プロフィール

suzy

Author:suzy
向かい風と坂が嫌いなフツーの中年サイクリスト。ブルべを中心に走っています。モットーは最小限の走行でシュペール・ランドヌール(SR)を達成すること。貧脚にもかかわらず意外としぶとい。AJ群馬スタッフ始めました。

当ブログはリンクフリーです。

BRM結果

     - 2016年度 -
 BRM220群馬300  17:47試

     - 2015年度 -
 BRM221群馬200  10:14
 BRM314埼玉300  16:37
 BRM321群馬300  16:44試
 Randonneurs
  Tokyo Fleche! DNF
 BRM425群馬400  25:03
 BRM516群馬600  DNF
 BRM718宮城600  DNF
 BRM1003青葉600 DNF
 BRM1011群馬200  9:21試

    - 2014年度 -
 BRM308群馬200  10:29
 BRM329群馬400  DNF
 BRM510宇都宮400 24:59
 BRM517宮城300  15:47
 BRM628群馬600  37:32試
 BRM726群馬200  中止
 BRM927宮城200  9:42
 BRM1004群馬200 10:15

     - 2013年度 -
 BRM323埼玉300   15:04
 BRM413埼玉400   21:13
 BRM525群馬200   11:48
 BRM629群馬200   11:52
 BRM713群馬600   39:15
 BRM1005青葉300  19:32

     - 2012年度 -
 BRM904青葉200   12:07
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ペンギンおじさんの自転車でGo!
HOME > CATEGORY - 旅行・アウトドア関連
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウエストリバーオートキャンプ場
2013年8月8日(木)~9日(金)

2年ぶりにキャンプに行ってきました。

行先は、山梨県南アルプス市にあるウエストリバーオートキャンプ場(ttp://www.westriver-camp.com/index.html)です。このキャンプ場には一昨年に行ったオーキャン宝島と同じく、ドッグフリーサイトがあり、愛犬ななも連れて行くことができます。

今回は次男坊が部活の練習試合と重なってしまったため、家内と長男の3人で行くことになりました。今回は1泊のみなので、特にスケジュールを決めずにのんびり過ごすことにしました。

14:00チェックインなので、9時ごろ自宅を出発し、北関東道、圏央道、中央道を使い、途中で買い物をしながら14:30頃現地入りしました。

取り敢えずテント設営ですが、2年ぶりともあってテントの張り方を忘れてしまい往生しました。

IMG_0269.jpg

サイトはとても広く、今回はテントのみの設営だったため、スペースがかなり余ってしまいました。

夕食は、バーベキューと焼きおにぎりで済ませ、ゆったりとした風呂につかりのんびりできました。そして22時には就寝しました。この時期はファミリーシーズンとのことで団体客が利用できないため、小さな子供を連れた家族が多く、そういった方々は夜中に騒ぐようなことはしないので22時にはほとんどのサイトで就寝しており非常によかったです。

翌朝は6:00に起床し、簡単な朝食を摂り、しばしの休憩後撤収に取り掛かります。

この後は、清里、野辺山で少し観光し、佐久から上信越道で帰ることになっています。

清里あたりは標高1,300m位なので、涼しいかと思いきや結構暑く、日陰に入れば何とかといった感じでした。清里のメリーゴーランドカフェ(犬同伴可)で昼食を摂り、周辺を少し回りましたが、あまりに暑いのでだんだん外に出るのが億劫になり、野辺山駅でお土産を買って早々に帰宅の途に着きました。自宅は当然のことながらさらに暑く参りました。

IMG_0280.jpg

スポンサーサイト
オーキャン宝島
2011年8月3日(水)~5日(金)

夏のキャンプに行ってきました。私の公休日を利用しての3日間で行ってきました。

例年は海の近くに行くのですが、今年は愛犬「なな」を連れて行こうと暑い海辺ではなく涼しい山にしました。

行先は栃木県塩谷町にあるオーキャン宝島です。このキャンプ場はサイト区画に柵が張り巡らせている「ドッグフリーサイト」があることが特徴で、リードなしで置いておけるので「なな」にとってもストレスなく過ごせそうです。

3日の10時頃自宅を出発し、北関東道、東北道を通って矢板ICで降り、一般道を西に向かってしばらく行くと正午過ぎに早くも到着。

ACN_takarajima_002.jpg

簡単な昼食を摂り、早速設営を開始します。サイトは「流し台付きドでかドッグフリーサイト」というもので、サイトの中に水道があるのでわざわざ柵の外に出なくてもOKです。広さも150平米で十分広いです。

この日は設営後、キャンプ場内になるドッグランや冒険の森という遊び場で過ごし、17時頃からバーべキューと焼きそばの夕食を摂り、19時50分に予約してあった貸切家族風呂で汗を流し、ゆっくり過ごしました。

翌日は朝食後、千本松牧場に行きます。ここで子どもたちはパターゴルフをしたりして遊びます。ここは温泉もあり、気軽に寄れる足湯を楽しんだ後、ペット同伴できるレストランでパスタランチ。ソフトクリームも忘れずにいただきました。

この日の夕食はキーマカレーと豚汁でした。やはりキャンプではバーベキューとカレーは定番ということでしょう。

5日はパスタの朝食を摂り、早めに撤収に取り掛かります。理由は朝から雨が降ったり止んだりしていたためで、雨天の撤収は何かと厄介だからです。

10時過ぎにはキャンプ場を後にし、お昼過ぎには帰宅しました。

3日間を振り返って、夏の山のキャンプは初めてで、海に比べ涼しく過ごせ(朝方はシュラフに包まらないと寒い)、暑がりの私にとっては非常に助かりましたが、天気が不安定なことと虫が多い(特にアブが多かった)のが厄介だと思いました。
渡良瀬遊水地ディキャンプ
2011年5月4日(水)

GWで家族そろって休日なのは今日だけなので、デイキャンプに行ってきました。

行先はいつもの渡良瀬遊水地で、今回はお手軽キャンプということで食事に凝らずにしようと、すべてガスコンロで行い、炭を起こさないバーベキューを楽しみました。

装備もヘキサタープだけを張り、最近買った小川キャンパルのリラックスアームチェアーでのんびりくつろぎました。

DayCamp110504.jpg

天気に恵まれ、午後はかなり気温が上がり暑いくらいでした。子どもたちはボール遊びをしたりレンタルサイクルを楽しんだしして過ごし、我々夫婦は愛犬ななとリラックスタイムです。

久しぶりのアウトドアを楽しむことができ満足しました
ウォーターパーク長瀞
2010年10月10日(日)~11日(月)

3連休ということで、後半の2日を利用して家族1泊キャンプに行ってきました。場所は埼玉県長瀞(所在地は皆野町)にあるウォーターパーク長瀞です。特にこだわりはなく、自宅から1時間半くらいで行けるということで決めました。

11日は旗日ですが、私の職場は出勤日なので年休を取得して行ってきました。愛犬「なな」も同行です。

天気予報では11日は晴れるが10日は雨とのことでしたのでどうしたものかと思いましたが、今までテント設営時と撤収時に雨だったという経験がなかったので、この際雨キャンプもいい経験になると思って雨でも決行するつもりでした。しかし10日のお昼には晴れてきて、夕方ほんの少しぱらついた以外は全然問題がなく拍子抜けしてしまいました(うちの家内は自称「晴れ女」だそうで、今回も実力発揮といったところでしょうか?…)。

10日の正午前に出発し、ゆっくり走ってほぼチェックイン時刻の14時に現地に着きました。

天気が回復してしまったので、テント設営で夏キャンプのように大汗をかいてしまいました。

nagatoro_001.jpg

現地は荒川の川沿いにあり、ライン下りやラフティング等を楽しむことができ、また場内には管理釣り場もありますが、現在はメンテナンス中とのことでした。我が家では特に何もすることなくのんびりと過ごしました。

サイト自体は標準的な広さですが、地面が小石混じりの土であり、土中に埋まっている大きい石でペグが打てない場所があるので少し厄介です。やはり芝サイトの方が何かと楽です。また、私たちのサイトのから川を挟んで反対側に滝があり、これが結構うるさいです(下の写真参照)。

nagatoro_002.jpg

テント設営後、雨は降っていませんが雲行きが怪しかったので早めに夕食の準備に取り掛かり、バーベキューと焼きそばで済ませました。その後はテントの前室(スノーピーク ランドブリーズ5LX)で家族でトランプ等のゲームをして楽しみました。

翌日はアラビアータとパンケーキ、トースト等の朝食を取り、撤収作業に入ります。今回はホンダ ストリームの車載能力を検証することも目的でしたが、やはり重装備は無理で、ジェットバッグがあった方がいいということになりました。

楽しいキャンプでしたが、1泊ではテント設営して夕食、朝起きて朝食を取って撤収と時間的にかなり忙しく、次回からは前室付テント一つの軽装備とし、食事にはあまり凝らないようにしようと思います。
湯檜曽川ディキャンプ
2010年8月23日(月)

今日は私は公休日で家内は夏休みを取ったので、20日に納車されたストリームに乗ってデイキャンプを楽しんできました。

Stream_001.jpg

行先は昨年も行った湯檜曽公園です。公園の近くには湯檜曽川が流れているので川遊びができ、適当な木陰でバーベキューも楽しめます。公園にはトイレもあるので場所としては完璧です。

8時頃自宅を出発し、1時間ちょっとで到着します。川で遊んだり、公園でサッカーをしたりして午前中を過ごし、バーベキュータイムです。大きくてなかなか持ち出せなかったコールマンのミニスクエアムーバブルグリルII(但しクルマが大きくなっても持って歩くには大きいですが…)を使って焼きそば、焼肉とソーセージのスモークを作り昼食を楽しみました。

今日は前橋で気温が37℃くらいまで上がり猛暑日でしたが、この辺りは気温34℃くらいまで上がるも湿度が低いためか木陰では普通に過ごせる程度で問題なしでした。

15時過ぎごろ撤収に取り掛かり、17時には帰宅しました。
大原オートキャンプインそとぼう
2010年8月5日(木)~7日(土)

恒例の夏のキャンプに行ってきました。

今年の場所は「大原オートキャンプインそとぼう」さんです。

ohara_camp.jpg

チェックインが13時からなので7時半ごろ家を出て、アクアラインを通り「海ほたる」で早めの昼食をとり、房総半島に入りました。

キャンプ場は海岸に近いところにあり、小道をちょっと歩くと海岸に出られます(ここは遊泳禁止)。そのため海風が吹くので結構涼しく感じます。また、場内はとてもきれいで区画も広く好感が持てます。

13時半頃チェックインし、新調したスノーピークのテントの設営と買い出しで1日目は終わってしまいます。買い出しは群馬県民にはお馴染のベイシアスーパーセンターがこの地に最近できたようなので不自由しません。

この日は、バーベキューと焼きそばの夕食を取り、海岸に出てベイシアで買った花火をしました(場内は花火禁止)。

2日目は朝食後、大原漁港へ釣りに行きました。しかし次男坊が小さいカマスを一匹釣っただけで撃沈。キャンプ場のオーナーさんの話だと夕方以外はほとんど釣れないとのことでした。

午後は大原海水浴場で海水浴です。海岸まで出ると南の方に海水浴場が見え、徒歩で5分くらいで着きます。海は冷たく長くは入っていられませんでした。その後、キャンプ場のオーナーさんに教えてもらった御宿の元湯という温泉で汗を流し、夕食の買い出しへ。夕食は海産物屋で買った海の幸を網焼きにし、あとは子どもたちのリクエストのハヤシライスで済ませました。

3日目は朝食後、撤収にかかります。クルマが小さいので積み込みに時間が掛かるので早めに始めないとチェックアウト時間(11時)を過ぎてしまいます。

帰りも「海ほたる」で昼食をとり、ほぼ同じルートで夕刻に帰宅しました。
キャンピングリゾートWAN
2010年5月3日(月)~4日(火)

GW連休を利用してキャンプに行ってきました。

場所は山梨県の富士五湖の一つ西湖の畔にある「キャンピングリゾートWAN」です。「WAN」ということからペット(犬)同伴キャンパー御用達のキャンプ場ということが伺えますが、我が家も「なな」同伴での参加です。

渋滞を避けるため早めに自宅を出発し、次男坊が行きたがっていた「リニア見学センター」に行き、その後河口湖で買い出しをして現地に向かいました。

キャンプ場は割と自然のままの状態となっており、区割りも適当な感じでした。

キャンパーのほとんどが犬同伴であり、場内にはドッグランもあるのですが、「なな」は大きな犬にビビって飼い主から離れようとしません。困った犬です。

この時期に来るキャンパーはベテランが多いのか夜に騒ぐ人もいないので結構なことだと思っていましたが、遠くの方で大騒ぎする声が夜中まで聞こえるのが気になりました(どこで誰が騒いでいるのか分からない)。

ここは標高約900mの場所なので昼間は暑くとも夜になると結構冷え込みます。今まで夏しか一泊キャンプに来たことがなかったため、キャンプで寒い思いをしたのは初めてで、家内は寒くてよく眠れなかったようです。

帰りは高速の渋滞を覚悟していましたが、出発が早めだったので中央高速の相模湖付近(小仏トンネルの途中まで)で少し渋滞した以外は問題なく、八王子JCTで圏央道に入るとその後はスイスイ走り、15時半には自宅に到着してしまいました。

(肝心のキャンプ場での写真を一枚も撮らなかったので掲載できず…)
九十九里ハーブガーデンオートキャンプ場
2009年8月6日(木)~8日(土)

恒例の夏のキャンプに行ってきました。今年はテントを張るため2泊です。

行先は千葉県山武郡九十九里町にある、九十九里ハーブガーデンオートキャンプ場です。

ここは、九十九里ハーブガーデンの中にあるオートキャンプ場で、まさに観光スポット内にあるキャンプ場であり、また、片貝港や片貝中央海水浴場もクルマで5分程度なので、海遊びにも都合がよく立地条件はいいと思います。

首都圏での渋滞を避けるため、6日朝4時半ころ自宅を出て、東北道佐野・藤岡インターから首都高、京葉道路、千葉東金道路、東金九十九里道路で現地に向かいました。途中大きな渋滞もなく行けたのでチェックインの11時よりかなり早く着いてしまいました。

11時まで時間をつぶしてキャンプ場に入場し指定された区画に行くと、1区画が比較的広く取ってあってなかなかいい感じです。

k-harb_gdn.jpg

早速設営を開始します。朝は雨が少し降っていたのですが、この時間になると晴れ間も見え、テント設営に大汗をかいてしまいました。

キャンプ場の感じはオーナーの方がとても気さくで好印象でしたが、6日~7日にいた大学生の団体が騒がしく、よその区画まで入り込んで鬼ごっこなどする有様で、腹立たしい思いをしました(後で聞くところによると某薬科大学の学生とのこと。大人としての自覚に欠けていますね)。帰りにオーナーに怒られて帰ったそうです。

この日は夕方から釣りに行きました。片貝港の近くの港釣具店さんに何が釣れるかを聞いたところ、堤防は台風の影響で波が高く、子ども連れでは危ないので漁港でのハゼ釣りがいいとポイントを教えてもらいました。餌のジャリメを買い、教えてもらったポイント行って早速始めました。根掛かりが多いのが大変でしたがポツポツ釣れ、2時間くらいで息子どもと合わせて50匹程度になりました。そこそこ釣れるので息子どもは楽しかったらしく、明日も釣りたいと言っていました。獲物はその日の夕飯にからあげにして食べました。とてもおいしかったです。

2日目は朝食後に同じ場所で釣りをしました。しかし時間帯が悪いのか小さいハゼが数匹かかっただけで早々に退散。

昼食後にお待ちかねの海水浴に行きます。台風の影響でうねりが出ていて波は高く、風が吹いてくるので結構寒く感じ、息子どもはとても楽しんでいましたが、2時間くらいで出てきました。その後白子温泉に行き、塩辛い温泉につかり疲れを癒し、キャンプ場に戻りました。

3日目はキャンプ場を出てから銚子方面に向かい、鹿島、大洗を通って帰宅します。

銚子では、電車小僧(息子)どもを電車に乗せるべく、銚子電鉄に乗り外川まで行ってきました。その後、ウオッセ21で昼食をとり、ポートタワーに上り銚子の街を一望しました。この日はちょうど銚子の花火大会があるとのことでしたが、見ていると帰宅が遅くなるので断念しました。

後は鹿島、大洗と鹿島灘沿線を北上し、お馴染の水戸大洗インターから北関東道で帰ってきました。
岩手・秋田へ・・・ETC割引1,000円の旅②
2009年5月5日(火)

盛岡のホテルで朝食を済ませた後、家内はクルマで私と子どもたちは田沢湖線に乗って小岩井駅に向かいます。子どもたちがどうしても電車に乗りたいとのことで、たった2駅間ですが乗せてやることにしました。

今日の最初の目的は小岩井農場です。小岩井農場は私のみ修学旅行で来ており、何とも懐かしいです(といってもあまり記憶に残っていない)。

子どもたちは「羊飼いのゴルフ」「アーチェリー」「トロ馬車」など楽しかったらしく、「また来たい」などと言っていました。

小岩井農場では「ブルーグラスフェスティバルin小岩井」というイベントが行われており、何グループかのカントリーバンドが演奏していて楽しかったです。やはり農場ということでカントリーなのでしょうか?。それにしてもこんなにカントリーバンドがいるとは意外であり、いかにもお土地柄といったところでしょうか。

koiwai_001.jpg

小岩井農場のすぐ近くにある一本桜は、NHKの連続テレビ小説「どんど晴れ」で有名になった桜で、名所となっています。

koiwai_002.jpg

写真の通り何とか桜は残っていました。バックの岩手山と青い空、菜の花のカラーが絶妙で、絵はがきに十分使える一枚ですね。

この後、田沢湖へ足を延ばし角館に向かいます。角館に行ったのはお目当ての比内鶏を食べるためです。角館は東北の小京都といわれる情緒ある街で、しだれ桜の咲く頃は素晴らしいとのことですが、残念ながら桜は終わっていました。

kakunodate.jpg

角館の郷土料理屋「むら咲」さんでお目当ての比内鶏の焼き鳥ときりたんぽ鍋を堪能します。比内鶏は筋肉質なので肉質が堅めですが味は濃く、とてもおいしかったです。

角館を出て秋田自動車道の大曲ICから高速道路に乗ります。そのときすでに20時半。遅く出発したのは渋滞をできるだけ避けるためです。

最終的に福島と宇都宮の手前でそれぞれ15km位の渋滞に巻き込まれましたが、それ以外ではまずまず流れ、朝方4時に帰宅しました。

とても疲れましたがいい旅行でした。
岩手・秋田へ・・・ETC割引1,000円の旅①
2009年5月4日(月)

今年のゴールデンウィークは、高速道路のETC割引を利用して遠出をする人が多いようなのでどうしようかと思いましたが、折角なので我が家も遠出をしようと岩手県と秋田県まで行ってきました。

行先については特にこだわりはなかったのですが、たまたま盛岡駅前の格安ホテルが取れたことと、子どもたちが一度盛岡駅で新幹線の併合作業(東北新幹線「はやて」と秋田新幹線「こまち」)を見てみたいとかねてから言っていたこともあって、岩手県と秋田県方面へ観光を兼ねて行ってきました。

今回のスケジュールのポイントは、いかに渋滞に巻き込まれないようにするかでありますが、多少の渋滞は覚悟しなければなりません。

早朝3時に佐野藤岡ICにはいれるように家を出、家内と交代で運転します。早く出たため、交通量はやや多めでしたが渋滞はなく、8時前には最初の目的地である平泉前沢ICに到着しました。

まず、平泉の中尊寺の観光です。私も家内も修学旅行で訪れていましたが全然覚えておりません。子どもたちの学校の修学旅行は京都・奈良なので見せておきたいと思ったので連れてきました。

金色堂を含め中尊寺を一通り見学した後、厳美渓に向かいます。

厳美渓でのお目当ては「空飛ぶだんご」です。

soratobudango.jpg

渓谷の対岸にある「かっ公だんご」というだんご屋さんからかごに入った「だんご」がケーブルを伝って下りてくるというもので、注文客で賑わっていました。我が家は直接だんご屋さんで食べることにしてしばしの間「空飛ぶだんご」を見学。だんごはあんこ、ごま、みたらしの3種で、柔らかくておいしかったです。

その後、いろいろなところを周り日帰り温泉でくつろいだ後、盛岡に向かいます。16時にホテルに到着し、早速盛岡駅まで新幹線を見に行きます。

komachi_001.jpg

子どもたち念願の併合作業を見学しましたが、大勢の見学客が押し寄せて来て、同じことを考える人がいるものだと感心しました。

そのあと盛岡駅ビルの中にある「自然食バイキングめぐみいわて」で岩手の食材を使った料理を堪能しホテルに戻りました。    続く

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Twitter

カウンター

リンク

最新コメント

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。