プロフィール

suzy

Author:suzy
向かい風と坂が嫌いなフツーの中年サイクリスト。ブルべを中心に走っています。モットーは最小限の走行でシュペール・ランドヌール(SR)を達成すること。貧脚にもかかわらず意外としぶとい。AJ群馬スタッフ始めました。

当ブログはリンクフリーです。

BRM結果

     - 2016年度 -
 BRM220群馬300  17:47試

     - 2015年度 -
 BRM221群馬200  10:14
 BRM314埼玉300  16:37
 BRM321群馬300  16:44試
 Randonneurs
  Tokyo Fleche! DNF
 BRM425群馬400  25:03
 BRM516群馬600  DNF
 BRM718宮城600  DNF
 BRM1003青葉600 DNF
 BRM1011群馬200  9:21試

    - 2014年度 -
 BRM308群馬200  10:29
 BRM329群馬400  DNF
 BRM510宇都宮400 24:59
 BRM517宮城300  15:47
 BRM628群馬600  37:32試
 BRM726群馬200  中止
 BRM927宮城200  9:42
 BRM1004群馬200 10:15

     - 2013年度 -
 BRM323埼玉300   15:04
 BRM413埼玉400   21:13
 BRM525群馬200   11:48
 BRM629群馬200   11:52
 BRM713群馬600   39:15
 BRM1005青葉300  19:32

     - 2012年度 -
 BRM904青葉200   12:07
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ペンギンおじさんの自転車でGo!
HOME > CATEGORY - 自転車本体
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューフレーム
ネタがなく、ブログをしばらく放置してしまいました。

今年の10月下旬に初めてオーダーフレームをオーダーし、昨日フレームの生地が完成したとの連絡があったので見に行ってきました。

IMG_0607.jpg
IMG_0608.jpg

お願いしたのは隣の桐生市でビルダーをされているライジンワークスさんです。

少し前にPanasonic ORCD01を倒してしまった際にカーボンフォークにキズが入ってしまい、ブルべで使用するには少し心配なため、この際今までの経験を生かして(大した経験ではない)納得のいくフレームを組んでもらおうと、ライジンワークスさんの扉をたたきました。

いままでディスクブレーキに拘ってきましたが、結論としては”ディスクブレーキはあった方がいいが、なくても良い”、ということになりました。ディスクブレーキの雨天時の制動力は魅力がありますが、どうしても車重が大きくなり、空力的にも不利でかつセッティング等で結構神経質なところがあるのが難しいところです。

雨天走行を考えてガード付きのスポルティーフタイプを基本とし、ブルべでの使用を特化するにあたっていろいろな要望を出した結果、通常のスポルティーフとは一味違うものになりました。

出した要望は、
  ・できるだけ軽量にする。
  ・反応がよく、ガードとキャリアを外すとロードになるバイク。
  ・シフターはSTI専用、1インチスレッドヘッド仕様等、新旧パーツがうまく融合したバイク。
  ・ダウンチューブ下にもボトルケージが取り付けられるようにする。
  ・フロントキャリアーとフォーク右にライトを取り付けるブラケット用のネジ穴を設ける。
  ・フロントキャリアはもちろん、輪行を妨げない大きさのリアキャリアを装備。
  ・ブレーキはサイドプル(シマノBR-5800)仕様。
   などなど

具体的な仕様としては、軽量化や反応をよくするためにパイプはカイセイ8630R(ニッケルクロモリ)を使用し、薄厚パイプで強度を出すためにダウンチューブはオーバーサイズになっています。フレーム重量はおそらく1,700g台とのことです。ツーリング車のようなもっさり感が出ないように、リアセンター長をできるだけ小さくしてもらい、ホイールベースも1,000㎜前後とロードに極めて近いスケルトンで作成してもらいました。

一番苦労した点はブレーキキャリパーとガードのクリアランスです。STIを使用するので、ロングアーチブレーキキャリパー(アーチ長57㎜)が使用できず(使用できるが制動力が低下する)、シマノBR-5800(アーチ長51㎜)を使うため、ガードとのクリアランスを取るのが難しいとのことです。タイヤを26C以下にすることで何とかクリアすることができました(但しガードの加工が必要とのこと)。

リアキャリアはサドルバッグのバッグサポーターにもなりますが、輪行袋やレインジャケットを入れた袋をロープ等で括りつけられるようにつけてもらいました。

IMG_0609.jpg

これから塗装工程を経て完成となりますが、1月の中旬ころの完成となるとのことでとても楽しみです。
スポンサーサイト
THOMPSON PILOT-RC
カーボンフレームのロードを買い換えました。

PILOT-RC_001.jpg
PILOT-RC_002.jpg

ベルギーのバイクメーカー老舗であるTHOMPSONのPILOT-RCです。THOMPSONの中ではエントリークラスの位置づけで、オールラウンドに使えるバイクです。

これを入手したのは、前回FELT Z5を購入した際に、カタログ記載の身長に適合したサイズ(56サイズ)を購入しましたが、日本人にはトップチューブ長が長すぎるようで、ステムを短いものに変えてもハンドルが遠い感じがしていました。

そこで、Panasonic ORCD01に代わるブルべ用の軽量バイクが欲しいとのことで、ディスクブレーキ仕様のFELT F5X(シクロクロス)にいったん買い換えましたが、やはりシクロクロス用途のことでカーボンフレームの割には重量があり(フレーム+フォークで約2,500g)、思ったより軽快感が得られず(ORCD01と大差ない感じ)、2台同じようなものを持っていても仕方ないので、今回の買い替えを断行しました(F5Xはフレームセットとして売却済)。

このPILOT-RCのフレームは2014年式で、実は新品ではなく、一度レースに使用されたものです。Cycle Shop ONEのチームであるTEAM-1が今年の5月の筑波8耐に使用したもので、カテゴリー優勝を遂げたチャンピオンバイクのフレームです。これを私が譲り受けることになりました。フレームカラーはチタンで、蛍光ピンクのワンポイントが結構気に入っています。THOMPSONはカラーオーダーができる数少ないメーカーなのでおススメです。

ドライブ関連はF5Xから移植したシマノ5800系105がメインで、ホイールだけはカンパニョーロゾンダを改めて入手しました。リアディレーラーは貧脚仕様とするためロングケージにして、山岳用の32Tスプロケまで対応できるようにしています。

普段の走行会等や、300㎞以下のブルべで使用する予定にしています。


丸石エンペラーツーリングマスター
ランドナーを手に入れました。丸石エンペラーツーリングマスターです。

P1010984.jpg

ブルべではなかなか味わうことのできない、のんびりしたツーリングを楽しみたいと思い入手しました。ランドナーの中ではリーズナブルなメーカー製のマスプロ車にしました。丸石エンペラーはツーリング車として1975年から途切れることなく続いてきた車種で、丸石自転車のこだわりが感じられます。エンペラーのツーリング車は650-38Aのタイヤを履いたツーリングマスターというランドナータイプと、700-32Cタイヤを履いたツーリングコンダクターというスポルティーフタイプがありますが、後者はORCD01と性格が被るのでツーリングマスターにしました。

当然、価格を抑えるために省略されているポイントがあるので、その点を補いつつ自分のスタイルにしていく楽しみもあります。ランドナーには付き物であるフロントキャリア-はついていないので、定番の日東M-12を取り付け、オーストリッチのフロントバッグを載せてました。

P1010985.jpg

フレームとフォークはクロモリ、コンポはシマノ クラリスの8速です。クランクはアンデルというTAのコピー物ですが、これが結構格好良く、気に入っています。ブレーキはPROMAXのカンチブレーキですが、千鳥とアーチワイヤーはダイアコンペの物に交換。カンチブレーキの割には制動力は十分です。ハンドルバーはオリジナルのランドナーバーでサドルは手持ちのブルックスB17に交換しました。

P1010986.jpg

カラーはグリーンとレッドとブルーがあり、ブルーは写真ではきれいな水色に見えたのでブルーを買いましたが、思ったより青みが強かったです。

クロモリのフレームと650-38Aという低圧で太いタイヤということもあって乗り心地は最高で、スピードは20~25km/h位で走るのがいい感じです。ブルべ以外のロングライドで活躍してくれるでしょう。
Panasonic ORCD01
Panasonic ORCD01です。BRM329群馬400㎞中に事故に遭い、廃車となったPanasonic FRCD01(フレーム組)の身代わりに購入したものです。

エンデュランスやブルべ用に開発されたバイクで、ディスクブレーキ搭載が大きな特徴です。

P1010899.jpg

本当は今回もFRCD01のフレームを購入して組もうとしていましたが、ディスクブレーキ用のホイール単体が手に入らなそうだったので、完成車であるORCD01にしました。色に関しては前回はパールホワイトでしたが、今回は何となくS.Mディープブルーにしました。

完成車でしたが、重量が意外と大きかったことと、走りが重い感じがしたので、パーツはかなり変更しています。パーツの変更に関しては、バイクをクラシックレーサーのような感じにしながらも、同時に軽量化を図ることを旨としました。

サドルはセラアナトミカ タイタニコXで、ロングライドの尻痛対策で導入、600kmブルべを快適にこなすことができました。

ハンドル、ステム、シートポストは、軽量でクラシカルなRitcheyのClassicシリーズを採用。オリジナルのパーツに関しては、ハンドルとステムは軽量でしたが、シートポストが重く、パーツ変更により50gの軽量化となりました。

一番重要なパーツ変更はホイールで、オリジナルのシマノの完組ホイール(WH-RX31)がリムフラップ付きで2,040gと重かったので、手組の軽量ホイールに交換しました。ハブはディオーレXT、リムはX-Keymet XR-19W、スポークはホシの#14-#15のダブルバテッドで、クラシカルに仕上げました。重量はリムフラップ付きで1,790gで、250gの軽量化となりました。試走したところ、リムが軽いせいか、漕ぎ出しは明らかに軽く、速度維持も楽になり、乗り心地も向上しました。

P1010900.jpg

P1010902.jpg

他に重量で効くところはスプロケで、CS-4600 12-30Tから CS-5700 11-28Tに変更で70g減。結果、バイクの総重量は10㎏を切るまでになりました(サドルが重いので、なかなか軽くならない)。

今後のブルべはこのバイクをメインに使用していく予定です。

Panasonic FRCD01
ブルべ用のニューバイクが完成しました。Panasonic FRCD01です。

IMG_0435.jpg

昨年のブルべにおいて雨に降られるケースが多く、峠の下り坂で怖い思いをしたこともあり、またブレーキシューによる汚れやリムの摩耗にうんざりしたので、次のバイクはディスクブレーキ車と決めていました。

また、2012年に初めてブルべを走った時に使用したバイクはクロモリフレーム車(MASI Speciale Road)で、2013年からはすべてカーボンフレーム車(FELT Z5)で走りました。疲れにくいと言われるカーボンフレーム車ですが、完走後は2、3日体にダメージが残るのに対し、クロモリフレーム車は完走後の疲労感はありますが、翌日に疲れが残らなかったという経験があったので、クロモリフレームの方が有利なのではと考えていました。

したがって、クロモリフレームのディスクブレーキ車を購入する計画を練っていました。しかし市販車ではなかなかいいものがなく、シクロクロスタイプを改造することや個人ビルダーさんにオーダーすることも考えましたが、価格や使い勝手で問題が出て踏み出すことができませんでした。

そんな中、Panasonic Order Systemでディスクブレーキ搭載のクロモリエンデュランスロードが発売するという情報を得たので、サイクルモードで試乗し、受注開始と同時にオーダーしました。その後、ディスクブレーキキャリパーに不具合が出て12月18日出荷予定が約1か月遅れましたが、BRM208群馬200kmに間に合うことができました。

フレームはパナソニックオリジナルの丹下プレステージ管で、軽くて抗張力、剛性に優れているとのことです。サイズはフィッティングスケールで測定し、550㎜サイズにしました(これによってFELT Z5は私にとってトップチューブが長いということが判明…)。


ブレーキキャリパーはフレームに付属のTRP Spyreで、これはメカニカルディスクブレーキでは初の対抗ピストン方式なので設定が楽です。

IMG_0436.jpg

重量は9.7㎏であり、クロモリディスクブレーキ車にしては軽量なのではないでしょうか。

このフレームには専用カーボンフォークが付属していますが、左右が非対称なのが特徴です。

IMG_0437.jpg

フレームカラーに関しては当初、私の好きなレッドにするつもりでしたが、ホワイトにするとバーテープの色を変えることでいろいろなカラーバリエーションが楽しめるのではないかということに気付き、パールホワイトにしました。今回は好きな赤色のバーテープを巻いてみました。また、トップチューブ左側にはハンドルネーム「suzy」が入っています。

IMG_0439.jpg
このバイクでブルべを走りまくりたいと思います。

追記)BRM329群馬400㎞(2014年3月29日)走行中、160㎞地点で発生した事故により廃車となりました。
LAPIERRE RAID 100
長男のMTBを購入しました。ラピエール レイド100です。

IMG_0407.jpg
IMG_0408.jpg

ラピエールの中では一番安いモデルですが、長男がちょっと乗るには十分です。ドライブトレインはアセラ8速、ブレーキはシンプルなVブレーキですが、ディスク台座付なので、ディスクブレーキ化も可能です。SRサンツアーのフロントフォークはロックアウトがないタイプですが、激坂がなければ問題ないでしょう。

長男がこれにした理由はカラーリングです。長男は緑色が好きなので、大のお気に入りのようです。

友人の家に行くときや、来春からの通勤に活躍してくれるでしょう。

BRUNO MINIVELO 20 ROAD
ミニベロを入手しました。ブルーノ ミニベロ 20ロードです。

IMG_0233.jpg
IMG_0234.jpg

ロードバイクタイプですが、406サイズ20×1.5の太めのタイヤ、コンフォートなサドル、カンチブレーキ、スレッドステム、ダブルレバーシフトと言ったクラシカルでゆったりと乗るタイプのバイクです。取り回しがいいので、ポタリングには最適かと思います。

コンポはブレーキ系は多分テクトロ、ドライブ系はシマノ2300の2×8速です。クランクはオリジナルということですが、ポリッシュ仕上げでいい雰囲気に仕上がっています。ブレーキは効きが悪かったので、シューのみシマノのVブレーキの物に交換しました。

最大の特徴はフレームに贅沢にもレイノルズ520のチューブを使用していることです。従ってコンポは安価なものが付いていますが、フレームに金が掛かっているのでコンポをグレードアップすればもっといいものになるのではと思います。

しかし、ゆったり走るのが似合うバイクなので、当面はこのままで乗ろうと思います。ダブルレバーシフトは使いにくいですが、STIに慣れた身としては返って新鮮な感じがします。

追記) あまり乗る機会がなかったので、2014年10月に職場の後輩に譲渡しました。
FOCUS Black Forest 29er 5.0
MTBを購入しました。

FOCUSのBlack Forest 29er 5.0です。

BLACKFOREST (2)
BLACKFOREST (3)

ロードバイクにはない大きく太いタイヤ、油圧ディスクブレーキ等に惹かれて買ってしまいました。MTBのエントリーモデルであり、ロードバイクに比べて驚くほど低価格です。

当初、GTのMTBと迷ったのですが、GTはたくさん走っているので、あえてマイナーなFOCUSを選んでみました。FOCUSのMTBに乗っている人は少ないでしょう。29erにしたのは、高速巡航性で有利であるからで、主にトレーニング用として通勤時に、または山サイに使用する予定です。

フレームはアルミ、コンポはシマノALIVIO・ACERAのMIXです。ブレーキはテクトロのハイドロリックディスク、SRサンツァーのサスペンションフォーク、タイヤはシュワルベの29×2.25ブロックタイヤです。

とにかく重いです。カタログでは13.4kgとなっていますが、ペダル込みで測ったら14.35kgありました。

今まで通勤に使用していたMASIですが、通勤路に路面の状態が悪いところが多くそこを走るには可哀そうと思い、現在整備後休車しています。これはツーリング用として温存します。

その点MTBはガタガタ道でも安心して走れ、また安価なので気兼ねなく使用できます。重たいブロックタイヤではスピードは出ませんが、それでも20km/h台後半で巡航できます。タイヤをスリックに変えれば快適になるのではと思います。制動力は現状で文句なしです。

少しずつパーツのグレードアップをしていくのも面白いと思います。

LAPIERRE SENSIUM 200L CP 2013
家内のロードバイクが納車されました。

sensium.jpg
sensium (2)

ラピエール センシウム 200L CPです。

昨年のサイクルモードで試乗して気に入った2012年モデルの100L CPの後継モデルとして発売されたのもです。予約注文してから約4カ月位待っての納車です。

もちろんフルカーボンで、コンポーネントは主にシマノ105となっています。STI、クランク、ディレーラーは105、ホイールはWH-R500と手堅い仕様。

ブレーキはカタログ上ではBR-R451というティアグラグレードのものとなっていて制動力等で不安がありましたが、実際は105グレードのBR-R561がついており安心しました。

スプロケはCS-4600の12-28Tが付いていましたが、できるだけ軽いギアがあった方がいいとのことで、私のFELT Z5にデフォルトで付属してきた12-30Tに交換しました。34T-30Tなら大抵の坂は越えられるでしょう。

ハンドル、ステム、シートポストはRITCHEY。

ペダルは私が使っていたPD-A600を取り敢えず付けました。

Cycle Shop ONEさんから受け取った帰りに少し乗った印象は、とにかく軽くて速いとのこと。普段乗っているシラスより重量で約3kg軽いので当然といえば当然です。

購入前との印象の違いは意外と色が派手だったことで、カタログで見る限りは白にピンクがアクセントとして入っている印象でしたが、トップチュープ上面やフォークの裏側もピンクであり、ピンクの占める割合が多かったことが派手なイメージとなっているようです(本人としては別に問題ない様子)。

家内はこのバイクでBRM525群馬200kmに出場予定で、近々シェイクダウンを兼ねてロングランに行こう思っています。
赤い自転車
赤い自転車が我が家にやってきました。

FELT Z5

FELT Z5 2012年式です。ついにフルカーボンを買ってしまいました。貧脚対策で走ったのはハードウェアのグレードアップでした(情けない…)。

例により、年度替わりによる旧年式車のたたき売りでゲットしました。安かったです。FELTはもともと価格設定が低めですが、さらに安くなり、まさに庶民の味方です。

Zシリーズにしたのは他でもなくブルべ用として購入したからで、ハンドル位置が高めのコンフォート系以外は眼中にありませんでした(レース志向は全くありません)。

本来Z5は105コンポ使用で手ごろなため真っ先に売れ切れるはずなのですが、私に対応するサイズはわずかに残っていました。2012年式のZ5はレッドカラーなので、赤に抵抗がある人が敬遠したものと思われます(紺のZ4、黒のZ6は売り切れ)。かく言う私は赤は好きな色なので問題なし。

ホイールはマビックの鉄下駄、タイヤは何と25Cのスリックタイヤ。使えません。すぐにMASIについているホイール(WH-6700)に交換しました。

実は今週の日曜日に納車されたばかりで、その日は雨だったのでまだ一度も乗っていません。今度の土曜日が楽しみです。

追記) 2015年5月に委託販売で売却しました。


テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Twitter

カウンター

リンク

最新コメント

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。