プロフィール

suzy

Author:suzy
向かい風と坂が嫌いなフツーの中年サイクリスト。ブルべを中心に走っています。モットーは最小限の走行でシュペール・ランドヌール(SR)を達成すること。貧脚にもかかわらず意外としぶとい。AJ群馬スタッフ始めました。

当ブログはリンクフリーです。

BRM結果

     - 2016年度 -
 BRM220群馬300  17:47試

     - 2015年度 -
 BRM221群馬200  10:14
 BRM314埼玉300  16:37
 BRM321群馬300  16:44試
 Randonneurs
  Tokyo Fleche! DNF
 BRM425群馬400  25:03
 BRM516群馬600  DNF
 BRM718宮城600  DNF
 BRM1003青葉600 DNF
 BRM1011群馬200  9:21試

    - 2014年度 -
 BRM308群馬200  10:29
 BRM329群馬400  DNF
 BRM510宇都宮400 24:59
 BRM517宮城300  15:47
 BRM628群馬600  37:32試
 BRM726群馬200  中止
 BRM927宮城200  9:42
 BRM1004群馬200 10:15

     - 2013年度 -
 BRM323埼玉300   15:04
 BRM413埼玉400   21:13
 BRM525群馬200   11:48
 BRM629群馬200   11:52
 BRM713群馬600   39:15
 BRM1005青葉300  19:32

     - 2012年度 -
 BRM904青葉200   12:07
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ペンギンおじさんの自転車でGo!
HOME > CATEGORY - 自転車パーツ・用品
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディスクブレーキ用ホイール
先日の600kmブルべの試走の際に使用したPanasonic ORCD01ですが、何となく走りが重く、登りも普段よりややきつく感じました。その理由を知るべくいろいろ調べてみました。

ブルべの装備を外した状態でのバイクの重量は10.6kgあり、事故で失った先代の同形式のバイク(フレームセットを購入して組んだもの)が9.7kgだったので、あまりにも重く驚いてしまいました。

重くなった一つの理由がサドルで、フィジークのアリアンテ(約250g)とセラアナトミカ(約500g)の差約250g重くなったことになります。それでもまだ650g重いことになります。

その他で先代と違うところは、ホイールとハンドル、ステム、シートポストです。コンポは同じ5700系105なのでほとんど変わらないと思います。強いて言えばスプロケが12-28Tから12-30Tになっているので、わずかに重くなると思います。ハンドル、ステム、シートポストはカタログ上にメーカーの記載がないので、あまりいいものではないようです。

そんな中、走り自体が重く感じることからホイール(WH-RX31)が特に怪しいと思い、タイヤ、スプロケ、ローターを外した状態の重量を測ってみました。すると、リムフラップ付きで前後合計で2,040g(QRなし)ありました。シマノの完組ホイールで一番安いWH-R501よりも重いです。また、スポークの数等から考えるとどうもリムが重いようです。

ホイール重量は走りに大きく影響することは周知の事実で、かつ、特に遠心力のかかる周囲部(リム、タイヤ)は最も重要な部分であります。ここが重いことが走りを重くしているようです。先代のバイクに使用したホイールはディオーレXT(WH-M785-29)であり、これは前後で1,830gなので、約250g重くなっていることになります。

これを何とかするべくいろいろ検討しましたが、現段階では手ごろな完組ホイールは発売されていません。そこで手組みホイールを検討することにしました。

調べると軽量アルミリムと高性能のハブで組めば、そこそこ軽くて性能のいいホイールができそうだということがわかりました。早速部品の手配です。リムはX-Keymet(KINLIN) XR-19Wのシルバー、ハブはディオーレXT(HB-M785およびFH-M785)のシルバーを選び、クラシカルなイメージで組むことにしました。当初、ハブは11速化が可能なようにCX用(HB-CX75およびFH-CX75)にする予定でしたが、28本スポーク用しかないことに気づき(28本スポーク用のリムが入手しにくい)、当面11速化の予定はないのでディオーレXTにしました。スポークはホシの#14/#15のバテッドタイプにして、少しでも軽量にする予定です。これらはCycle Shop ONEに依頼しました。

この仕様でおそらく1,800g前後になるかと思います。やや重いですが、リムが軽量なので、走りはかなり軽くなると思います。

後は、ハンドル、ステム、シートポストを軽量なRitcheyのクラシックシリーズに交換すれば、総重量10㎏程度に収まるようになるのではと思います。


スポンサーサイト
泥除け取り付け その2
一苦労してやっと取り付けたフロントの泥除けに対しリアは簡単に済むかと思っていましたが、やや手こずりました。

シートチューブの裏側の台座は割と高いところにあるため、この下の部分まで泥除けが来るようにすると泥除け自体が長すぎるので、位置を合わせカットします。

まず、シートポスト裏側の固定位置を決め、ドリルで慎重に穴あけします。その後、リアタイヤを外してシートポスト裏側の台座に固定し、ブリッジの台座の位置をマーキングします。その後、一旦泥除けを外して、マーキングしたブリッジ台座の位置をドリルで穴あけします。穴あけが終了したら、2つの台座に泥除けを固定します。

リアタイヤを装着し、その後リアの部分から出したアームをエンド付近のネジ穴に所定の方法で取り付けます。

こう書くと簡単なようですが、この方法でそのまま取り付けると泥除けとタイヤのクリアランスがが一定でなく、後ろの方はクリアランスが大きく何とも不恰好となってしまいました。

クリアランスを一定にするため試行錯誤をした結果、泥除けをだましだまし手で曲げ、カーブのRをやや緩やかになるようにしたところ、ほぼ一定のクリアランスにすることができました。

P1010564.jpg
P1010566.jpg
P1010567.jpg

何とか満足できる仕上がりとなりました。これで雨が降ってもバッチリです。

泥除け取り付け その1
ブルべ用に新たに投入しようとしているPanasonic FRCD01ですが、エンデュランスロードモデルということで泥除けが取り付けられるようになっています。カタログには、

 「フレームの上ブリッジとシートチューブ裏側、フロントフォークの内側にハーフドロヨケ用台座が付きます。※ドロヨケオプション設定はありません。」

と記載されています。

ここでいうハーフドロヨケというものがよくわからなかったので、サイクルモードでパナソニックの方に質問したところ、基本的にロードのジオメトリーなので、タイヤ周りのクリアランスが小さくどの泥除けでもつけられるというわけではなく、市販の泥除けで使えそうなものをうまく加工して取り付けるとのことで、特に「これ」といった物はないとの回答でした。

ブルべをやる上で雨天走行は避けられないものであり、そのためにわざわざディスクブレーキ車を手に入れたからにはやはり泥除けは必要でしょう。今までもFELT Z5にはシートステーに取り付けるタイプの泥除け(リアのみ)をつけていましたが。ただロードに泥除けをつけると格好が悪くなるので、できるだけ目立たないもの、取ってつけたようなものは避けたいと思っていました。

実車が来てからいろいろ検討した結果、クラナ シーライト700Cが良さそうであることがわかり、目立たないつや消し黒で一番細い30㎜幅をCycle Shop Oneさんで取り寄せてもらいました。

早速タイヤに被せてみると、リア側はカットと穴あけ位の加工で何とか取り付けられそうでしたが、フロント側はフォークとタイヤのクリアランスが小さいため、フォークに取り付けるL字プレートが大きすぎてサイズが全く合わず、大加工が必要です。したがって、まずフロントから取り付けてみることにしました。

L字のプレートは使えないので外しますが、カシメてあるためドレメルで削りながら、カシメてある部分を破壊して取り外します。ホームセンターでこれに代わる15㎜辺のステンレス製のL字プレートがあったので、これを加工して取り付けることにしました。L字の角度は現物合わせで少し鈍角になるように調整してあります。

P1010554.jpg

少しでもタイヤとのクリアランスを稼ぐために、フォークと重なる部分は写真のように大きく欠き取って上にあげられるようにしています。

P1010559.jpg
P1010558.jpg

なかなかいい感じではないでしょうか。強度的にもしっかり取り付けられており、見た目にもすっきりしていて大満足です。

リア側の取り付けはこれから行うため、次回に書きたいと思います。


シートポストキャリア
通勤車として使用しているFOCUSの29erMTBですが、弁当等の荷物を積むにあたり、リュック等背中を覆うものを身に着けて走るのが苦手なのでブルベではお馴染みのリクセン&カウルのコントアーマグナムを使用していました。

シートポストに装着するタイプのバッグですが、やや華奢な感じがするので荷物はSPEC通り2kg以下(バッグ自重を含め)になるようにしていました。

しかし先日、その状態で職場構内にあるゆるい5段くらいの階段を乗ったまま駆け下りたら、マウント部の爪が折れ、バッグがすっ飛んでいきました。どうやら耐荷重を守っていても、あまりに過酷な条件下では持たないようです。マウント部の爪は補修部品で手に入るとのことなので、とりあえず補修し、短距離ブルベ等で使用することにします。

そんなわけで、これから荷物をどうしようと考えた結果、「シートポストキャリアにバッグを載せる」方式にすることにしました。

IMG_0395.jpg

購入したのはギザプロダクツのリアキャリア EZスライドです。これはシートクランプに取り付けるもので、4点でシートポストを挟み込む方式なので、ずれにくく頑丈とのことです。耐荷重は10kgと十分で、キャリア部は前後にスライドできます。

IMG_0396.jpg

このようにバッグを載せ、100均のゴムネット(前カゴ用?)で固定します。これなら多少の衝撃でもびくともしないでしょう。もともと重い29erがますます重量化しています。
クランク交換
家内のバイクのクランク交換をしました。

P1010297.jpg

今までと同じシマノ105(FC-5750L)ですが、先述のとおり165mmのクランクにしてもらいました。同じ形式、同じ色のクランクセットなので写真では何も変わった感じがしません。

Cycle Shop ONEさんから借りていた165mmのクランクで実際に走ってみたところ、明らかに軽快にペダルを回せるようなので思い切って交換してもらいました。これで少しは楽になるでしょう。

外した170mmのクランクは私がもらうことになりました。このクランクは2014年度BRMに投入する予定のバイクにインストールすることになっています。それはもう少し後になってからのとこなので、いずれ紹介したいと思います。

クランク長
先日の300kmブルベで膝の裏を痛めた家内ですが、3週間ほどたってやっと回復してきたようです。

膝の裏が痛くなるのはサドル位置が高いことが原因であることが多いようですが、今回は原因が違うようで、何か脚に無理がかかっているのではといろいろ考えてみました。

そんな中、家内のバイクのクランク長が170mmということに気づき、この辺に問題がないかということがクローズアップされてきました。

家内のバイクはフランスのメーカーであるラピエール社のカーボンロード、センシウム200L 2013年モデルですが、レディースモデルにもかかわらずデフォルトに170mmのクランクがついています。この辺が輸入バイクのおおらかなところのようです。私の使用しているクランク長が170mmであることからして、身長160cm以下の女性には長すぎるのではと思います。日本のメーカーであるブリヂストンアンカーなどは間違いなく165mmのクランクとなっています。

家内の身長は157cmなので165mmでも長いような気がしますが、シマノのクランクでこれ以上短いのはありません。スギノ製であれば160mmとかあるのですが、BBも交換しなくてはならない等の問題(家内のバイクのBBはプレスフィットとなっている)があります。

165mmのクランクに交換するに当たって、やはり一度試してみたいと思っていたところ、Cycle Shop ONEの重田店長からシマノ105の165mmのクランクを貸していただけることになり、これでしばらく乗ってみることになりました。ここのところ天候も不順なため、ローラー台も一緒に貸してもらいました。これなら室内で試すことができます。

P1010287.jpg

クランク長が5mm短くなったので、サドルを5mm上げてテスト走行実施。これがいいのかどうかはまだわかりませんが違いは明らかにわかるようなので、しばらく乗ってみて交換を考えることにしました。

クランク長の考え方はいろいろあるようなので難しいですが、これで脚の負担が軽くなってくればと思います。
suew Fast Cruise β
待ちに待ったsuewさんのサドルバッグが到着しました。

suew (2)
suew.jpg

Fast Cruise β というモデルで、最大容量11.5Lと大容量にもかかわらず重量300gと軽量です。小型のαもありますが、大は小を兼ねる(?)、オルトリーブのサドルバッグM,Lを所持している、という理由でβにしました。

このサドルバッグは昨年の12月から販売が始ったようで、私は正月に発注しました。販売開始直後に注文が殺到したことと、製作者のsuewさんの内々の事情から納品が遅れたそうで、5ヶ月後の納品となりました。このように大変な人気商品となっており、これを持ってブルべに出ると今のところ注目の的となるようです。

7月の600kmブルべに間にあってくれればいいな...と思っていたので助かりました。写真の通りものすごく大きく、相当量の荷物が積めそうです(荷物が増えそうなのが怖い...)。

使用インプレは後日upしたいと思います。

チューブレスタイヤとシートポスト交換
BRM413埼玉400kmを終えて、FELT Z5をできるところまで自分でメンテナンスし、その後Cycle Shop ONEさんに持って行ってシフトワイヤーの交換と、ヘッドコラムのカットをお願いしました。

400km走った結果、ハンドル位置は下げた方がいいということになり、スペーサーをすべて外した状態にしてもらいました。スペーサーを上に積んだままでもいいのですが、GPSを取り付けにくくなることと、メンテナンス等でバイクを逆さにするときSTIのブラケットよりも出っ張るため立てられなくなるので、思い切ってカットしてもらいました。

head_cut.jpg

その際にリアタイヤに小さなサイドカットが発生していることが発覚しました。いつ起きたかは分かりませんが、幸いチューブは破けておらずそのまま乗れてしまったため、全然気づきませんでした(ゴールまで持って助かった...)。

そこで、いつか試そうと思い入手しておいたチューブレスタイヤを履かせてみることにしました。

cuberess.jpg

IRC ROADLITE tubelessの25Cです。チューブレスタイヤはリム打ちパンクが起こらないので空気圧を落とすとこができるため、乗り心地がよく体への負担も少ないと思います。やや重いですが、転がり抵抗は減るとのことなので期待が持てます。装着は大変でしたがコツはつかんだので大丈夫でしょう。途中でパンクした場合を想定してシーラントを注入することも考えましたが、取り敢えずパンクしたらチューブを入れることで対応しようと思います。

400km走行した時の尻痛対策ですが、アリアンテのようなサドルは、ベストなポジションが1点となるので、ポジションがシビアに合わせられないとダメとのことです。FELTに付いてきたオリジナルサドルはカーボン製で軽量ですが、サドルの角度を合わせる機構がノッチ式なので、1ノッチ変更すると大きく変わるためベストのポジションが出せません。

そこでPRO XLTのシートポストに交換しました。アルミ製でやや重くなりますが、カーボン製よりも気を使わなくでもいいことと、サドルの角度が無段階調整できます。

PRO_XLT_seatpost.jpg

おまけに、フロントバッグを使用しないときのためのキューシート(コマ図)ホルダーを自作してみました。

CUEsheet_holder.jpg

ブルべ出場を重ねていくことでいろいろ分かることがあり、少しずつ自分に合ったものにしていくのも楽しいです。

サドル交換
300kmのブルべを走った時、お尻の痛さ(坐骨が痛い)に悩まされ、その原因をいろいろ考えてみました。最近お尻が痛くなるという症状が全く出なかったため、ハード面での原因がありそうです。昨年200kmを走った時は全然問題なかったので、その違いを挙げてみます。

 2012 BRM904青葉200km
  バイク      MASI Speciale Road 2011
  サドル      MASI オリジナル(VELO製)
  レーサーパンツ  パールイズミ 3D-NEO
  所見       ゴールまで全く問題なし

 2013 BRM323埼玉300km
  バイク      FELT Z5 2012
  サドル      FELT オリジナル(VELO製)
  レーサーパンツ  ル・コック スポルティフ (DESANT PAD)
  所見       100km過ぎで痛くなる

 考えられることは
  1.MASIに比べFELTはハンドル位置が高くアップライトなポジションとなり、必然的にお尻に荷重がかかる。
  2.サドルの形状が合っていない。
  3.レーサーパンツの性能の違い。

1.については、購入した当初、ハンドル位置が高く楽であると思いましたが、実際長距離を走ってみるとちょっと高すぎるような感じがしました。ハンドルセンター部分での地上高はMASIが87cmに対し、FELTは92cmもあります。これについてはヘッドコラムのスペーサーを抜くという手段にて対応できます。下の2枚を抜くと90cmとなります。

130330.jpg

とりあえず、スペーサーは上に積んでおき、次回のBRMを走ってみて問題ないことを確認してからカットしようと思います。

2.については原因のウエイトが高そうなので、いろいろ調べました。MASIのサドルはクッション性はありませんが、後ろ側が上に反った形状をしており、FELTは比較的フラットです。MASIの形状がいいとするならば、その手のサドルを試す必要があります。

いろいろWEBで調べた結果、フィジークのアリアンテというものが価格的にもよさそうなので、早速Cycle Shop ONEさんに取り寄せてもらいました。

本来、サドル重量をできるだけ下げることを考えていましたが、背に腹は代えられません。オリジナルのサドルと重量を比べてみました。

<P1010158.jpg
P1010159.jpg

オリジナルは248g、アリアンテはカタログ上では259gでしたが、実際は252gと4g増。これなら目をつむれる範囲です(本当はセライタリアSLRあたりの軽量サドルにしようと思っていた)。

取り敢えず、装着してみました。

P1010161.jpg

座ってみた感じでは、オリジナルよりはフィットするようです。形状もMASIに近いです。

3.に関しては、双方比べましたが、形状的にそんなに変わらず、肌触りが3D-NEOの方がいいといった位で、股ズレに関しては差があるかもしれませんが、今回のような坐骨の痛みには有意差ないようです。

またFELTで一番長く走ったのは、水沢観音に行った80kmが最長で、それ以外はほとんどMASIの方に乗っていたので、調整も十分ではなく、乗り慣れていないというのもこういう事態を招く原因となったのでしょう。

取り敢えずこれで試走して、次に備えたいと思います。
   
スプロケ交換
BRM323埼玉、BRM413埼玉にエントリーしましたが、共にフラットコースということで、スプロケを交換しました。

普段は貧脚仕様のCS-5700の11-28Tを使用していましたが、フラットコースではクロスレシオの方が有利なため、同シリーズの12-25Tにしました。激坂や長い峠がない限り25Tで何とかなりますし、11Tなどまずもって使用しないので、その代わりに16Tというおいしいギアが手に入ります。

実は今日、職場からの帰りがけにスプロケ交換について相談しようとCycle Shop Oneさんに寄ったところ、使用見込みのないCS-5700 12-25Tの中古品が丁度あり、重田店長のご厚意により譲っていただきました(感謝感激です ^_^)。

帰宅して早速交換してみました。

fc2blog_20130301203604d54.jpg

スプロケが小さく、いかにも速そうに見えます。常時このスプロケで走れるようになりたいものです。
無理か…(−_−#)。


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Twitter

カウンター

リンク

最新コメント

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。