迷い焦りました。お守りとして持っていたラミネート加工のキューシートが本当にお守りになりました。何とかコースに復帰し、キューシートを片手に走ります。

このペースでいけば12時間以内でゴールに着けるなと考えていましたが、立川では赤信号の嵐でなかなか進まず閉口しました。

多摩川沿いの道まで出てホッとしたのも束の間、関戸橋の交差点で渋滞にハマり、是政橋付近は往路とコースが若干違うので道を間違え少しロス。だんだん12時間切りが難しくなってきました。でも考えてみれば13時間半以内に戻ってくるのが目標だったので、高望みはしないことにして最後まで自分のペースを守りゴールに向かいました。

ゴールのファミリーマート天神森橋店には18:07到着となり、結局12時間7分で完走となりました。

ゴール受付のデニーズ多摩堤通り店に行き、ブルべーカードとレシートを提出し手続きします。初ブルべだったので当然メダルは申し込みました。

聞いた話によると、1番で帰ってきた方は15:00頃到着したとのことで、この頃青梅にいた私とは40kmの差があったことになります。

その後、夕食を摂りながら先着された方とお話しさせていただき、いろいろ勉強になりました。皆さんかなり走り込んでおられるようで、もっと頑張らねばと思います。

何とか完走した200kmブルべでしたが、ゴールした時はこれ以上走れる気がしなく、300km以上は今の段階では無理であると思いました。今後200kmを何度か重ねてステップアップしていこうと思います。

改めてお世話になったスタッフの方、一緒に走っていただいた方々に感謝いたします。

(尚、今回は走行中全く余裕がなかったので、デジカメ持参にもかかわらず写真は1枚もありません。)

 


関連記事

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

BRM904青葉200km定峰 その1
2012年9月4日(火)

人生初ブルべ、VCR青葉さん主催のBRM904定峰200に出場しました。

BRM904定峰は、東京世田谷区の二子玉川を出発し、狛江、立川、青梅を通り、飯能西部の名栗から山伏峠を超え、秩父、定峰峠、東秩父、小川、越生、飯能を通り、青梅から往路とほぼ同じ道で戻ってくるというコースです。



累積高度が1600m位と200kmブルべとしては易しいコースとのことですが、初ブルべの私にとってはそんなに甘いものではないです。7月に山間部のみ走ってみましたが、これでもおなかいっぱいといった感じでした。

9月1日(土)にもBRM901として全く同じコースで行われていますが、こちらはゲリラ豪雨があり大変だったそうです。それに対しBRM904は猛暑との予想があり、熱中症対策がカギとなります。

前日早寝をして、当日0:00過ぎに家を出発、3:00に現地入り、4:30までクルマでさらに仮眠を取りました。
移動の途中、結構な雨が降っており、直前の天気予報では当日曇りとなっていたので、そんなに暑くならずに済むようです。

5:00にスタート地点の兵庫島公園に行き、受付を行い、ブルべカードに必要事項を記入します。雨は上がっており、路面は多少濡れていますが問題なさそうです。但し、夕方にひと雨来るかもとのこと。

今日は平日なので22人エントリーで出走17人と少なく(BRM901は97人出走)、ブリーフィング、車検を済ませて6:00全員で一斉スタートです。

スタート後はしばらく多摩川沿いの一般道を走ります。その後、狛江に入り和泉多摩川駅から狛江高校の辺りがやや複雑なコースとなっているので、前走者に従っていきます。私は群馬県在住なのでこの辺の人から見ればよそ者となりますが、実は私の出身地は調布市で、狛江高校は母校だったりします。30年前の話なので浦島太郎状態ですが、道は何となく分かりました。

この後、国立までは基本的に多摩川に沿って進み、立川市街を通過し、奥多摩街道を北上し、「小作坂下」交差点で右折します。私は峠越えでガクッとスピードが落ちるので、平地で時間を稼ごうとし、スタートから集団の中で一緒に走っていましたが、この辺から徐々に遅れ、一人で走る時間が多くなります。

最初のチェックポイントであるPC1は46km地点の青梅のファミリーマート海田岩蔵街道店で、ここで買い物をしたレシートが通過証明となります。ここは7:21~9:18がオープン・クローズなので、レシートの時間が9:18までとなっていないとタイムアウトになります。私の通過時間は8:11で、67分のマージンとなっています。ここで買ったものは、

 オレンジジュース 500ml
 ロックアイス・カップ
 わかめご飯のおにぎり 1個
 男梅グミ(塩分補給用)

ここから軽いジャブで山王峠という低い峠を越え、名栗からメインディッシュの山伏峠に挑みます。距離は4kmで一部斜度10%を超える場所もあり、ここで無理をすると後で大変なことになるので、ゆっくり無理せず登ります。前回来た時のような膝痛はありませんが、決して楽ではありません。案の定、山伏峠の前で2人にあっさり抜かれました。

峠を越えると今度は正丸トンネルの秩父側出口まで一気に下っていきます。「正丸トンネル」T字交差点で国道299号線にぶつかり、そこを左折しますが、国道299号線はセンターラインにソフトポールが立っているので大型車に抜かれるときはかなり緊張します。幸い信号が変わって左折と同時に必死に漕いだところ、ソフトポールがないところまでに抜かれたのはトラック1台だけでした。

秩父市街に入るとPC2があります。PC2は89.5km地点のセブンイレブン秩父宮地店で、オープン・クローズは8:39~12:00。通過時間は10:35で85分のマージン。ここで買ったものは、

 ロックアイス・カップ
 濃厚練乳ミルクフランス(菓子パン)
 ポカリスエット 500ml
 おにぎり梅
 マッチ(ビタミン飲料) 500ml

暑いには暑いですが、曇っているのでそんなに辛くはありません。但し、日差しが出るとかなり暑いです。

PC2では、前を走っていた方と後ろを走っていた方の3人が一緒になり、これより前を走っていた方についてはコース上で見かけることはありませんでした。

3人のうち最後にPC2を出発(どうせ先に出発しても追い抜かれるので…)。これから定峰峠を目指します。

~続く~


関連記事

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

MASI 105化
BRM904定峰200に使用するMASI Speciale Roadのコンポを105にアップグレードしました。

105コンポの一部(クランク、ブレーキキャリパー、リアディレーラー)の完成車外し品を格安で譲ってもらったので、その他の部品(STI、フロントディレーラー等)も新品で取り寄せてもらい、一気に交換しました。

shimano105 (2)
shimano105.jpg

105化による恩恵は、STIのシフトケーブルがバーテープに巻き込めるので、フロント周りのアタッチメント等の取り付けの自由度が増すことと、10速化によるカセット11-28T化と若干ギアが軽くなること位だと思っていました。

しかし、それよりも軽量化の方が大きく、特にTIAGRAと105のクランクを持ち比べると全然違います。105化により車体重量も10kg(TIAGRAの時は10.3kg)まで軽量化できました。

また、試走をするとブレーキのフィーリングが全然違いコントロールしやすいことが分かりました。その結果、下り坂での手の負担が減り、これも意外に効果があるようです。

9月4日は暑くなるようで大変そうですが、何とか完走にこぎつけたいと思っています。


関連記事

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Twitter

カウンター

リンク

最新コメント

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。