プロフィール

suzy

Author:suzy
向かい風と坂が嫌いなフツーの中年サイクリスト。ブルべを中心に走っています。モットーは最小限の走行でシュペール・ランドヌール(SR)を達成すること。貧脚にもかかわらず意外としぶとい。AJ群馬スタッフ始めました。

当ブログはリンクフリーです。

BRM結果

     - 2016年度 -
 BRM220群馬300  17:47試

     - 2015年度 -
 BRM221群馬200  10:14
 BRM314埼玉300  16:37
 BRM321群馬300  16:44試
 Randonneurs
  Tokyo Fleche! DNF
 BRM425群馬400  25:03
 BRM516群馬600  DNF
 BRM718宮城600  DNF
 BRM1003青葉600 DNF
 BRM1011群馬200  9:21試

    - 2014年度 -
 BRM308群馬200  10:29
 BRM329群馬400  DNF
 BRM510宇都宮400 24:59
 BRM517宮城300  15:47
 BRM628群馬600  37:32試
 BRM726群馬200  中止
 BRM927宮城200  9:42
 BRM1004群馬200 10:15

     - 2013年度 -
 BRM323埼玉300   15:04
 BRM413埼玉400   21:13
 BRM525群馬200   11:48
 BRM629群馬200   11:52
 BRM713群馬600   39:15
 BRM1005青葉300  19:32

     - 2012年度 -
 BRM904青葉200   12:07
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ペンギンおじさんの自転車でGo!
HOME > CATEGORY - 自転車雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事故顛末
BRM329群馬400㎞走行中、160㎞地点で事故に巻き込まれDNFしましたが、その事故処理が無事に終了しました。

幸い怪我は軽く、すでに完治しているので問題ありませんでしたが、物損事故の方の処理も割とスムーズに終えることができたのでホッとしています。

まずPanasonic FRCD01の状況ですが、Cycle Shop ONEの重田店長にチェックしたいただいたところ、フォーク、ホイール、STI、ブレーキキャリパー、クランク、サドルは明らかに損傷があり要交換。一見損傷がないように見えるフレームも明らかな歪みが生じており、これもダメとのこと。フォークに車が当たった時の力がヘッドコラムを介してヘッドチューブから歪んだようです。これでは真っ直ぐ走らないとのことでした。

すでに全損に近い状態でしたが、一応修理対応する見積で保険会社とやり取りした結果、全額認めてもらいました。フレームの歪みは保険会社の方が実車を見に来て納得したそうです。

まず事故の過失割合は0:100で、こちらには過失なしでまとめてくれました(尤も、交差点でない場所で横にいた自転車に突っ込んできたので当然といえば当然...)。FRCD01は納車後2ヶ月しかたっていないこともあり、減価償却の話も出ず助かりました。

そんなわけで、FRCD01は廃車となり(保険会社が引き取ると言っていますが...)、いただいた保険金を使って同じバイク(今度は完成車なのでORCD01)を発注しました。6月に予定している600㎞ブルべには間に合うそうなので、安堵しました。
スポンサーサイト
サイクルモード2013
2013年11月2日(土)

今年も家内とサイクルモードに行ってきました。昨年と同じく家を5:00に出たにもかかわらず渋滞にはまり、会場に着いたのは9:00を過ぎてしまいました。

その割には会場前で並んでいる人は昨年に比べてやや少ないようで、到着時間の割には早く入れました。

今年のミッションは3つで

 1.2014年度BRM用に準備する予定のバイクの試乗をすること
 2.サーリーのファットバイクを試乗すること
 3.GOKISOのハブを体験すること

です。

1.は試乗第1号で乗ることができました。2.はサーリーのクランパスを試乗しました。思ったより軽快に走りますが、曲がるのが不得意で、普段使いにする感じのバイクではないようです(当たり前か・・・)。3.については試乗車があったので乗せていただきました。手でバイクを押すだけでもその転がりのよさが分かり、実際乗るとギア2枚くらい軽くなるのではと思いました。欲しいと思いますが、ハブ前後で20万となると簡単に買えるものではありません。

家内は、デ・ローザの試乗が目的で、一番廉価なR848でしたが乗ることができました。デ・ローザの試乗は開場からわずか30分で午前中の分が締め切られたそうです。今年はコルナゴが出展しなかったこともあり、デ・ローザとピナレロに殺到したようです。

午後は試乗はせず、いろいろなブースを回ってきました。ブルベの雑誌「ランドヌール」誌を出版している「ひびき出版」さんでは、ブルベ界の著名人である三船さんや黒澤さんのバイク等が展示してあり、舐めまわすように見てきました。そこで、「ランドヌール」誌にも登場している大学生ランドヌールの五十嵐さんとブルベの話をすることができ、楽しいひとときをすごすことができました。

16:00ころ退場し、20:00前に帰宅しました。

 
ポジション出し再考
前回のBRM323埼玉300kmで発生した膝痛の対策のため、ここ一週間、通勤車MASIでポジション出しの検討を行いました。

主にサドル位置が対象ですが、ロードバイクにおいて一般的に言われているサドルの高さや前後が本当に妥当なのか、例外はないか等やや疑いを持ちながら、通勤路約10kmの間に行ってみました。

まずサドルの高さですが、股下長さに0.87~0.89を掛けた数字をサドル上面(サドル先端から14.5cm位置)からBBまでの長さにするというのが一般的なようです。

私は身長176cm、股下80cmなので、平均的な掛数0.88を掛けると

  80cm × 0.88 = 70.4cm 

となります。

私は実際この数字で合わせていました。しかし、この設定にて前回のBRMでの膝前面の痛みが発生しており、このことについて調べると、膝の前面が痛むのはサドルが低いからである、となっています。

また、この設定では足回りがいささか窮屈な感じがしたので、サドルの高さを少しずつ上げてみることにしました。すると、ペダルを回す感じが楽になっていくのが分かったのでさらに上げ、現在72cmまでになっています。

72cmということは先述の掛数が0.9であり、定説よりも高い数値となっています。サドルが高すぎると今度は膝の裏面が痛くなるようですが、いまだそのような症状は起きたことがないのでこれで走ってみることにします。また、サドル高さについては定説よりもさらに1cm位高くする方も実際いるようで、あながち間違えではないようです。

次にサドル前後ですが、一般にはペダルを3時の位置にしたときにペダル中心と膝の皿が鉛直方向に結ぶようにセッティングするとなっています。私もそのようにしていましたが、どうしても踏む方向に力が入ってしまい、ペダルを回すよりも踏むような感じになっていました。

ブルべのようなロングライドでは、軽いギアでペダルを回すことが基本なため、引き足の使い方がポイントとなります。そこでサドルを1cm程度後ろに下げ、後ろ乗りになるようにしてみました。すると格段に引き足が使いやすくなり、ペダルがスムーズに回せることに気がつきました。このことにより膝への負担が軽減されていることが体感できました。

このように、ロードバイクのセッティングは用途にて変わってくるものであり、ロングランのためのセッティングは一般的に言われているセッティングとは異なるものかもしれません。

MASIで出したセッティングをFELT Z5にフィードバックして、次のBRM413埼玉400kmに臨もうと思います。



サイクルモード2012
2012年11月3日(土)

昨年に引き続き今日は家内とともにサイクルモード2012に行ってきました。

昨年は7:00に家を出て渋滞にハマったので、今年は5:00に家を出たところ7:30には幕張に着いてしまいました。駐車場が開場する8:00まで待って入場すると、すでに30人位並んでいました。

昨年は何となく行っただけでしたが、今年は家内が購入予定のロードバイクの選定するという明確な目的があります。したがって私は基本的に家内のお付き合いのような感じでした(合間を見てサーベロR3、クオータ コルサ、ラピエール ゼリウスに乗りました。R3とゼリウスは非常によかった)。

家内は第一候補のクオータ カルマ エヴォに試乗しましたが、レーシングタイプのためか乗り味が硬くとても疲れるとのことで止めることに。その他の候補はサイズがなかったり、バイクそのものがなかったりして反応は今一つ。

そんな中、ラピエール センシウム 100L(2012年型)がしなやかで乗りやすく、サイズもジャストとのことで気に入ったようです。このバイクは2013年型では200Lという後継モデルがあるので、これにするとのこと。但し、代理店である東商会さんの話では新型は現在予約受付中で、入荷は来年の2月か3月になるとのこと。別に急いでいないのでこれで決める予定です。

16:00前に会場を後にし、19:00過ぎに帰宅しました。



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

サイクルモード2011
2011年11月5日(土)

近所の自転車屋さん(Cycle Shop ONE)でサイクルモード2011の招待券をいただいたので、家内と一緒に幕張メッセまで行ってきました。

サイクルモードは今年が初めてでしたが、聞くところによると例年に比べ入場者数がかなり多いとのことで、最近の自転車人気の上昇が伺えます。

ここでは自転車を試乗することがメインのようで、楽しみにしていました。

デローサ、サーベロ、ピナレロ、コルナゴといった人気のあるブランドは行列ができてなかなか順番が回ってきませんが、割とすぐに試乗できるブランドもあり、うまくやれば結構な台数に乗れるようでした。

結局私たちは、ラピエールのアルミロード、アンカー、サーベロ、ピナレロのカーボンフレームのロードに乗りました(私だけは乗ってみたかったダホンのカーブD3も乗った)。

折角だからどうせ買えっこない位高いバイクに乗ってみたいということで初めてカーボンフレームのバイクを乗りましたが、中でもピナレロのドグマというフレームだけで56万円するバイクが印象的でが、片手でヒョイと持ちあがるくらい軽く、こぎ出しの軽さが全然違いびっくりしました。しかしこんなのが欲しくなったらたまらないので早々と退散しました。

やはりロードはいいですね。いずれ欲しくなるだろうということで、これからバイク貯金でもしようかなと思いました。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

ジテツウの効能
2011年11月2日(水)

8月の終盤から始めた自転車通勤もかなり慣れてきて、板に付いてきた感じですが 、意外なところにその効能が現れてきました。

私は定期的に献血に行きますが、先日、ジテツウ開始後に行った献血時の血液検査の結果が従来より激変していて、びっくりしてしまいました。

肝機能もいつになくいい数値であり、とくに驚いたのは総コレステロールが30位数値が下がりました。

楽しく乗って健康になる、という非常に理想的な状況に思わずニンマリしてしまいました。

これだからジテツウはやめられません。


テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

自転車で初出勤
2011年8月27日(土)

自転車による初出勤を果たしました。

今まで天気が悪かったりとなかなか実行できませんでしたが、今日は何とか天気が持ちそうなので強行しました。

行きの所要時間は35分で、折りたたみ自転車で実験した時よりも10分短縮で、坂道も割と難なく通過できました。やはりクロスバイクは楽ですね。

肝心の天気は何とか持つかなと思っていましたが、退社時間の少し前から雨が降ってきてしまったので、小降りになるのを待って強引に帰宅しました。

帰りは下り坂が多いので行きよりも楽なはずなのに何故か非常に疲れました。よく考えてみると会社の人からもらった野菜(ばばきゅうり等)3キロがリュックに入っているのを忘れていました。これだけでも相当な負荷となるのだということを学習しました。自転車乗りには荷物はできるだけ軽く、が鉄則のようです。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

自転車3台め
2011年8月16日(火)

今日も会社は休み。今年は電力使用量削減の一環で18日まで休みです。

今日は朝一であることの検証を行うため6時過ぎには起床しました。

あることとは、折りたたみ自転車で通勤が可能かという検証です。入社以来実行したことのない自転車通勤ですが、己の体力づくりと省エネ貢献のため、とりあえず週に1~2日位はトライしてみようと思ったからです。

会社までの距離は約11kmと割と理想的な距離ですが、行きの途中になだらかで長い坂2か所と急坂が1か所あるので、そこを折りたたみ自転車で果たしてクリアできるのかが焦点です。

会社に行く時間とほぼ同じ時間に出発します。自転車なので最短距離を通り会社に向かいます。最初のなだらかな坂は3速でクリア。次に待っている鬼門の急坂ですが、1速まで落としても厳しく明らかにギアが足りません。完全に体力を消耗させてしましました。最後のなだらかな坂は体力的限界に来ていたので、1速にして何とか登り切りました。

また、小径タイヤで最速ギアが52T-14Tなので頑張っても25km/h位しか出ません。行きは45分もかかってしまいました(下りの多い帰りは35分)。

これはいかんと、8月になって近所にできた自転車店さん(最近、長男の通学用自転車が壊れ、丁度タイミング良く(?)開店案内の新聞折り込みチラシが入ってきて、オープニングセールの自転車を購入したお店)に遊びがてら行ってこのことを言うと

「あれ(折りたたみ自転車)で行ったんですか?無理でしょう。」

という回答。坂道は小径自転車の最弱点なので、ちゃんとしたバイクで行った方がいいとのこと。

現在クロスバイクを別の店(この店ができる前に注文してしまった。こちらはタイミングが悪かった…)に注文していますが、これを通勤に使うつもりはないので(途中道が悪いところがあるので、勿体ない)、安い通勤用自転車を買うかということになり、たまたまその店のオープニングセールで特価で出ていたクロスバイクを買ってしまいました。

買ったのは、ライトウェイ シェファード 2011年型です。3台並んでいましたが私に合う500mmサイズは2台でハッピーターコイズとクモホワイトだったので迷わずホワイトに(買う自転車は何故かすべて白)しました。定価49,800円を防犯登録付きで33,000円でゲットしました。

ライトウェイというメーカーは知っていましたが、どんなものかはよく知りませんでした。しかしカタログを見てみるとアルミフレーム、ハイテンフォークで12.2kgと割と軽めで、何よりも驚いたのはブレーキ、ディレーラー、クランク、フリーハブというコンポーネンツがすべてシマノ製であることです。この価格では驚異的なコストパフォーマンスです。

水曜日は店の定休日なので、18日(木)に納車ということになりました。

9月の初旬に輪行で草津まで折りたたみ自転車で行ってみようと思っていましたが、草津に登る坂道を考えるとライトウェイに変更となるでしょう。折りたたみ自転車の方は輪行街中ポタリングやレジャーに使えるので、きれいに磨いて保存します。その前に通勤路の坂道を克服しないと…。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Twitter

カウンター

リンク

最新コメント

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。