プロフィール

suzy

Author:suzy
向かい風と坂が嫌いなフツーの中年サイクリスト。ブルべを中心に走っています。モットーは最小限の走行でシュペール・ランドヌール(SR)を達成すること。貧脚にもかかわらず意外としぶとい。AJ群馬スタッフ始めました。

当ブログはリンクフリーです。

BRM結果

     - 2016年度 -
 BRM220群馬300  17:47試

     - 2015年度 -
 BRM221群馬200  10:14
 BRM314埼玉300  16:37
 BRM321群馬300  16:44試
 Randonneurs
  Tokyo Fleche! DNF
 BRM425群馬400  25:03
 BRM516群馬600  DNF
 BRM718宮城600  DNF
 BRM1003青葉600 DNF
 BRM1011群馬200  9:21試

    - 2014年度 -
 BRM308群馬200  10:29
 BRM329群馬400  DNF
 BRM510宇都宮400 24:59
 BRM517宮城300  15:47
 BRM628群馬600  37:32試
 BRM726群馬200  中止
 BRM927宮城200  9:42
 BRM1004群馬200 10:15

     - 2013年度 -
 BRM323埼玉300   15:04
 BRM413埼玉400   21:13
 BRM525群馬200   11:48
 BRM629群馬200   11:52
 BRM713群馬600   39:15
 BRM1005青葉300  19:32

     - 2012年度 -
 BRM904青葉200   12:07
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ペンギンおじさんの自転車でGo!
HOME > CATEGORY - 走行記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AJ群馬 新春走行会
2015年1月10日(土)

AJ群馬スタッフ限定の新春走行会に行ってきました。正月期間はいろいろあって自転車に全く乗れなかったため、今年初のまともなライドになります。



9時によしおか温泉を出発し、南牧村方面に向かいます。目的地は南牧村の「千歳屋」さんで、炭ラーメンというものを食べに行くというものです。

総勢8名ということでトレインが長くなるため、2~3名の組に分かれて進みます。西からのやや強い風を受けながら20~25km/hでのんびり進みます。

途中「道の駅しもにた」で休憩をはさみ、12時前には千歳屋さんに到着。炭塩ラーメンと炭餃子をいただきます。

IMG_0666.jpg
IMG_0665.jpg

炭が練りこんである生地でできているだけで、味も特に変わった感じではないですが、濃灰色の食材を食べている感じがなんとも異様な感じで面白かったです。餃子は大きく食べ応えがありおいしかったです。ラーメンは縮れ麺で、割と喉越しはいい感じがしました。

帰りはやや異なるコースで戻りますが、「ガチ」走行厳禁のゆるふわ走行会にもかかわらず、だんだん速度が上がっていき、終盤は35km/h近くで引っ張られて参りました(AJ群馬流か?)。また、正月に増えた体重のせいか、旧妙義町「十二」交差点からの登りがきつく感じ、ブルべシーズンに入るまでには相当走りこんで体を締めなければならないと痛感しました。

15時ころよしおか温泉に戻り、温泉で汗を流して16時半頃帰宅しました。


スポンサーサイト
逆老越路峠試走
2014年9月20日(土)

10月4日(土)に開催されるAJ群馬主催の「BRM1004群馬200km初めてのブルべ秋」のコースにおいて、ハイライトは老越路峠ですが、5月に行われた「初めてのブルべ春」は桐生側から登るので比較的ゆったりなのに対し、逆回りする「初めてのブルべ秋」は急坂がある飛駒側から登ることになるので、難易度が若干上がります。

かくいう私も飛駒側から登ったことはなく、BRM1004群馬にエントリーしている家内も果たして登れるかどうかわからなかったので、試走を兼ねて走ってきました。尤もこのブルべはこの他の難所はないので、ここで押しが入っても時間内完走にはほとんど影響しないと思われます。



朝10時前に出発し、お馴染み渡良瀬川CRを使って足利方面に向かい、適当に道をつないで「道の駅どまんなかたぬま」を目指します。正確な位置がわからなかったのですが、スマホの地図を見ながら適当に走っていたところ、道に迷うことなく11時半頃到着しました。

ここで早めの昼食を摂り、試走に入ります。コース上の試走としては道の駅からすぐのところにある「吉水新田」交差点からスタートします。次の「栃本町」交差点を左折すると、昨年の「BRM525群馬200㎞初めてのブルべ」のときに寄ったしんこまんじゅうの「石川や」があります。今回もお土産に買って行こうとしましたが、あいにく夏期間は作っていないとのことで、やむなくご当地ゆるキャラ「さのまる」の形をした「さのスイーツもなか」を購入。しんこまんじゅうは10月から販売とのことなので、ブルべ当日は購入できます。

田沼市街を通過すると、ひたすら飛駒まで緩い登りを淡々と進みます。ここで無理をすると次の峠越えがきつくなります。

飛駒の逆ト字交差点を左折するといよいよ老越路峠までの登りが始まります。ここからはそれぞれのペースで進むことにしました。足利カントリークラブの前辺りは斜度7~9%程度、道が細くなってからさらに登っていくと斜度12%前後ときつくなってきます。但し、距離にして2km程度なので何とかなる感じでした。家内は私よりもわずか2分半遅れて峠に到着。本人も何とか登れると手応えをつかんだようです。

IMG_0579.jpg

この後、そのまま桐生市街を通過して、15時頃帰宅しました。

私はAJ群馬のスタッフとしてこのブルべ当日に巡回を兼ねて最後尾を走ろうと思っています。

栃木市まで
2014年9月2日(火)

今日は最後の夏期間の平日公休日。以前から自転車で行ってみたかった栃木市まで行ってきました。栃木市は小京都や小江戸ともいわれ、巴波川周辺の蔵屋敷等、昔の風情が多く残るところです。グルメにも事欠かなく、短時間でしたが十分に楽しんできました。



今日はFOCUSの29erMTBでのんびり行きます。8:30頃出発し、渡良瀬川CRを足利方面に進みます。暑さもおさまってきたので快適に走ることができます。足利の先で県道67号線に入り、佐野、岩舟を通過して、「和泉」交差点を左折し県道11号線を北上すると、栃木市に入ります。

栃木市には11:00頃到着。まずは、街を散策します。

IMG_0568.jpg

IMG_0573.jpg

なんともいい雰囲気です。ここに住みたくなってしまいました。そうしているうちにお昼になり、昼食を摂ります。何を食べるか迷ったのですが、気になっていた「夕顔ラーメン」を食べることにしました。夕顔ラーメンは、干瓢の原料となる夕顔の果実の粉を麺に練りこんだものです。丁度近くにあった「長栄軒」さんに入り、普通のしょうゆ味の夕顔ラーメンをいただきました。

IMG_0569.jpg

最近こういう普通のしょうゆラーメンを食べていなかったことに気づきました。ホッとする味です。麺はツルツルしてとてものど越しがよく、これぞ夕顔ラーメンなのでしょう。

次は甘党の私にとって外せないスイーツです。テレビでも紹介されたことのある「冨士屋」さんです。

IMG_0571.jpg

ここでのお目当ては「小倉ソフト」です。

IMG_0570.jpg

今日は平日だったので客は他にいませんでしたが、休日ともなると店の前が人であふれる状態になるようです。小倉ソフトの他、この店の看板である「志まんやき」ももちろんいただきました。

この後、「油伝味噌」で味噌を買って帰ろうと思いましたが、火曜定休ということで残念ながら買えませんでした。

ここまで楽しんでしまえば満足であり、14:00前に栃木市を離れ、往路とほぼ同じ道を通って帰宅の途につきました。さすがに帰りは暑かったので、2度のコンビニ休憩を余儀なくされました。

一ノ倉沢まで
2014年8月20日(水)

今日は公休日。夕方までは天気が持ちそうなので、前日からどこかに行こうと考えていました。ツイッターでそうつぶやいていると、AJ群馬スタッフの先輩であるくわめたさんも丁度夏休みでどこかに行こうとしていたとのことだったので、一緒に行こうということになりました。行先はくわめたさんにお任せということで押しつけてしまいましたが、暑くなるとのことだったので涼しい谷川岳方面に行くことにしました。



くわめたさんと粕川町のセブンイレブンで集合。くわめたさんはきれいなグリーンメタリックのライジン号、私はORCD01で出動。ともにクロモリフレームに革サドルと嗜好が同じようです。赤城南面道(国道353号)を使って北上します。途中からオダックス埼玉の定番コースと教えてもらった県道255線を通り沼田市に入ります。

その後国道291号で一路谷川岳に向かいます。途中、デイキャンプで来たことがある湯檜曽公園の横を通り、土合方面に登っていきます。谷川岳ロープウエイの土合口駅からは車が入れなくなるため、散策している人をパスしながら自転車で行けるところまで行くことにします。時折、涼しい風が吹いてきて、とても気持ちがいいです。

終点の一ノ倉沢からは通行止めとなるので、ここで折り返すことになります。

IMG_0555.jpg

P1010910.jpg

P1010916.jpg

向こうに見える谷川岳の中腹には雪が残っています。きれいな湯檜曽川の冷たい水で顔を洗ってさっぱりします。涼しくて帰るのが嫌になります。

しばらくのんびりした後、来た道を引き返して、水上で蕎麦の昼食を摂ります。沼田からは国道17号線で素直に下り、暑さにうんざりしながら、何度かコンビニ休憩を挟んで帰宅の途につきました。
赤城旧道下見
2014年8月15日(金)

赤城山を南側から登るには、表ルートである県道4号線(前橋赤城線)と、旧道と呼ばれる県道16号線(大胡赤城線)があります。観光路線としての機能を持ち、赤城山ヒルクライム大会のコースとして使用される前者に対し、道幅が狭くカーブが多い後者はクルマもあまり通らない裏ルートとなっています。

AJ群馬が9月14日に開催する「上毛三山」のコースはこの裏ルートを通ることになっています。こちらのコースの方が表ルートより勾配がきつく、果たして登りきることができるのかという疑問がわいたので、行ってみることにしました。



とにかく三夜沢町の交差点に向かいます。補給食を持ってこなかったので途中で仕入れようとしましたが、何も買わずに何となく三夜沢まで来てしまい、コンビニ探しに国道353号線を嶺公園の方まで行く羽目になってしまいました。

「三夜沢町」交差点に戻り、ゆっくり登り始めます。赤城神社のところを右折すると赤城山オートキャンプ場があり、盆休みを利用した家族連れでにぎわっています。ここに自販機があったのでドリンクを確保しておけばよかったのですが、そのまま通過してしまい、またボトルを1つしか持ってこなかったため、後になって大失敗だったと知ることになります。

6~8%の勾配を8km/h位でゆっくり登ります。「上毛三山」はこの後さらに榛名と妙義を登るので、ここで脚を使いきらないようにします。しかしボトルの水が切れかかると肉体的にも精神的にも追いつめられました。

何とか最初の牛石峠までたどり着き、一休み。更に小沼に向かいます。

IMG_0546.jpg

この先の八丁峠までは大したことないと思っていましたが、ボトルの水が切れた状態ではどうにもならないくらいきつかったです。小沼を通過し、赤城山公園ビジターセンターで休憩。やっとのことで飲み物にありつけて生き返ります。

この後は大沼の横を通り、表ルートで下山します。「上毛三山」はこの後榛名に向かいますが、現状ではとても無理との判断しました。、おそらく認定試走はDNSになるかと思います。

IMG_0547.jpg

赤城山総合観光案内所まで少し登って、お約束のソフトクリームをいただきます。

IMG_0550.jpg

この後、小暮まで下っていつもの道を引き返しますが、疲労困憊で食欲もわかず昼食を摂らずに帰宅しました。


お花見ライド
2014年4月6日(日)

Team1の「お花見ライド」に参加してきました。当初は秩父方面まで行く予定でしたが、午後に雨が降るかもしれないとのことで、桐生市梅田から佐野、足利を抜ける短縮コースに変更となりました。参加は8人+重田店長(病み上がり後だったのでサポートカー担当)で、和気藹々とのんびりライドとなりました。

今回は事故でFRCD01を失ったためFELT Z5の出動です。今までホイールはアルテグラWH-R6700を装着していましたが、これは家内に譲ってしまったので、ひょんなことで手に入れたフルクラムレーシングクアトロを履かせてみました。



まず、梅田まで真っ直ぐ向かいます。県道桐生伊勢崎線を使い、錦桜橋経由で桐生市街を通過し、県道66号線で久しぶりの梅田の登りをのんびり楽しみます。

IMGP0033.jpg
IMGP0038.jpg

梅田の桜はまだ3分咲きという感じでしょうか。

IMG_0460.jpg

この後、更に老越路峠まで登ります(Team1の人たちはこのコースをブルべのコースと呼んでいる)。ここから一気に飛駒まで降ります。この降りは急な上、道が悪く結構危険です。

飛駒のT字路を右折すると緩やかな下り坂となり、全員ここぞとばかり40km/h以上の速度で駆け下ります。県道175号線に入り少し行くと管理釣り場である「加賀フィッシングセンター」があり、その周囲の桜が見事なので少し小休止。

IMGP0047.jpg

佐野市出流原で国道293号線に入り、途中、「照路庵」で昼食にします。この店は金、土、日、祝しか開いていない閑かな感じのお店で、そばも野菜のてんぷらもおいしかったです。

IMG_0462.jpg

昼食時、雲行きがやしくなってきたのでこのまま帰ることにしましたが、すぐに天気は回復。代わりに強い赤城おろしが吹いてきました。足利まで行き、渡良瀬川CRで戻りますが、この強風(BRM308の時と同じくらいか)に向かって行くこととなります。

ここぞとばかり、セミディープリムのレーシングクアトロのエアロ効果を試します。これが効果絶大で、20㎞/h以上をキープしながら独走。桐生市の境の水処理センターまで先に行って小休止、後続が来るまでお花見タイム。

IMGP0050.jpg

全員が揃ったところで再スタートし、ここから流れ解散で帰宅しました。

今回使用したフルクラムレーシングクアトロの感想は、セミディープリムということで重量が1,800g弱あるため、漕ぎ出しは重いですが、スピードに乗ってしまうとスピード維持が楽で、勾配もある程度までならよく回る感じです。向かい風に対するエアロダイナミクスはかなりのもので、このくらいのリムハイト(35mm)でも効果があり、ブルべに向いているではと思いました。



Panasonic FRCD01 シェイクダウン
2014年2月1日(土)

ブルべ用ニューバイク、Panasonic FRCD01のシェイクダウンを行いました。次週にBRM208群馬200kmを控えているので、装備面やポジションの確認を行っておくべく草木ドライブインまで往復してきました。このコースは適度なアップダウンがあるので、いろいろ確認するのに好都合です。

IMG_0438.jpg

さすがにPOSであるだけあり、ポジションはしっくりきて申し分ありません。タンゲのプレステージクロモリは反発力としなやかさをうまく両立させてあり、カーボンバイクのような細かい振動も少なく、乗り心地は極めて良好です。反応は当然カーボンよりは鈍くなりますが、ロングライド用とすれば十分でしょう。

肝心のディスクブレーキは、油圧式ほどではないですが軽いタッチでも十分な制動力が得られ、長い下り坂ではかなり有利に働くでしょう。ガツンと効く感じではないのでコントロールしやすいです。

60㎞ほど走りましたが、問題点は特になく、次週のブルべが楽しみです。
2014 初ライド まさかのDNF
2014年1月3日(土)

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

家内と初ライドに行ってきました。コースは100㎞位にしようということで、昨年家内は行けずじまいだったAJ群馬「渡良瀬渓谷紅葉の旅」のコースを辿ることにしました。スタートを「道の駅 よしおか温泉」にすると面倒なので、コース上で自宅至近である、みどり市「西鹿田交差点」からスタートすることにしました。バイクは久しぶりにFELT Z5にして、軽く流すつもりでした。



朝8時過ぎに「西鹿田交差点」をスタートします。最初は平坦か下り基調なので快走しますが、気温が低く、MTBとは違いロードでは負荷が少ないせいか体がなかなか暖まらず、途中でウインドブレーカーを着こんで走ります。

IMG_0420.jpg

桃の木川CRまで来ると気温が上がってきて気持ちよく走れます。川では鴨が日向ぼっこしています。珍しく風がほとんどない日だったので、格好のサイクリング日和でした。

IMG_0422.jpg

一旦、「道の駅 よしおか温泉」に行き、スタート地点を確かめます。

IMG_0423.jpg

ここからは大間々までアップダウンを繰り返しながらの走行です。斜度はさほどきつくないので、登りのきらいな家内でもなんとかクリアできます。時間は気にしていないのでのんびり行きます。途中私のバイクのリア変速機のインデックスがおかしくなってきましたが様子を見ます。


大間々まで戻ってきたところでお昼になったので、国道353号線沿いのレストラン「香慕茶」でパスタランチ。その後、今度は草木に向かいます。

国道122号線に入り、「上桐原交差点」を左折したころからますますリアメカがおかしくなってきたので、カーブ区間を過ぎたところの路側帯でインデックス調整をして再スタートしたところチェーンが切れてしまいました。インデックスがおかしくなった時点でチェーンが変形したようです。

IMG_0426.jpg

結局、チェーン切りで2コマカットし何とか走れるようにしましたが、走る気が萎えてしまいここでリタイヤすることにしました。約60㎞地点でした。これがBRMだったら続行したと思いますが、どうでもいいと思ってしまうと心は簡単に折れるようです。

これから自宅まで真っ直ぐ自走で帰りましたが、トラブル対応の間で体が冷えてしまい、またこのころから日が陰ってしまったので、非常に寒い思いをしながら帰宅しました。


渡良瀬渓谷落葉の旅
2013年12月7日(土)

最近、消費増税による前倒しの仕事による多忙と、息子の行事等でなかなか休みが空かない状態でしたが、今日、久しぶりにフリーだったので、一人走行会「渡良瀬渓谷落葉の旅」に行ってきました。

先述の通り、10月26日に行われる予定だったAJ群馬の走行会「渡良瀬渓谷紅葉の旅」が台風の影響で11月23日に延期となり、その日は所用が入ってしまい参加できませんでした。それが非常に残念であったため、同コースを一人で辿ってみようと行ってきました。もう「紅葉」の時期ではないので、「落葉」と名を勝手に改めました。



スタート時間は同じく9時とします(実際は9:04スタート)。当日参加していないのでスタート地点がよく分からなかったので適当なところからスタート。実際とは100~200mくらいの誤差があると思います。

バイクはFOCUS 29erMTBです。トレーニングとして走るので、負荷が大きいMTBにしました。最近はコマ図をメインに使って走っていましたが、今日はお手軽にGPSのみにします。万一故障しても地元なのでどうにでもなります。

IMG_0397.jpg

スタート時から風があり心配しましたが、前半はさほど影響はありませんでした。「時沢神社前」交差点から赤城ヒルクライムのコース上を上っていき、「小暮」交差点の次の信号で右折します。ここからしばらく道なりに進みますが、アップダウンの連続で早くもうんざりします。

16.8km地点のPC1デイリーストアあらい店には9:51に通過。33分のマージン。というか、後で知ったのですが、なんとオープン時間が9:50なのでオープン1分後に到着したことになります。9時より少し遅れて出発したからよかったものの、9時ジャストにスタートしたら、オープン前タイムアウトとなるところでした。

この後、さらにアップダウン区間を通り、大間々方面に向かいます。「桐原宿」交差点を左折し、しばらく走ると国道122号線に合流します。ここから草木までは何度も行ったことがあり、お馴染みの道です。「上桐原」交差点を曲がると「渡良瀬渓谷」に入ります。このあたりはまだ紅葉が残っていました。

IMG_0401.jpg
IMG_0402.jpg

折り返しの草木ダムまでは基本登り基調なのでがんばります。草木に近づくにしたがって紅葉は少なくなり、枯れ木と緑色の杉の木が目立つようになります。

48.5km地点のPC2草木ドライブインには11:31に通過。1時間31分のマージン。オープン6分後の到着です。走行会なので、オープンクローズ時間は遅めに設定してるようです。

IMG_0403.jpg

このあたりから日が翳ってきて、風が強くなってきます。ここからは下り基調なので快走します。大間々市街に戻り、笠懸、新里、赤堀を通り、県道前橋今井線に入ります。ここからは前橋まで道なりです。

82.6km地点のPC3デイリーストア前橋西大室店には13:09に通過。2時間45分のマージン。オープン1分後の到着。

ここからは向かい風が強くなり失速します。「端気町」交差点を左折し、桃の木川サイクリングロードに入るとますますスピードが落ち、15~18km/hで巡航します。最後の上毛大橋の登りは向かい風で非常につらかったです。

ゴールの道の駅よしおか温泉には14:12に到着。5時間12分での完走となりました。平均速度が20km/hをわずかに割ってしまいました。最後の向かい風がなければクリアできたと思いますが、15kg位あるMTBにフラットペダル等の条件下においては、私の脚力ではこのくらいが限界でしょう。

この後、「よしおか温泉」に寄ってから帰宅しました。
梅田まで紅葉ポタリング
2013年11月17日(日)

今日は午後から桐生の梅田まで紅葉ポタリングに行ってきました。次男は部活なので、家内と長男の3人で行ってきました。家内はセンシウム、長男は私のFOCUS 29er、私はBRUNOのミニベロで出陣です。

途中、コンビニで休憩を取りながらのんびり走ります。梅田の登りは慣れっこという感じでクリア。梅田大橋まで来ました。

この後、梅田ふるさとセンターまで行き、最盛期の紅葉を満喫した後、帰宅の徒につきました。

IMG_0386.jpg


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Twitter

カウンター

リンク

最新コメント

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。